水餃子の超簡単レシピ。平野レミさんの食べれば水餃子。

投稿日:2015年12月1日 更新日:

水餃子のレシピ

水餃子の超簡単レシピをご紹介します。

料理愛好家の平野レミさんが考案した「食べれば水餃子(ごっくん水餃子)」です。

ごく普通の水餃子は、餡を皮で包んで作りますが、レミさん流水餃子はその手間がかかりません。

餡は、電子レンジでチンするだけ。
皮は、餡とは別にさっと茹でます。
そして一緒に盛り付け、タレをかけていただきます。

見た目はまったく水餃子っぽくありませんが、その名の通り、食べると水餃子ですよ。

調理時間は13分です。

(一部情報元:フジテレビ「ウワサの食卓」2015年12月1日放映、日本テレビ「一周回って知らない話」 2017年10月4日放映)

「食べれば水餃子」の作り方

水餃子の簡単な作り方

「食べれば水餃子」のレシピです。

料理のポイントは、3つあります。

1つは、豚肉はひき肉ではなく、薄切り肉を使うこと。
包丁で叩いて、ミンチ状にします。
ひき肉よりも旨味が出て、ジューシーに仕上がります。

2つめは、餡に水を加えること。
肉の水分が失われず、瑞々しく仕上がります。

3つめは、皮をさっと茹でる時、ゴマ油を少量加えること。
味わい深くなります。

材料【4人分:調理時間13分】
豚バラ薄切り肉 200g
長ネギ(みじん切り) 大さじ2
おろしショウガ 小さじ1/2
1/2個
紹興酒 大さじ1と1/2
小さじ1/4
コショウ 少々
醤油 小さじ1/2
ゴマ油 小さじ1
片栗粉 大さじ1/2
大さじ3
水餃子の皮 8枚
ゴマ油 少々
タレ
醤油 適量
適量
ラー油 適量
ショウガ(千切り) 適量
香菜 適量
作り方
  1. 豚肉は、包丁で叩いてミンチ状にする。
    餡の材料すべてをポリ袋に入れ、よく揉む。
  2. 1をポリ袋から出し、耐熱容器にのせる。
    真ん中を少しへこませてハンバーグのような形にし、ラップをして電子レンジ(600w)で5分加熱する。
  3. 【皮を茹でる】水餃子の皮は、縦に4等分する。
    鍋に湯を沸かし、ゴマ油を加え、皮をさっと茹でる。ザルに上げ、水気を切る。
  4. 【タレを作る】タレの材料すべてを混ぜる。
  5. 2の上に3をのせる。香菜を散らし、タレを添えたらできあがり。

水餃子の簡単な作り方

「食べれば水餃子」というメニュー名の通り、餡と皮を一緒に食べると、本当に水餃子らしい味がします。

電子レンジで加熱した餡は、水餃子の餡らしく、しっとりとして柔らかいです。
また別に茹でた皮は、モチモチの食感に仕上がります。

水餃子の良いところがすべて凝縮されている、おすすめの一品ですよ。

ところで当サイトでは、レミさんのお料理を他にもたくさん紹介しています。
その中でも特に人気のレシピを数十品まとめた「平野レミさんの人気レシピまとめ」も合わせてご覧ください。

関連レシピ