これがベスト!餃子の皮ピザ。フライパンやトースター等を上手に使い分け

投稿日:2018年10月21日 更新日:

餃子の皮のピザ

餃子の皮を使った美味しいピザのレシピをご紹介します。

フライパン、ホットプレート、トースター、オーブン、グリル。
これらを使った、5パターンの簡単レシピです。

パーティーなど大人数で食べる場合は、ホットプレートやフライパン、もしくはオーブンがおすすめ。
1人分を作る時や、おつまみ程度にちょっと食べたい時には、トースターやグリルが便利です。

ざっくりと特徴をまとめると次のようになります。

調理器具ごとの特徴
焦げ目 一度に作れる量 その他
フライパン × 多い 家族向け
ホットプレート × 多い パーティー向け
トースター 少ない 手軽
オーブン 多い 本格的
グリル 少ない 手軽

餃子の皮のピザは、餃子の皮と好みの具材さえあれば、だれにでも簡単に作れます。

人気のある具材も紹介しましたので、お好みの方法で作ってみてください。

人気の具材40選

餃子の皮ピザの具材

まずは、人気のある具材をご紹介します。

ベーコンハムウインナーサラミサラダチキン豚の角煮焼き豚コンビーフスパムゆで卵

しらすツナ缶サバ缶あさりの水煮鮭フレークアンチョビオイルサーディン海苔の佃煮カマンベールチーズブルーチーズ

野菜はこちら。

玉ねぎピーマンパプリカトマトアスパラガスバジルコーンじゃがいもしいたけエリンギエノキパセリ

コンビニで買った餃子の皮ピザの具材

コンビニの惣菜を具材にするのも、簡単でいいですよ。

ミートボールハンバーグシュウマイ餃子コロッケポテトサラダきんぴらごぼうごぼうサラダなめ茸

餃子の皮ピザ フライパン

フライパンで作った餃子の皮ピザ

最初に、フライパンを使った、餃子の皮ピザのレシピをご紹介します。

材料

22センチ1枚分:調理時間10分
餃子の皮 12枚
ピザ用チーズ 適量
ケチャップ 適量
オリーブオイル 適量
ミートボール・玉ねぎ・コーン・ピーマンなど好みの具材 適量

※ピザソースでもOK。

作り方

  1. 具材を薄切りにする。
  2. フライパンにオリーブオイルを引き、餃子の皮を少しずつ重なるように並べる。
    ケチャップを塗り、具材とピザ用チーズをのせる。
  3. フタをして弱火にかける。5分ほどして、野菜がしんなりしてチーズが溶けたらフタを取る。皮をカリッとさせたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

フライパンにオリーブ油を引いて餃子の皮を並べる

まず、フライパンにオリーブオイル(適量)を引き、餃子の皮(12枚)を少しずつ重なるように並べます。

ここでは、餃子の皮を繋げて22センチくらいの大きなピザを作りますが、餃子の皮を別々に1枚ずつ使ってももちろんOKです。


餃子の皮の上にケチャップを広げる

次に、スプーンなどを使って、餃子の皮にケチャップ(もしくはピザソース)を塗ります。


餃子の皮の上にミートボールやベーコンなどの具材をのせる

続いて、薄切りにした好みの具材とピザ用チーズ(各適量)をのせます。

ちなみに、上のピザの具材は、次の通りです。

ミートボールベーコンしらすトマトピーマン黄パプリカコーン玉ねぎピザ用チーズ

フライパンは具材に火が入りにくい

フライパン、あるいは下で紹介しているホットプレートでピザを焼く場合は、下からしか加熱されないため、上にのせた具材に火が入りにくいです。

ですから、火が通らないと食べられないものは、あらかじめ茹でたりレンジで加熱したりして、柔らかくしておくといいですよ。


フライパンにふたをして弱火で焼く

そして、フタをして、弱火にかけます。

加熱時間は5分くらい。
野菜がしんなりしてチーズが溶けるまで火を入れます。

火が強すぎると、皮だけが焦げて具材に火が入らないので、弱めの火で調理するのがおすすめです。


フライパンで焼いた餃子の皮ピザ

最後にフタを取り、そのまま少し焼いて、皮をカリッとさせたら完成です。


具材に焦げ目が付かない餃子の皮ピザ

フライパンを使ったピザは、オーブンやグリルで焼いたピザとくらべると、表面に焦げ目が付きません。

でも、餃子の皮を使うと、皮がとても簡単にカリッとした食感に仕上がりますよ。

餃子の皮ピザ ホットプレート

ホットプレートで作った餃子の皮ピザ

ホットプレートを使った、餃子の皮ピザのレシピです。

材料

2人分:調理時間10分
餃子の皮 20枚くらい
ピザ用チーズ 適量
ケチャップ 適量
オリーブオイル 適量
サラダチキン・ハム・アボカド・卵・カマンベールチーズなど好みの具材 適量

※ピザソースでもOK。

作り方

  1. 具材を薄切りにする。
  2. ホットプレートにオリーブオイルを引き、餃子の皮を並べる。
    ケチャップを塗り、具材とピザ用チーズをのせる。
  3. ホットプレートにフタをして200度にする。(温度設定が無い場合は「中」にする。)
    5分ほどして、野菜がしんなりしてチーズが溶けたらフタを取る。皮をカリッとさせたらできあがり。

ホットプレートにオリーブ油を引いて餃子の皮を並べる

まず、ホットプレートにオリーブオイル(適量)を引き、餃子の皮(適量)を並べます。

そして、ケチャップ(もしくはピザソース)を塗ります。

ここでは、餃子の皮を1枚ずつ焼いて小さなピザを作りますが、先に紹介したフライパンのレシピのように、皮を繋げて1枚の大きなピザを焼いてもいいです。


サラダチキンやハムなど好みの具材をのせる

次に、好みの具材をのせます。

ちなみに、このピザの具材は、次の通りです。

サラダチキンハムベーコンツナ桜エビゆで卵アボカドアスパラガストマト玉ねぎピーマン黄パプリカシイタケエリンギエノキ市販のごぼうサラダカマンベールチーズ

ホットプレートは具材に火が入りにくい

すでにお伝えしたとおり、ホットプレートやフライパンでピザを焼く場合は、オーブンやグリルなどと違って下からしか熱が入らないので、上にのせた具材に火が入りにくいです。
ですから、火が通らないと食べられないものは、あらかじめ茹でたりレンジで加熱したりして、柔らかくしておくといいです。

たとえば、上の具材の中では、アスパラガス・シイタケ・エリンギ・エノキがそれに当たります。
これらはあらかじめラップに包み、レンジで30秒〜1分ほど加熱しておくといいです。


具材の上にチーズをのせる

そして、その上に、ピザ用チーズ(適量)をのせます。


ホットプレートにふたをして200度にする

具材をすべてのせたら、ホットプレートにフタをして、200度にします。

温度設定がない場合は、「中」にするといいです。


フタを取って餃子の皮を少し焼く

5分ほどして、野菜がしんなりしてチーズが溶けたら、フタを取ります。

そして、そのまま少し焼いて、皮をカリッとさせたら完成です。


ホットプレートで焼いた餃子の皮ピザ

ホットプレートを使うと、大人数のパーティーにも対応できます。

いろとりどりの具材をたくさん用意しておくと、みんなで楽しく食べられますよ。

餃子の皮ピザ トースター

トースターで作った餃子の皮ピザ

オーブントースターを使った、餃子の皮ピザのレシピをご紹介します。

材料

2人分:調理時間10分
餃子の皮 20枚くらい
ピザ用チーズ 適量
ケチャップ 適量
オリーブオイル 適量
ウインナー・ベーコン・コーン・ピーマンなど好みの具材 適量

※ピザソースでもOK。

作り方

  1. 具材を薄切りにする。
  2. 餃子の皮にケチャップを塗り、具材とピザ用チーズをのせる。
  3. オーブントースターをあらかじめしっかり温め、2を入れ、チーズが溶けるまで3分ほど焼いたらできあがり。

餃子の皮にケチャップを塗る

まず、餃子の皮(適量)にケチャップ(適量)を塗ります。


餃子の皮の上にしらすやウインナーなどの具材をのせる

次に、具材をのせます。

ちなみに、このピザの具材は、次の通りです。

しらすウインナーベーコンツナゆで卵トマト玉ねぎピーマンシイタケエリンギエノキカマンベールチーズ


餃子の皮の上にチーズをのせる

続いて、ピザ用チーズをのせます。

そして、これを、あらかじめ予熱しておいたオーブントースターに入れ、チーズが溶けるまで3分ほど焼いたら完成です。


オーブントースターで焼いた餃子の皮ピザ

トースターを使うと、フライパンやホットプレートと違って、表面にこんがりとした焼き目が付くので、仕上がりがとても美味しそうに見えます。


トースターで焼いたカニカマピザ
カニカマピザ
トースターで焼いた餃子の皮のトマトピザ
トマトピザ

こちらのピザも、オーブントースターで焼きました。
具材を参考にしてください。

カニカマ玉ねぎマヨネーズピザ用チーズ

ミニトマトバジルピザソースピザ用チーズ

餃子の皮ピザ オーブン

オーブンで作った餃子の皮ピザ

オーブンを使った、餃子の皮のピザのレシピをご紹介します。

材料

直径24センチ1枚分:調理時間13分
餃子の皮 13枚
ピザ用チーズ 適量
トマトソース 適量
トマト・バジルなど好みの具材 適量

※作り方は下を参照。トマトケチャップやピザソースでもOK。

作り方

  1. 具材を適当な大きさに切る。
  2. 天板にクッキングシートを敷き、餃子の皮を並べる。
    餃子の皮にトマトソースを塗り、具材とピザ用チーズをのせる。
  3. 200〜250度くらいに温めたオーブンで、表面に焦げ目がつくまで、5〜10分ほど焼いたらできあがり。

天板にクッキングシート(オーブンペーパー)を敷いて餃子の皮を並べる

まず、天板にクッキングシートを敷き、餃子の皮(13枚)を並べます。

ここでは、餃子の皮を繋げて24センチくらいの大きなピザを作りますが、餃子の皮を別々に1枚ずつ使ってももちろんOKです。


餃子の皮にトマトソースを塗ってトマトなどの具材とチーズをのせる

次に、餃子の皮にトマトソース(適量)を塗り、好みの具材とピザ用チーズ(適量)をのせます。

ちなみに、このピザの具材は、次の通りです。

ミニトマトバジルの葉

マルゲリータ風にしてみました。


オーブンで焼いた餃子の皮ピザ

最後に、200〜250度くらいに温めたオーブンで、表面に焦げ目がつくまで、5〜10分ほど焼きます。

そして、バジルの葉をのせたら完成です。

オーブンを使うと、表面がこんがり香ばしく焼けるので、とても美味しいです。


手作りトマトソースのレシピ

餃子の皮のピザ用トマトソース

トマトソースを手作りすると、ワンランク上の餃子の皮ピザができます。

レンジを使った簡単レシピです。

材料

200ml分:調理時間9分
トマトの水煮 1/2缶(200g)
玉ネギ 1/4個(50g)
ワイン 大さじ1/2
ケチャップ 大さじ1
顆粒コンソメ 小さじ1
おろしにんにく 小さじ1/2
砂糖 小さじ1/2
黒こしょう 少々

作り方

  1. 材料すべてを耐熱ボールに入れ、よく混ぜる。ラップをして電子レンジ(600w)で8分加熱したらできあがり。

トマトソースの材料をボールに入れてレンジにかける

材料すべてを耐熱ボールに入れ、よく混ぜて、ラップをしてレンジ(600w)で8分チンしたら完成です。

ほど良い甘みと酸味のあるトマトソースです。

餃子の皮ピザ グリル

グリルで作った餃子の皮ピザ

ところで餃子の皮ピザは、魚焼きグリルでも作れます。

グリルの場合も、オーブンと同じく、最初に内部をしっかり温めておくのがポイントです。

短時間で焼き色が付くので、具材は、さっと火が通るものだけに絞るといいですよ。

具なし餃子の皮ピザ

具なし餃子の皮ピザ

最後に、具材をまったく使わない「餃子の皮ピザ」のレシピをご紹介します。

餃子の皮にマヨネーズを塗り、オーブントースターで2分焼いたら完成です。

黒こしょうのピリッとした辛さがアクセントになっていて、ビールのおつまみにぴったり。
餃子の皮以外にたいしたものがないという場合は、これだけでもけっこう美味しいですよ。

関連レシピ