お弁当の簡単おかず。笠原将弘さんのイワシのつみれバーグ。

投稿日:2017年5月18日 更新日:

お弁当 簡単 おかず レシピ 人気 1位

お弁当の簡単おかずレシピをご紹介します。

今日のおかずは、次の3品です。

メニュー
  1. 和食の名店「賛否両論」の店主、笠原将弘さんの「イワシのつみれバーグ」
  2. レンジで作る「なめたけ卵」
  3. レンジで作る「ほうれん草のゴマ和え」

笠原さんの「イワシのつみれバーグ」は、15分で完成します。
イワシの臭みがなく、お肉を使ったハンバーグと同じくらい食べ応えがあるので、魚をあまり好まない子供にもおすすめです。

また「なめたけ卵」はレンジで2分で完成。
「ほうれん草のゴマ和え」はレンジで3分で作れます。

つみれバーグの作り方

お弁当 簡単 おかず レシピ 人気 1位

まずご紹介するのは、「イワシのつみれバーグ」のレシピです。

仕上げに大根おろしを添えるレシピになっていますが、お弁当用には大根おろしは省きます。

材料【2人分:調理時間15分】
つみれ
イワシの切り身 150g(2尾分)
セロリ 50g(1/2本)
おろしショウガ 5g
1/2個
砂糖 小さじ1/2
味噌 大さじ1/2
片栗粉 大さじ1/2
梅肉だれ
醤油 10ml
みりん 35ml
35ml
梅肉 大さじ1/2
付け合わせ・その他
サラダ油 大さじ1/2
大根 100g(※)
大葉 4枚
白ゴマ 適量

※お弁当用には大根を省きます。

作り方
  1. イワシの切り身はぶつ切りにし、ミンチ状になるまで包丁で叩く。セロリは筋を取ってみじん切りにする。
    つみれの材料すべてを混ぜる。
  2. 冷たいフライパンにサラダ油を引き、1をスプーンですくって一口大の平たい円形にして並べる。
    フライパンを中火にかけ、両面に焼き色がつくまで3〜4分焼く。余分な油はキッチンペーパーで拭き取る。
  3. 梅肉だれの材料すべてを混ぜ、フライパンに回し入れる。
    とろみがつくまで煮詰め、つみれに絡める。
  4. 大葉をお弁当箱に敷き、その上に3をのせ、白ゴマを振ったらできあがり。(オリジナルレシピは、この後に大根をおろして、水気を切って添える。)

お弁当 簡単 おかず レシピ 人気 1位
工程1で出来るつみれ(ハンバーグのタネ)は、少しゆるめです。
スプーンですくってフライパンにのせ、平たい円形にして焼きます。

焼き上がったら、梅肉だれの材料を混ぜたものを加え、とろみをつけたら完成です。

こっくりとした味わいの、ご飯にぴったりの照り焼きハンバーグが出来ます。

ほのかな酸味とコク味が印象的で、食感はふんわり柔らかいです。とても美味しいですよ。

(レシピ情報元:フジテレビ「ノンストップ!」笠原将弘のおかず道場 2017年5月16日放映)
※このお料理のオリジナルレシピは、こちらで紹介しました。

なめたけ卵の作り方

お弁当 簡単 おかず レシピ 人気 1位

次にご紹介するのは「なめたけ卵」のレシピです。

レンジでチンするだけの卵料理で、出来上がりの表面は、上の写真のように気泡が出来ていてイマイチですが、半分に切るとけっこうきれいですよ。
食感はふわふわしています。

材料【1人分:調理時間2分】
1個
なめたけ 大さじ1
作り方
  1. 卵となめたけを混ぜる。
  2. ココットくらいの小さな耐熱容器にラップを敷き、1を流し入れる。
    ラップをせずにそのまま、電子レンジ(500w)で1分くらい加熱する。
    半分に切ったらできあがり。

ほうれん草のゴマ和えの作り方

お弁当 簡単 おかず レシピ 人気 1位

最後にご紹介するのは、「ほうれん草のゴマ和え」のレシピです。

材料【2〜3人分:調理時間3分】
ほうれん草 1/2束(100g)
白すりゴマ 適量
砂糖 少々
醤油 少々
作り方
  1. ほうれん草を水洗いし、ラップで包んで(上の写真)電子レンジ(600w)で1分加熱する。
    ラップから取り出して軽く水洗し、水気をしっかり絞る。
  2. 1を食べやすい大きさに切り、白すりゴマ・砂糖・醤油を混ぜたらできあがり。

レンジでチンしたら、ほうれん草をさっと水洗いします。

ちなみにほうれん草1束を加熱する場合は、600wで2分です。
詳しくはこちらをご覧ください。

お弁当 簡単 おかず レシピ 人気 1位
今日のお弁当は、以上3品(つみれバーグ・なめたけ卵・ほうれん草のゴマ和え)にプチトマトと梅干しを添えました。

関連レシピ