いわしの蒲焼きレシピ。甘辛いたれと好相性!丼にするのもおすすめ。

投稿日:2020年10月12日 更新日:

いわし蒲焼き

鰯(イワシ)の蒲焼きのレシピをご紹介します。

いわしに小麦粉をまぶし、フライパンでこんがりと加熱。
砂糖・みりん・醤油で作ったタレを絡め、山椒の粉をかけたら完成です。

甘辛いタレが、ふっくらと焼き上がったいわしに染み込んで、とても食べやすい味に仕上がります。
ご飯ともよく合うので、ご飯の上に乗せて、いわしの蒲焼き丼にするのもおすすめですよ。

いわしのさばき方も解説

なお、いわしは、あらかじめ3枚に下ろしてあるものを使ってもいいですし、自分で捌いてもOKです。
この記事では、いわしの下処理の方法も合わせて解説します。


いわしの蒲焼

レシピ動画

「ふっくら旨い!いわしの蒲焼き」のレシピです。

材料

2尾分:調理時間4分
いわし 2尾(正味100g)
小麦粉 大さじ1/2
サラダ油 大さじ1/2
山椒の粉 適量
A
砂糖 小さじ1/2
みりん 大さじ1
醤油 小さじ2/3

作り方

いわしの下処理
最初に、いわし(2尾:正味100g程度)の下処理をします。

下処理の手順は、次の通りです。

  1. いわしの頭とはらわたを取り、きれいに洗って、キッチンペーパーで水気を拭き取る。
  2. いわしの尾を切り落とし、はらわたがあった場所に親指を入れて、手開きにする。
  3. 中骨を手で取る
  4. 腹骨を包丁でそぎ取る。

詳しくは、冒頭の動画か、別記事「いわしの捌き方」を参考にしてください。

① はらわたを取る
② 手開きにする
③ 中骨を取る
④ 腹骨をそぐ

3枚おろしで代用もOK

もし、自分でやるのが面倒な場合は、下処理済みのいわしを使ってもOKです。

いわしの3枚おろし 右の写真のような、3枚おろしになっているいわし(2尾分:正味100g程度)を購入すれば、下処理の工程を省くことができます。

いわしに小麦粉をまぶす
次に、いわしに小麦粉(大さじ1/2)をまぶします。


いわしの蒲焼きのたれ
そして、調味料A(砂糖:小さじ1/2、みりん:大さじ1、醤油:小さじ2/3)を混ぜておきます。


いわしをフライパンで焼く
続いて、フライパンにサラダ油(大さじ1/2)を引き、イワシの皮面を下にして並べます。


いわしの両面をフライパンで焼く
そして、2分ほどかけて、両面をこんがりと焼きます。


いわしに蒲焼きのタレをかける
いわしに火が通ったら、いったん火を止め、混ぜておいた調味料Aを回しかけます。

調味料の量は、必要最小限の少なめになっているので、焦げないようにいったん火を止めてから加えます。


いわしの蒲焼きにタレを絡める
再び弱火にかけ、いわしを返しながら調味料を絡めます。

最後に、山椒の粉をふったら完成です。


いわしの蒲焼き
タレの量は少なめにしてあるので、味にしつこさはなく、いわしの風味をしっかりと堪能できるレシピになっています。

山椒のすっきりとした香りも良い感じ。
全体の味が引き締まり、いわしの味がさらに引き立ちます。

ふっくら柔らかな食感とともに、とても美味しくいただけますよ。

関連レシピ