やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

小イワシのさばき方と下処理。カタクチイワシ(シコイワシ)のおろし方!

投稿日:

小いわし(カタクチイワシ・シコイワシ)の下処理と捌き方

小いわし(カタクチイワシ:別名シコイワシ)のさばき方と下処理の方法を解説します。

小イワシは、包丁を使わずに、手だけで簡単におろすことができます。

小いわしの基本の捌き方

小イワシを、煮たり揚げたり焼いたりするのであれば、作業はとてもシンプル。

軽く水洗いして、小イワシの頭を手でちぎり取るだけで、ほぼOKです。

小イワシにもウロコはありますが、軽く水洗いすることで大部分を落とせます。

また、内臓については、頭をちぎった際にあらかた一緒に取れてしまします。
よりきれいに内臓を取り除きたい場合は、腹を指で裂いてねこそぎかき出してください。

刺身にする場合

刺身にする場合は、腹に指を入れて背骨をなぞり、手開きにします。
そして、背骨を指でつまんで取り除き、小イワシを裏返して背びれもちぎり取れば完了です。
腹骨が残りますが、とても細い骨なので、そのままでも食べられます。

小イワシのおろし方と下ごしらえの手順を、詳しくお伝えします。

小いわし(カタクチイワシ)の下処理

小いわしのウロコの取り方


まず、小いわしをボールに入れ、何回か水を変えながらきれいに洗います。

洗うだけで、小イワシに残ったうろこはだいたい取れます。



洗った後もウロコがかなりしっかり残っている場合は、指の腹を使ってイワシの尾の方から頭の方に軽くなでるようにこすって取り除いてください。

小イワシの場合は、あまり強くこすると皮まで剥けてしまうので、あくまでも優しくなでるのポイントです。

小イワシをお刺身にする場合は、ウロコはきれいに取り除いた方がいいですけど、揚げたりする場合は多少残っていても気になりません。


小いわしのさばき方(基本編)


次に、小イワシの頭を指でつかみ、首の骨を折ります。
この時、イワシの頭の下の方の身は、切らずにそのままつなげておきます。
切るのは、イワシの頭の上部および骨だけです。



そして、イワシの頭をすっと軽く引くと、頭に繋がって内臓が出てきます。
これだけで小イワシの内臓がほとんど取れます。

とは言いつつも、この作業で、内臓が完全に取れるわけではありません。
肛門につながっている辺りの内臓はどうしても少し残ります。

ここまでの工程を終えるだけで、一応、煮物・焼き物・揚げ物などに使うことはできますが、内臓を最後まできちんと取りたい場合は、次の工程で腹まで裂いてください。



内臓をすべて取り除くには、指を使って、イワシの腹を裂き、肛門あたりまで開きます。
そして、お尻の方に残った内臓をかき出せば完了です。

この工程まで終えれば、内臓をきれいに取り除けるので、唐揚げなどの揚げ物や煮物にした際にも、雑味の少ない味に仕上がります。

時間に余裕がある場合は、この工程を追加するのがおすすめです。


小いわしのさばき方(刺身編)

小イワシの骨を取って焼いたり、あるいはお刺身として食べる場合は、手開きをします。

上のやり方でさばいた後、小イワシのお腹に指を入れ、背骨をなぞるようにして少しずつ身から離し、開きます。
そして、背骨(中骨)を指でつまみ、そのまま軽く引き上げて取り除きます。


小いわしをフライパンで焼いたりする場合は、この状態で使います。



お刺身にする場合は、イワシの背中に残った背びれも、食感がかたいので取り除きます。

腹骨について

ちなみに、小イワシではなく、普通のイワシをさばく場合は、最後に腹骨を包丁で削ぎ取ります。

小イワシにも腹骨はありますが、かなり細い骨なので、小イワシの場合は、腹骨をつけたまま刺身として食べることができます。

とはいえ、小骨が気になる場合は、骨抜きなので丁寧に抜くといいですよ。

以上、小イワシのさばき方と下処理の方法についてお伝えしました。

小イワシはサイズが小さいので捌くのが面倒くさそうなイメージがありますが、包丁を使わずに手だけで作業できるので、普通のいわしよりも簡単ですよ。


アニサキスについて

最後に、小いわしを生で食べる際の注意点を1つお伝えします。
寄生虫の「アニサキス」についてです。

アニサキスは、サバやいわしなどの魚介類にいる糸状の寄生虫で、人間の体内に入ると食中毒を引き起こすことがあるので、念のためしっかり確認してください。

アニサキス対策としては、鮮度の良いものを選んだうえで内臓をすみやかに取り除き、食卓に出す前に目視することが有効です。
詳しくは、厚生労働省のページを参考にしてください。

関連記事

小イワシの唐揚げレシピ。カタクチイワシ(シコイワシ)の丸ごと簡単料理

小いわし(カタクチイワシ:別名シコイワシ)の唐揚げレシピをご紹介します。小イワシは、包丁を使わずに手だけで下処理を済ませることができるので、…

いわしの捌き方。手開きと3枚おろし!基本のおろし方と下処理の方法。

鰯(イワシ)のさばき方と下ごしらえの方法をご紹介します。いわしの開き方として最もポピュラーなのは、「手開き」です。手開きといっても、並以上の…

いわしの蒲焼きのレシピ。甘辛いたれと好相性!鰯蒲焼き丼もおすすめ。

鰯(イワシ)の蒲焼きのレシピをご紹介します。いわしに小麦粉をまぶし、フライパンでこんがりと加熱。砂糖・みりん・醤油で作ったタレを絡め、山椒の…

いわしの刺身レシピ。鰯の生食ならやっぱりこれ!刺身の切り方も解説。

鰯(イワシ)の刺し身のレシピをご紹介します。いわしを刺身にする時のおろし方には、大きく分けて2種類あります。1つめは「3枚おろし」にする方法…

いわしのうろこの取り方。包丁でこすると簡単!ウロコ取りを動画で解説。

鰯(イワシ)のうろこの取り方を動画で解説します。いわしのウロコは、水揚げされてから流通する過程でほとんど取れてしまうことが多いのですが、残っ…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

鶏胸肉カツのレシピ。叩いてから揚げる!柔らかチキンカツの作り方。

鶏胸肉を使ったチキンカツのおすすめレシピをご紹介します。少ない油で揚げ…

かいわれ大根の味噌汁レシピ。さっと加熱して食感UP!美味しい作り方

かいわれ大根を使った味噌汁のレシピをご紹介します。かいわれの爽やかな風…

塩胡椒だけで旨い!ほうれん草とウインナーソーセージ炒めの簡単レシピ。

ほうれん草とウインナーソーセージを使った、簡単で美味しいおかずレシピを…

かいわれ大根とツナのサラダ。マヨからしで風味UP!簡単2分レシピ。

かいわれ大根とツナを使った、簡単で美味しいサラダのレシピをご紹介します…

ぶりの照り焼きレシピ。フライパンでふっくら美味しく!基本の作り方。

ぶりの照り焼きのレシピをご紹介します。簡単に作れる基本レシピになってい…