やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

いわしの捌き方。手開きと3枚おろし!基本のおろし方と下処理の方法。

投稿日:2020年10月13日 更新日:

いわしの捌き方(手開きと3枚おろし)

鰯(イワシ)のさばき方と下ごしらえの方法をご紹介します。

いわしの手開き

いわしの開き方として最もポピュラーなのは、「手開き」です。

手開きといっても、並以上のサイズのいわしの場合は、全ての作業を手でやるわけではありません。
切れ目を入れて内臓を取り除くまでは包丁を使い、お腹を開いて骨を取り除く工程を手で行います。

この手開きは、やってみると意外と簡単ですし、しかも、包丁を使って開くよりも小骨をきれいに取り除くことができます。

特に、いわしをフライにしたり、蒲焼にしたり、フライパンで焼いたりする時に便利なさばき方です。

いわしの3枚おろし

ただ、手開きには、身がやや崩れやすいというデメリットがあります。

ですから、いわしの刺身など、身を綺麗に切り分けたい場合にはあまり向きません。
手開きでも刺身にできないことはありませんが、より丁寧に下処理をするのなら、包丁で3枚おろしにするのがおすすめです。

この記事では、「手開き」と「三枚おろし」のやり方を中心に、いわしの開き方と下ごしらえの方法をお伝えします。

いわしの下処理(下ごしらえ)

いわしのうろこの取り方


まず、いわしのウロコを取り、流水できれいに洗います。

いわしのウロコは、流通過程でほとんど取れてしまいますが、残っている場合は、きれいに取り除きます。

包丁の刃を軽くいわしに当て、尾の方から頭の方に向かって、軽くなでるようにこすり取ります。
やり方がわからない場合は、「いわしのウロコの取り方」をご覧下さい。


いわしのはらわたの取り方


次に、いわしの胸びれの脇から包丁入れ、頭を切り落とします。
そして、いわしの腹を少し切ります。

ちなみに、小いわしだったら、包丁を使わずに手だけで、頭や内臓を取ることができます。
詳しくは「小いわしの下処理」をご覧ください。



続いて、いわしの腹の切れ目から肛門あたりまで包丁を入れ、包丁の刃で内臓をかき出します。



いわしの内臓を取ったら、いわしを流水できれいに洗います。
その際には、背骨沿いに付いた血合いを指でこするようにして、きれいに洗い流してください。
血合いが残っていると、臭みの原因になります。

そして、キッチンペーパーで水気をきれいに拭き取ります。


いわしの手開き


いわしを手で開くには、まず、腹に指を入れ、頭の方から尾の方に向かって、中骨の上面をなぞりながら、尾の付け根まで腹を開きます。

中骨の上面と身のちょうど境目を指でなぞるように意識すると、きれいに開けます。



いわしを開いたら、まな板の上にのせ、いわしの中骨を指でつまみ上げ、尾のあたりでポキンと折ります。

そして、右手でいわしの身を押さえながら、左手で中骨を引き上げるようにして身から外します。



最後に、いわしの両端に残っている腹骨を、包丁を寝かせてそぎ落とします。

これで、いわしの手開きはおしまいです。
尾はお好みで切り落としても構いません。

こうして手開きにしたいわしは、フライにしたり、焼いたり、蒲焼きにしたりと、幅広いお料理に使えます。

いわしの3枚おろし


いわしを3枚におろす場合は、まず、先に紹介したように、いわしの頭と内臓を取って、流水できれいに洗い、水気をしっかり拭き取ります。

そして、いわしの身と背骨の上面のちょうど境目に包丁を入れ、そのまま背骨に沿って切ります。
片面を切ったら、もう片側にも同じように包丁を入れ、いわしを身2枚と骨(合計3枚)に切り分けます。



次に、いわしの腹骨を包丁を寝かしてそぎ切ります。

いわしを焼いたり揚げたり煮たりする場合は、ここまでで下処理は終了です。
ただし、いわしを刺身として食べる場合は、次の下処理も追加してください。


いわしの皮むきと骨抜き


いわしをお刺身として食べたい場合は、皮の食感が口に残りやすいので、皮むきをします。

いわしの皮は、頭の方から尾に向かって剥くと、きれいに取れます。
いわしの頭の方の切り口から皮をめくり上げ、いわしの身を左手で押さえながら、右手ですっと引いたらおしまいです。

また、小骨が気になる場合は、骨抜きを使って、小骨を取り除きます。
いわしの小骨は、身のちょうど真ん中あたりに一列に並んでいるので、指でさぐりながら、骨抜きを使って取り除いてください。

食べやすい大きさに切り、生姜などの薬味と一緒にお皿に盛ったら、「いわしの刺身」の完成です。

以上、いわしの捌き方についてお伝えしました。

時間に余裕があるときは、スーパーで新鮮ないわしを丸ごと買ってきて、自分で捌いて調理するのもなかなかいいものです。

いつものいわし料理が、より美味しく感じられるかも。
ぜひやってみてください。

関連記事

いわしの刺身レシピ。鰯の生食ならやっぱりこれ!刺身の切り方も解説。

鰯(イワシ)の刺し身のレシピをご紹介します。いわしを刺身にする時のおろし方には、大きく分けて2種類あります。1つめは「3枚おろし」にする方法…

いわしフライのレシピ。少ない油で簡単!フライパンを使った作り方。

鰯(イワシ)フライのレシピをご紹介します。フライパンで揚げ焼きにするお手軽レシピ。少ない油で揚げるので、後片付けも簡単です。レシピのポイント…

いわしの蒲焼きのレシピ。甘辛いたれと好相性!鰯蒲焼き丼もおすすめ。

鰯(イワシ)の蒲焼きのレシピをご紹介します。いわしに小麦粉をまぶし、フライパンでこんがりと加熱。砂糖・みりん・醤油で作ったタレを絡め、山椒の…

いわしのうろこの取り方。包丁でこすると簡単!ウロコ取りを動画で解説。

鰯(イワシ)のうろこの取り方を動画で解説します。いわしのウロコは、水揚げされてから流通する過程でほとんど取れてしまうことが多いのですが、残っ…

小イワシのさばき方と下処理。カタクチイワシ(シコイワシ)のおろし方!

小いわし(カタクチイワシ:別名シコイワシ)のさばき方と下処理の方法を解説します。小イワシは、包丁を使わずに、手だけで簡単におろすことができま…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

ほうれん草と豚こまのマヨ醤油炒め。マヨネーズで簡単!コク旨レシピ。

ほうれん草と豚こまを使った簡単おかずレシピをご紹介します。ほうれん草と…

キャベツとじゃこの和風サラダレシピ。ごま油とおろし生姜で風味良く!

キャベツとちりめんじゃこを使った、簡単おかずレシピをご紹介します。ごま…

鯖の味噌煮の作り方。ふっくら柔らか!10分で作れる簡単基本レシピ。

鯖(サバ)の味噌煮のレシピをご紹介します。鯖を醤油や砂糖などと一緒に甘…

菜の花の辛子和え。ツンとした辛みがクセになる!簡単めんつゆレシピ。

菜の花の人気料理と言えば、やはり、辛子和えは外せません。菜の花の少しほ…

高野豆腐の煮物。ジュワッと旨い!含め煮のシンプルレシピ。

高野豆腐の煮物の作り方をご紹介します。高野豆腐だけを使った、シンプルな…