やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

私の玄米食歴は10年超。フィチン酸の影響、そして発芽玄米について思うこと。

投稿日:2013年12月29日 更新日:

玄米 フィチン酸

私は、かれこれ10年以上、自宅で玄米を食べています。

玄米は白米にくらべ、お肌の健康維持に役立つビタミンB1が豊富で、食物繊維は白米の6倍も含まれています。
玄米食は健康に良いですし、炊き方を工夫すれば白米よりもずっと美味しいくいたえだけると思っています。

ただ玄米「ばっかり」食べているわけではありません。パンも食べるし、麺も食べる。もちろん白米だって食べます。
肉、魚、野菜、穀物。なにごともバランスが大切ですよね。
「ばっかり食い」はキケンです。

玄米のメリット・デメリット

巷には、「玄米は身体に良い」という説と、「害がある」という説の両方が存在します。調べてみると、どちらの見解にも、玄米の表皮に含まれる「フィチン酸」という物質が関係しているようです。

  1. 玄米は身体に良い派
  2. 「身体に良い派」によく見られる意見は、このフィチン酸が、「整腸作用」や「抗がん作用」、また、「心臓疾患の予防」などに効果があるというものです。また、ダイエットに効果があるという意見もあります。

  3. 玄米は身体に害がある派
  4. 一方で、「身体に害がある派」は、フィチン酸が、鉄や亜鉛など体内にとって重要なミネラルと結合し、それらを体外に排出してしまうと主張します。玄米を食べると、「ミネラル不足」になるというのです。

ちなみに私は、玄米に含まれるフィチン酸の影響は、問題にするほど大きくはないと考えています。
フィチン酸の摂取は、それほど大量でなければ、ミネラルの吸収を阻害することはないそうです。その辺りのことについて書かれた部分を、ウィキペディアより引用します。

しかし、現在では(フィチン酸は)糠などに閉じ込められた状態ではミネラルの吸収に問題が見られないことがわかってきた。ただし、ミネラルが著しく少ない食事において、フィチン酸が大量の場合にミネラルの吸収を阻害する可能性があり、この作用は必須ミネラルの摂取量が著しく低い発展途上国の子供のような人々には好ましくない。

発芽米という選択肢もありますが・・・

玄米 フィチン酸
(発芽玄米。胚芽の部分が膨らんでいる。)

それでもフィチン酸が気になる場合は、玄米を発芽させて「発芽玄米」にすると良いと言われています。玄米が発芽する過程でフィチン酸が分解されるそうなんです。

ただ実は、これも賛否両論。玄米を発芽させても、分解されるフィチン酸はごく微量にとどまると主張する方もいるんです。

食品の世界って、なかなか一筋縄ではいかないですね。専門家ですら、よく分かっていないんじゃないかという気すらしてきます。

ただ、私なりに試行錯誤して、発芽玄米づくりにもチャレンジしてみた結論としては、発芽玄米はあまりお勧めできません。

フィチン酸のことは、とりあえず置いておくとして、理由は2つです。

  1. 発芽玄米は、美味しくない
  2. 発芽玄米の味は、普通の玄米にくらべて淡い感じがします。玄米に慣れている私には、ちょっと物足りない。また、炊き上がりには、独特のムッとしたにおいがするんです。
    さらに、食感がいまひとつ。わが家にあるごく普通の炊飯器(玄米モードあり)で炊くと、玄米の表皮とその内側が分離してしまい、表皮は口に残りやすく、その内側は逆にベチョっとしてしまいます。

  3. 発芽玄米は、ご飯を炊くタイミングをはかるのが難しい
  4. 発芽玄米作りは数日を要しますが、手間のかかる作業は一切ありません。
    ですが、ご飯を炊くタイミングをはかるのが、かなり難しいんです。
    炊飯するタイミングを見込んで、数日前から事前に仕込んでおく必要がある。これは至難の業です。また、発芽後、過剰に放置しておくと、美味しいご飯が炊けません。
    市販の発芽玄米は試したことはありませんが、玄米から発芽玄米を作るのであれば、なかなかハードルが高いです。

私としてはお勧めしませんが、発芽米の作り方を参考として簡単に記しておきます。

発芽玄米の作り方
玄米をよく洗って、タッパーなど蓋のついた容器に入れる。そこに、ひたひたくらいの水を加える。常温に置いて、たまに水を取り換える(夏は菌が繁殖しやすいので、私は1日に2~3回換えています。)。
そうして、夏場だったら2日くらい、冬だったら3日くらい放置します。玄米の胚芽の部分が尖ってきたら、出来上がり。

「ばっかり食い」はキケンです

玄米に限らず、どんな食材だって、食べ過ぎたら害になりますよね。ですから、わが家では、そのリスクを回避するためにも、色々な種類のものを食べています。食材の「ばっかり食い」はキケンです。

比較的ご飯を食べず、麺類やパン食の日も多い家庭だったら、ご飯はいつも玄米でも良いかもしれません。逆に、ご飯をよく食べるご家庭だったら、たまにお寿司をつくる時には白米にしてみたり、また、歩づき米に雑穀を混ぜてみたり、いろいろなバリエーションを楽しむと良いのではないでしょうか。

関連記事

玄米の炊き方。炊飯器で簡単に美味しく炊く方法。

初心者でも食べやすい、玄米の美味しくて簡単な炊き方をご紹介します。最初にお伝えするのは、お米マイスターの西島豊造さんがすすめる、炊飯器を使っ…

お米の賢い食べ方。栄養学のプロのおすすめです。

美容や健康のために、糖質オフをする人が増えています。甘いお菓子やパンだけでなく、ご飯も一切食べないという方は私のまわりでもけっこう多いです。…

家庭用精米器「精米御膳」。玄米食メインの人は、1台持っておくと便利です

わが家では、毎日玄米を食べています。夫も私も、玄米が大好き。ですから、どんなメニューの時も、ご飯はだいたい玄米です。例えばタイカレー。「タイ…

手作り味噌歴10年の私が思うこと。上質な大豆&玄米麹のレシピがおすすめ。

私が自宅で味噌を仕込むようになってから、今年でちょうど10年になります。この10年を振り返ると、わが家は自家製味噌にどっぷり浸った生活を送っ…

糖質制限のために、台所から白砂糖を排除。本みりんで糖質オフ生活

健康のため、また美容のために、糖質の摂取量を控える方が、最近とても多いように思います。私もその一人。もともと甘いものとかパンが大好きですから…

おすすめ記事

さつまいものレンジでの蒸し方。短時間で柔らかく!ふかし芋の簡単レシピ。

さつまいもを電子レンジで蒸して、ふかし芋を作る簡単な方法をご紹介します…

さつまいもの上手な保存方法。常温、冷蔵、冷凍の3つに分けて紹介。

さつまいもの保存方法をご紹介します。紹介するのは、「常温」・「冷蔵」・…

ゆで卵の作り方。茹で時間は何分?半熟や固ゆでの簡単基本レシピ。

ゆで卵の作り方を動画でご紹介します。鍋を使って作る、ゆで卵の簡単レシピ…

味噌汁の具材の組み合わせ人気100選。具だくさん味噌汁のアイデア集。

お味噌汁の具の組み合わせを、一挙にご紹介します。人気の定番レシピから、…

生落花生(ピーナッツ)の炒り方!レンジ・フライパン・オーブンを比較。

生落花生の炒り方(煎り方)をご紹介します。乾燥生落花生を、フライパン・…

なすの人気レシピ17選。簡単メニューからメイン料理まで一挙紹介。

なすの人気レシピ17品をご紹介します。レンジを使った簡単レシピや、メイ…

人参の人気レシピ22選。作り置きやお弁当おかずに便利な簡単人参料理。

人参の人気レシピを22品ご紹介します。当サイトの数多くの人参レシピの中…

さつまいもの蒸し方。簡単で美味しいふかし芋!鍋やフライパンでもOK。

さつまいもの美味しい蒸し方(ふかし方)をご紹介します。特別な道具がなく…

糖質制限ダイエットの人気レシピ89選。低糖質で簡単!食事メニューまとめ。

糖質制限におすすめの人気レシピ89品をご紹介します。使っている食材は、…

なすとひき肉の甘辛あんかけレシピ。丼にしても美味しい!和風簡単料理。

なすとひき肉を使った、醤油風味の甘辛おかずのレシピをご紹介します。なす…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

豚肉と厚揚げの簡単レシピ。濃厚でコク旨!豚こまの柔らか炒めの作り方。

豚肉と厚揚げを使った炒め物の簡単レシピをご紹介します。豚こま切れ肉・厚…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

くるみのスコーン。カリッと焼いたクルミが旨い!くるみたっぷりレシピ。

くるみスコーンのおすすめレシピをご紹介します。くるみをふんだんに使った…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮る…

梨の切り方と剥き方!基本からおしゃれ&かわいい飾り切りまで6選。

梨の切り方と皮の剥き方をご紹介します。基本からおしゃれなやり方まで全6…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

里芋とイカの煮物レシピ。甘辛で濃厚!いかを柔らかく煮るコツも解説。

里芋とイカを使った煮物のレシピをご紹介します。作り方は、とても簡単です…

ブロッコリーの味噌汁レシピ。ベーコン&バターでコク旨洋風仕上げ!

ブロッコリーを使った味噌汁のレシピをご紹介します。バターのコクが食欲を…

すだちのはちみつ漬け。大量消費におすすめの保存食!切って漬けるだけ。

すだちのはちみつ漬けのレシピをご紹介します。すだちは、酸味がとても強い…

かぼすの砂糖漬けレシピ。皮ごと使った保存食!大量消費にもおすすめ。

かぼすの砂糖漬けのレシピをご紹介します。使う材料は、かぼすと砂糖の2つ…

カニカマ卵焼きのレシピ。優しい旨味が魅力!酢醤油で美味しさアップ。

カニカマをたっぷり使った卵焼きのレシピをご紹介します。ほぐしたカニカマ…