やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

カット野菜の栄養と保存方法。シャキッと復活させる方法。

投稿日:2018年6月4日 更新日:

カット野菜の「栄養」と「保存方法」と「シャキッと復活させる裏技」をご紹介します。

カット野菜は実は栄養がけっこうあり、安心して使えるようです。

仕事や子育てで忙しい時は、日々の食事のちょっとした支度だけでもシンドイものですが、そんな時には、カット野菜を上手に利用するといいですよ。包丁を使わないだけでも、調理がぐっとラクになります。


カット野菜の栄養

栄養士の佐藤秀美さんによると、カット野菜には、実は栄養がけっこう残っているそうです。

カット野菜に含まれる栄養について、佐藤さんは次のようにおっしゃっています。

カット野菜には栄養がないというのは、私は基本的に都市伝説だと思います。

カット野菜と言えば、ネット上ではいろいろな噂があります。
カット野菜は全く栄養がないとか、売れ残りの野菜を使っているとか、鮮度を保つために薬品を使っているといった負の情報がありますが、佐藤さんによると、そんなことはまったくなく安心して使えるそうです。

カット野菜は新鮮なうちに加工して出荷しているので、むしろスーパーで野菜を丸ごと買って調理するよりも鮮度が良い場合もあり、かえって栄養が摂れることもあるとのこと。
ちなみにカット野菜のキャベツの千切り1袋(150g)には、レタス丸々1個分もの食物繊維が含まれており、レモン果汁1.5個分のビタミンCが摂れるそうです。

こうした栄養面について考えると、カット野菜を使うのは、忙しい時に限らず、悪くない選択だと思います。

では具体的にカット野菜に含まれる栄養がどれくらいか見てみます。

下の表をご覧ください。
きゃべつを例に、カット野菜と丸ごと野菜に含まれる栄養の量を比較したものです。

千切りきゃべつの栄養(100gあたり)
キャベツ(丸) カットきゃべつ
食物繊維 2.9g 2.1g
ビタミンC 30mg 22mg
カルシウム 46.4mg 35.1mg
カリウム 240mg 130mg
NHK「あさイチ」より数値引用 一般財団法人「日本食品分析センター」の調べ

この表から分かることは、カットきゃべつには、丸ごとの新鮮なきゃべつの7割ほどの栄養が残っているということです。
きゃべつの代表的な栄養素である食物繊維とビタミンCとカルシウムは、丸ごときゃべつの7割ほど、カリウムは5割ほど残存しています。

カット野菜は思った以上に栄養があると感じた方は多いのではないでしょうか。

では次に、カット野菜の具体的な使い方を簡単に紹介します。

カット野菜の保存方法と日持ち

まずカット野菜の保存方法と日持ちについてお伝えします。

カット野菜は買ったら早めに食べるに越したことはありませんが、すぐに食べられない場合は、袋に入ったままの状態で冷蔵庫の「冷蔵室」に入れると良いようです。

野菜の保存と言うとつい「野菜室」を選びがちですが、カット野菜メーカーのおすすめは「冷蔵室」だそうです。
カット野菜は温度が高くなればなるほど、カット部分から菌の繁殖や変色が起こりやすいので、野菜室よりも温度が低い「冷蔵室」での保存が向いているということです。
ちなみに冷蔵室よりも温度が低い「チルド室」では、冷え過ぎて凍結してしまうおそれがあるので、避けた方が良いようです。(NHK「あさイチ」より引用)

またカット野菜の日持ちは、きゃべつやレタスだったら3〜4日くらいです。袋に記載された消費期限までに食べ切ってください。

カット野菜をシャキッと復活させる方法

次に時間が経ってしんなりしてしまったカット野菜をシャキッと復活させる方法をご紹介します。

栄養士の佐藤秀美さんがすすめる裏技です。

カットレタスや千切りキャベツなど、葉物のカット野菜だったら何にでも使えます。

材料【調理時間1分】
カット野菜/レタスやきゃべつなどの葉物 適量
作り方
  1. カット野菜を50度の湯に30秒〜1分つける。
  2. 1を冷水につける。

写真をもとにレシピを説明します。


【工程1】
まずカット野菜(写真はカットレタスを使用)を50度の湯に30秒〜1分つけます。

【調理のポイント】
50度の湯に野菜を浸すと、ペクチンという細胞をくっつける成分が硬くなるのでシャキッとします。

佐藤さんによると、50度という温度は、細胞同士をくっつける役割を果たすペクチンを硬くする酵素が良く働くそうです。



【工程2】
最後に野菜を冷水につけて軽く冷やしたらお終いです。

このような2工程を踏むと、野菜がシャキッと蘇り、食感も良くなりますよ。


ところでカット野菜は、葉物を中心にそのまま食べられるものがとても多いですけど、ほんのひと手間加えるだけで、野菜を飽きずにたっぷり食べることができます。

たとえばレンジで軽くチンして味付けを少し変えるだけでも、いつもとちょっと違って新鮮です。
調理の一例として、佐藤さんが考案したカット野菜の超簡単料理「なんちゃって野菜炒め」(上の写真)も合わせてご覧ください。
きゃべつと塩昆布をレンジでチンし、オリーブオイルを混ぜたら完成です。
カット野菜の手軽さを利用しつつ、栄養もしっかり摂れるレシピになっていますよ。

関連記事

レモングラスの保存方法と横浜の販売店。

レモングラスの保存方法と横浜の便利な販売店をご紹介します。レモングラスは、東南アジアやカリブ海諸国などでよく使われているハーブで、ススキによ…

里芋を長持ちさせるコツ!泥付きが日持ちする。保存方法と保存期間を解説

里芋は、涼しい季節だったら常温保存ができます。里芋を常温保存するのなら、新聞紙(もしくは紙など)で包むなどして、段ボールなどの通気性の良い入…

ゆずの保存方法。大量保存もかんたん!果汁や皮を冷凍・冷蔵する方法。

柚子の上手な保存方法をご紹介します。柚子を大量に長期保存する場合は、冷凍保存がおすすめです。特に手間がかからないのは、柚子を丸ごと冷凍する方…

セロリの栄養と効能。カリウムや香り成分がポイント!血圧低下や精神安定に

セロリに含まれる栄養と健康効果を解説します。セロリには、高血圧予防に効果的なカリウムが豊富に含まれており、また、セロリの香り成分には、精神の…

大根の皮のレシピ。栄養を逃さず摂れる人気の料理を一挙紹介!

捨ててしまいがちな大根の皮を使った、栄養満点の食べ方をご紹介します。大根の皮は、実は、栄養が豊富。大根に含まれている栄養素としてはビタミンC…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

ほうれん草と豚こまのマヨ醤油炒め。マヨネーズで簡単!コク旨レシピ。

ほうれん草と豚こまを使った簡単おかずレシピをご紹介します。ほうれん草と…

キャベツとじゃこの和風サラダレシピ。ごま油とおろし生姜で風味良く!

キャベツとちりめんじゃこを使った、簡単おかずレシピをご紹介します。ごま…

鯖の味噌煮の作り方。ふっくら柔らか!10分で作れる簡単基本レシピ。

鯖(サバ)の味噌煮のレシピをご紹介します。鯖を醤油や砂糖などと一緒に甘…

菜の花の辛子和え。ツンとした辛みがクセになる!簡単めんつゆレシピ。

菜の花の人気料理と言えば、やはり、辛子和えは外せません。菜の花の少しほ…

高野豆腐の煮物。ジュワッと旨い!含め煮のシンプルレシピ。

高野豆腐の煮物の作り方をご紹介します。高野豆腐だけを使った、シンプルな…