アジのなめろうのレシピ。梅肉を使った超オススメの作り方。

投稿日:2018年11月28日 更新日:

あじのなめろう

アジのなめろうの超おすすめレシピをご紹介します。

料理研究家の栗原心平さんが考案した「あじと梅肉のなめろう」です。

梅肉を練り込んだなめろうで、味に深みがあり、お酒のおつまみにもピッタリな一品です。

アジ特有の生臭さもないので、とても食べやすいですよ。


また、記事の最後には、アジのなめろうのおすすめレシピをもう2品ご紹介します。

1つめは、ごまと大葉を薬味に加えたなめろう。
あじ漁師が考案したレシピで、ごまのコクと風味がアジにとてもよくマッチします。

2つめは、イタリアン風のなめろう。
作家の辻仁成さんが考案したレシピで、オリーブオイルを使うのが特徴。
バゲットと一緒にいただきます。

あじと梅肉のなめろうイチオシ!

あじのなめろう

栗原さんの「あじと梅肉のなめろう」の作り方です。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【2人分:調理時間5分】
アジ(刺身用にさばいた切り身) 150g
しょうが 1片
長ねぎ 10センチ(20g)
青じそ 3枚
梅肉 20g
味噌 小さじ1
焼き海苔 適量
作り方
  1. しょうが・長ねぎ・青じそをみじん切りにする。梅肉を包丁で叩く。
  2. アジを細かく刻み、焼き海苔以外の材料をまな板の上で叩きながら混ぜ合わせる。
  3. 2を器に盛り、焼き海苔を添えたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

あじのなめろうのレシピ

【工程1・2】
まず、しょうが(1片)・長ねぎ(10センチ:20g)・青じそ(3枚)をみじん切りにし、梅肉(20g)を包丁で叩きます。

次に、アジ(150g)を細かく刻みます。


あじのなめろうのレシピ

続いて、アジ・しょうが・長ねぎ・青じそ・梅肉・味噌(小さじ1)をまな板の上にのせ、包丁で叩きながら混ぜ合わせます。


あじのなめろうのレシピ

【工程3】
最後に、なめろうを器に盛ったら完成。
焼き海苔で巻いていただきます。

このなめろうは、アジと梅肉の相性の良さが印象的です。
梅肉を入れることでさっぱりとしつつも味に深みが増し、また、海苔で巻くことで香ばしさが加わるので、なめろうの美味しさが格段にアップします。

栗原さんによれば、このなめろうは「日本酒と合うようにアレンジした男のおつまみ」。
たしかに、辛口の日本酒とぴったりのクセになる味です。

酒の肴にするもよし、ご飯のお供にするのもよし。
おすすめの一品です。


あじのなめろうのレシピ

ちなみに、このなめろうは「さんが焼き」にしても美味しいです。

作り方はとても簡単。
なめろうを平たい円形にして大葉で巻き、油を引いたフライパンで焼くだけです。

生のままお茶漬けにして食べるのもおすすめです。

続いて、アジのなめろうのおすすめレシピをあともう2品ご紹介します。

アジ漁師のなめろうシンプル!

アジのなめろうの美味しい食べ方。あじ漁師おすすすめのレシピ。

続いてご紹介するのは、アジ漁師おすすめのなめろうです。

薬味にゴマや大葉などを加えたなめろうで、味噌で味を整えます。

ゴマの香ばしい風味がアジにとてもよく合います。

なめろうのスタンダードな味を楽しみたい方にはこのレシピがおすすめ。

詳しい作り方はリンク先をご覧ください。

アジ漁師の高須義隆さんのレシピ
3分
アジの切り身ショウガ大葉味噌胡麻

作り方を見る

イタリアンなめろうパンに合う!

アジのイタリアンレシピ。なめろうをパンにのせるアレンジ料理。

最後にご紹介するのは、作家の辻仁成さんが考案した、なめろうのイタリアン風アレンジレシピ。

唐辛子入りのオリーブオイルで味付けをして、バゲットにのせていただくお料理です。

オリーブオイルを使うので、一般的ななめろうよりもマイルドな味になります。
それでいて少しピリ辛なので、パンに合わせても違和感がありません。

軽食として食べるのもいいですし、ワインのおつまみにもぴったりです。

作家の辻仁成さんのレシピ
13分
バケットアンチョビ入りオリーブアジ長ネギショウガ味噌赤唐辛子入りオリーブオイル

作り方を見る

以上、アジのなめろうのおすすめレシピ3品でした。
同じアジのなめろうとは言え、3品ともまったく違った味わいで美味しいですよ。

関連レシピ