ひよこ豆の冷凍保存。日持ちは1ヶ月!解凍不要でそのまま調理。

投稿日:2019年7月10日 更新日:

ひよこ豆の冷凍

ひよこ豆(ガルバンゾー)は、冷凍保存が可能です。

茹でたものを小分けにして保存袋に詰め、冷凍庫に入れると、1ヶ月ほど日持ちします。

時間がある時に多めに茹でて、冷凍ストックしておくととても便利ですよ。
詳しくお伝えします。

ひよこ豆の冷凍

ひよこ豆の冷凍保存

ひよこ豆の冷凍保存期間:1ヶ月

茹でたひよこ豆は、小分けにして保存袋に移し、中の空気をしっかり抜いて冷凍庫に入れます。
そうすると、1ヶ月ほど日持ちします。

ひよこ豆の茹で方 ちなみに、「ひよこ豆の茹で方」はリンク先を参考にしてください。
乾燥ひよこ豆を水に一晩浸し、30分ほど茹でれば柔らかくなります。
解凍は不要

凍ったひよこ豆を料理に使う時は、解凍せずにそのまま調理します。

サラダにする時は、冷蔵庫に移したりレンジにかけるなどして、解凍してください。

フムスの冷凍保存
フムスの冷凍 ちなみに、中東でよく食べられているひよこ豆のペースト「フムス」も、冷凍保存することができます。

冷蔵するだけではせいぜい5日くらいしか持ちませんが、冷凍すると、1ヶ月の長期保存が可能です。

冷凍の際には、小分けにしてラップでぴったり包み、保存袋に入れます。

ひよこ豆の常温&冷蔵保存

ひよこ豆の保存

ところで、ひよこ豆は、「乾燥」「水煮」「ドライパック」のいずれかの状態でスーパーなどで売られています。
これらはすべて、未開封であれば、常温保存が可能です。

乾燥ひよこ豆

とりわけ、乾燥ひよこ豆は、賞味期限が長く設定されています。
未開封の場合は、冷暗所で保存すれば、だいたい1〜3年くらい大丈夫です。

開封後は、乾燥剤を入れて冷暗所に保存します。
夏場などは、冷蔵庫の野菜室に入れると、より日持ちしやすくなるようです。

ひよこ豆の水煮・ドライパック

また、ひよこ豆の水煮缶詰やドライパックは、未開封で数ヶ月くらいの賞味期限になっています。

ただこちらは、開封後は、あまり日持ちしません。
冷蔵保存のうえ、3〜5日くらいで食べ切ってください。

ひよこ豆のおすすめレシピ

最後に、ひよこ豆のおすすめ料理を2品ご紹介します。
冷凍ストックしたひよこ豆でも作れます。

ひよこ豆のサラダ

1品めは、ひよこ豆をたっぷり使ったインド風サラダです。

トマトやきゅりなどの野菜をダイス状に切り、ひよこ豆を合わせ、クミンやレモンで風味付けします。
香辛料を使っているものの、意外なほど味がすっきりとしているので、ペロッと食べられます。

カレーとの相性がいいのはもちろん、コッテリとした味の肉料理の付け合わせにもぴったりです。

5分
ひよこ豆水煮トマトきゅうり紫玉ねぎパクチーオリーブオイルレモン汁チリパウダークミンパウダー

作り方を見る

ひよこ豆のスープレシピ!トマトの水煮缶と煮込むイタリアンな一品。

2品めは、ひよこ豆とトマト缶を使ったスープ。
玉ねぎや人参、セロリなどをふんだんに使います。

野菜の栄養をたっぷり取れるうえに、ボリュームも満点です。

45分
ひよこ豆水煮カットトマト水煮缶ベーコン玉ねぎセロリの茎にんじんにんにくオリーブオイルローリエ顆粒コンソメこしょう

作り方を見る

関連レシピ