サーモン漬け丼のレシピ。刺し身をたれに漬けてコク旨!簡単な作り方。

投稿日:2020年8月31日 更新日:

サーモン漬け丼

サーモンを使った漬け丼のレシピをご紹介します。

サーモンの刺し身を醤油ベースのタレに漬け込んで、ご飯に盛り付け、卵黄やねぎなどをトッピング。
食べ応えのある豪華な漬け丼で、サーモンのトロッとした食感とともに、濃厚な味を楽しめます。

仕込みはたった3分

味をしっかり染み込ませるには一晩は必要ですが、仕込みの作業時間は3分程度。

サーモンをタレに漬ける サーモンを切って漬けておくだけなので、とても簡単です。

サーモンさえあれば、あとはあり合わせの食材で作れるので、ぜひお試しください。

サーモン丼の作り方

サーモン漬け

「サーモンの漬け丼」のレシピです。

材料【2人分:調理時間3分/一晩置く】
サーモン刺身 180g
卵黄 2個
小ねぎ 適量
刻み海苔 適量
いりごま 適量
ご飯 2人分
たれ
おろし生姜 小さじ1
みりん 大さじ1と1/2
醤油 大さじ1と1/2
作り方
  1. サーモンを8ミリ〜1センチくらいの幅に切り、保存袋に入れる。
    たれの材料を加え、袋の中の空気を抜き、冷蔵庫に一晩入れる。
  2. ご飯を器に盛り、サーモンを並べ、好みで袋に残ったたれをかける。
    卵黄・小ねぎ・刻み海苔をのせ、いりごまをかけたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

サーモンを切る
【工程1】
サーモンのサクを使う場合は、サーモン(180g)を8ミリ〜1センチくらいの幅に切ります。

切れている刺し身の場合は、そのまま使ってください。


サーモンにたれを混ぜる
次に、サーモンを保存袋に入れ、たれの材料を加えます。

たれの材料は、おろし生姜(小さじ1)・みりん(大さじ1と1/2)・醤油(大さじ1と1/2)です。


袋を冷蔵庫に入れてサーモン漬けを作る
そして、袋の中の空気を抜き、口をしっかり閉じて、冷蔵庫に一晩入れます。

しっかり味が染みたサーモン漬けを作るには、最低でも一晩くらい置く時間が必要です。


サーモン漬け丼
【工程2】
一晩経って食べる時は、まず、ご飯(2人分)を器に盛り、その上にサーモンを並べ、好みで袋に残ったタレをかけます。

そして、卵黄(2個)・小ねぎ(適量)・刻み海苔(適量)をのせ、いりごま(適量)をかけたら完成です。

タレに漬け込んだサーモンは、まろやかでコクのある味わい。
サーモンの脂と生姜醤油がいい感じに混ざり合い、深みのある味に仕上がります。

トッピングの卵黄を絡めることでコクがさらにアップして、ユッケのような、濃厚な味を楽しめますよ。

関連レシピ