サーモンの冷凍保存。新鮮な刺身の冷凍はOK!解凍後の生食はNG。

投稿日:2020年9月1日 更新日:

サーモンの冷凍・保存

サーモンの冷凍保存と冷蔵保存について解説します。

サーモンは、お刺身やお寿司やサラダなどにして、生食することがほとんどだと思います。

こうした生食向けのサーモンは、パッケージに賞味期限が記されているのが一般的。
購入したらすぐに冷蔵保存したうえで、賞味期限内に食べるのが基本です。

サーモンの冷凍保存

サーモンは冷凍できる

とはいえ、サーモンが食べきれないということもありますよね。

そんな場合は、鮮度の良いサーモンに限っては、冷凍保存することも可能です。

一方で、賞味期限ギリギリのものを冷凍保存するのは、ちょっとリスキー。
そうしたものは、すぐに食べきるほうが安心です。

サーモンの冷凍保存期間:2週間

解凍したサーモンの生食はNG

なお、鮮度の良いサーモンを冷凍したとしても、解凍して再び生食するのはおすすめできません。
冷凍したサーモンは、念のため加熱調理してから食べてください。

解凍の仕方は、冷蔵庫に移して自然解凍でもいいですし、解凍せずにそのまま加熱調理してもOKです。


サーモンを冷凍する方法

サーモンの冷凍方法
それでは、サーモンの冷凍方法をご紹介します。

サーモンを冷凍するには、まず、サーモンから出たドリップ(水分)をキッチンペーパーなどできれいに拭き取ります。

ドリップには特有の臭みがあるためです。


サーモンの冷凍
次に、お好みで食べやすい大きさに切るなどしてから、ラップでぴったり包みます。

そして、できればその上に、アルミホイルをかぶせてください。
アルミホイルをかぶせると、急速冷凍できるので、鮮度がより保ちやすくなります。

あとは、保存袋に入れて、冷凍庫に移せばお終いです。

味付けして冷凍もいい

なお、サーモンを冷凍する際には、食べやすく切り分けたうえで、あらかじめ味付けしておくのもおすすめです。

サーモン漬けの冷凍 醤油漬けや味噌漬けなど、調味料で味付けしてから保存袋へ。

こうしておくと、袋から取り出して加熱するだけですぐに料理が一品作れるので、とても便利です。


サーモンの冷蔵保存

サーモン冷蔵の日持ちは賞味期限内

サーモンの冷蔵保存
続いて、サーモンの冷蔵保存方法について解説します。

すでにお伝えした通り、入手したサーモンは、速やかに冷蔵保存したうえで、賞味期限内に食べ切るのが基本です。

サーモンを冷蔵保存する場合は、乾燥を防ぐためにラップでぴったりと包んで、冷蔵庫の中でも比較的温度が低い、チルド室(あればパーシャル室)へ。
そうすると、2日ほど日持ちします。

サーモンの冷蔵保存期間:2日程度(賞味期限内)


以上、サーモンの冷凍と冷蔵についてお伝えしました。
サーモンの鮮度なども考慮して、2つの保存方法を上手に使い分けてください。

ところで、当サイトでは、サーモンを使ったおすすめレシピもご紹介しています。

サーモンの切り身の活用法(サーモンの漬け丼) 例えば、サーモンを生姜醤油に漬けてつくる「サーモンの漬け丼」のレシピ。

サーモンのトロッとした食感とともに、濃厚な味を楽しめる一品ですよ。

関連レシピ