やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

銀杏の栄養と効能。栄養豊富だが食べ過ぎには注意!ぎんなんの毒性も解説

投稿日:

銀杏(ぎんなん)の栄養とその効能について解説します。

銀杏は、特にでんぷんの含有量が高く、他には、カリウムやマグネシウムなどのミネラルも豊富です。
また、カロテンやビタミンCなども含まれています。

ただ、その一方で、ビタミンB6の働きを阻害する中毒物質も含まれているので、食べ過ぎには注意が必要です。

銀杏は、栄養摂取を目的としてバクバク食べるものではなく、旬の味を楽しむために少量を食べるものと考えてください。

ぎんなんの栄養

カリウム

生の銀杏100gあたり、カリウムは、710mg含まれています。

例えば、パセリはカリウムが豊富に含まれている野菜ですが、その含有量は1,000mg。
銀杏の場合はそれには及ばないものの、かなり多い部類と言えます。

このカリウムの働きは、厚生労働省のページでは次のように解説されています。

人体に必要なミネラルの一種で、浸透圧の調整などの働きをする。
ナトリウムを排出する作用があるため、塩分の摂り過ぎを調節する上で重要。

厚生労働省 e-ヘルスネット(※1)


マグネシウム

マグネシウムは、100gあたり48mgです。

このマグネシウムは、生落花生が断トツに多く、含有量は100mg。
でも、銀杏も十分に多い部類です。

人体に必要なミネラルの一種で、リンやカルシウムとともに骨を形成するほか、体内のさまざまな代謝を助ける機能を持つ。

厚生労働省 e-ヘルスネット(※2)


βカロテン

βカロテンの含有量は少なめです。

100gあたり260μg。
皮つきのにんじんは8,600μgなので、それと比べると、見劣りします。

これらは活性酸素の発生を抑え、取り除く作用を持っています。このため活性酸素の働きで作られる過酸化脂質が引き起こす動脈硬化を予防したり、老化やがんの発生に対しても効果があると考えられます。

厚生労働省 e-ヘルスネット(※3)


ビタミンC

ビタミンCも含まれていますが、特段多いわけではありません。
100gあたり20mgです。

ビタミンCが多く含まれる食材といえば赤ピーマンが有名ですが、赤ピーマンは170mgのビタミンCを含んでいます。

なお、ビタミンCには次のような効果が期待できます。

  • 活性酸素の働きやコレステロールの増加を抑える。
  • 傷の治癒に必要なコラーゲンの生成を助ける。
  • 鉄分の吸収を促し、免疫系の働きを助ける。

銀杏には、これ以外にも、ビタミンB群やビタミンE、たんぱく質や脂質なども含まれています。

なお、銀杏のカロリーは、1粒を2gとすると、1粒あたり約3.4kcalです。

ぎんなんに含まれる毒素


銀杏には「4′-メトキシピリドキシン」という毒性のある成分も含まれています。
銀杏を多く食べ過ぎると、おう吐や下痢、呼吸困難やけいれんなどを引き起こすことがあるので、注意が必要です。

この成分について、東京都福祉保健局のページでは次のように説明されています。

ビタミンB6は、脳内の神経伝達物質の生成に重要な役割を担っています。ギンナンには、ビタミンB6と構造の似た4′-メトキシピリドキシンを含んでおり、摂取するとビタミンB6の働きを阻害し、数時間のうちにビタミンB6欠乏症となり、中毒になると考えられています。

東京都福祉保健局(※4)

また、公益財団法人日本中毒情報センターのページでは、次のように注意喚起されています。

患者は5歳以下の子どもが7割を占め、嘔吐やけいれんがみられた例もあります。茶わん蒸しに入っている程度のギンナンを食べて症状が出現した例は把握していませんが、5歳以下の子どもには食べさせないほうがよいでしょう。
また、大人でも食べ過ぎると中毒を起こすことがありますので、食べ過ぎないように注意しましょう。

日本中毒情報センター(※5)

銀杏を料理に使う場合は、これらの面も踏まえつつ、ケースバイケースで判断してください。

※1 厚生労働省 e-ヘルスネット「カリウム」
※2 厚生労働省 e-ヘルスネット「マグネシウム」
※3 厚生労働省 e-ヘルスネット「カロテノイド」
※4 東京都福祉保健局
※5 公益財団法人日本中毒情報センター

関連記事

りんごの栄養と健康効果。毎日のりんごで医者いらず!栄養成分を解説。

りんごに含まれる栄養と、その健康効果についてお伝えします。「1日1個のりんごは医者を遠ざける」と言われるほど、りんごは栄養価が高い食べ物です…

セロリの栄養と効能。カリウムや香り成分がポイント!血圧低下や精神安定に

セロリに含まれる栄養と健康効果を解説します。セロリには、高血圧予防に効果的なカリウムが豊富に含まれており、また、セロリの香り成分には、精神の…

セリの栄養成分と効果効能。βカロテンが豊富!栄養を逃さない食べ方も紹介

せり(芹)に含まれる栄養と効果効能について解説します。せりの栄養面での特徴としては、次の4つが挙げられます。βカロテンが豊富。⇒抗酸化作用ビ…

人参の栄養と健康効果。加熱・すりおろし・皮ごと調理で栄養アップ!

人参には、カロテン・ビタミンC・カリウム・カルシウムなどの栄養成分が豊富に含まれています。特に注目すべき栄養素は、βカロテン。人参に含まれる…

空芯菜の栄養と効果効能。βカロテンが豊富!油で炒めて吸収率アップ。

空芯菜(くうしんさい・ヨウサイ)に含まれる栄養と、その効果効能についてお伝えします。空芯菜の栄養面での特徴としては、次の3つが挙げられます。…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

大根の煮物レシピ。柔らかくて濃厚な味わい!シンプルで美味しい作り方。

大根の煮物のシンプルレシピをご紹介します。美味しく作るコツは、大根の皮…

イカわたパスタのレシピ。まったり濃厚!ニンニクでさらに美味しさUP。

イカわたを使った、手軽なパスタのレシピをご紹介します。イカのはらわたを…

鶏もも肉の茹で方と茹で時間。余熱でじっくり!柔らか茹で鶏の作り方。

鶏もも肉の上手な茹で方と、茹で鶏にぴったりなネギソースのレシピをご紹介…

菜の花の胡麻和え。すりごまの香ばしい風味が好相性!簡単5分レシピ。

菜の花の胡麻和えのレシピをご紹介します。王道のごま和えレシピになってい…

ほうれん草と豚こまのマヨ醤油炒め。マヨネーズで簡単!コク旨レシピ。

ほうれん草と豚こまを使った簡単おかずレシピをご紹介します。ほうれん草と…