銀杏の炊き込みご飯レシピ。塩だけで旨い!ぎんなんご飯の作り方。

投稿日:2020年12月9日 更新日:

銀杏ご飯(ぎんなんの炊き込みご飯)

銀杏(ぎんなん)を使った炊き込みご飯のレシピをご紹介します。

銀杏の粒に風味がギュッと詰まっているので、味付けはシンプルに塩だけでOK。
かすかに苦味のある独特の旨さが口のなかに広がって、熱々のご飯とともに、とても美味しくいただけます。

いつもどおり研いだお米に、殻を取って薄皮をむいた銀杏をごろごろ入れて、炊飯器で炊き上げればできあがり。
秋の味覚を自宅で手軽に楽しめますよ。

銀杏の炊き込みご飯

レシピ動画

「シンプルが旨い!ぎんなんの炊き込みご飯」のレシピです。

材料

2合分:調理時間15分/炊飯を除く
銀杏 30〜40粒
2合
小さじ1

作り方

ぎんなんの殻を割る
ぎんなんの殻をむく

まず、銀杏(30〜40粒)を布巾の上に並べ、金づちなどで叩いて殻にヒビを入れ、殻をむきます。

銀杏の殻は、金づちを使うと、ラクにむけるのでおすすめです。
ただ、あまり強く叩きすぎると銀杏が潰れてしまうので、あくまでも軽くヒビを入れる程度にしてください。


殻を割ったぎんなんを水に浸ける
ぎんなんの薄皮をむく

次に、銀杏を30秒〜10分ほど水にひたして薄皮をふやかし、きれいにむきます。

生の銀杏は、そのままだと薄皮がむきにくいのですが、水に浸してふやかすと、するっとむけるようになります。

銀杏の薄皮の取り方と殻の割り方」が分かりにくい場合は、リンク先で詳しく解説していますので、参考にしてください。


ぎんなんとご飯を炊飯器に入れる

続いて、米(2合)を研ぎ、炊飯器の釜に入れます。
そして、水を2合の目盛りまで注ぎ、銀杏と塩(小さじ1)を加え、普通の白米モードで炊きます。

米の研ぎ方(洗い方)」が分からない場合は、リンク先の解説をご覧ください。


銀杏の炊き込みご飯(ぎんなんごはん)

炊きあがりは、こういう感じです。
銀杏が黄色く色づいて、白いご飯に映えます。

炊飯器で炊いた銀杏は、適度に弾力があって、モチッとした食感。
噛むと、かすかにほろ苦い、大人好みの味を楽しめます。

味付けは塩だけですが、そのシンプルさが逆に、銀杏の味を引き立ててくれます。
銀杏の味を堪能するのにピッタリのレシピです。

関連レシピ