この焼き方が一番!焼きとうもろこしのレシピ。たれは醤油だけで旨い。

投稿日:2021年6月15日 更新日:

焼きとうもろこし

屋台なみの美味しさがおウチで楽しめる、焼きとうもろこしの絶品レシピをご紹介します。

グリルと電子レンジを併用する焼き方になっていて、焼きとうもろこしの作り方としては、これが一番おすすめです。

レンジで中まで軽く火を通し、グリルで表面を一気に加熱。
フライパンで調理するとこんがりとした焼き目が付きにくいのですが、魚焼きグリルだったら短時間で香ばしくてジューシーに焼き上がります。

また、たれについては、シンプルに醤油だけが美味しいです。
焦げた醤油の風味が加わって、味わい深く仕上がります。

コクをよりアップさせたい場合は、最後にバターを塗るのもおすすめなので、お好みで試してみてください。

とうもろこしの焼き方

レシピ動画

「おウチで絶品!焼きとうもろこし」のレシピです。

焼きとうもろこしの材料

調理時間10分
とうもろこし 1〜2本
醤油 大さじ1/2程度
バター 好みで5〜10g
カロリー
1本179kcal

焼きとうもろこしの作り方

とうもろこしの茎を折る
まず、とうもろこし(1〜2本)の茎が付いている場合は、手で折るか、包丁で切り落とします。

茎があると、レンジのマイクロ波がそこに集中しやすいので、あらかじめ取り除いておきます。


とうもろこしをレンジで加熱する
そして、とうもろこしにふんわりとラップをかぶせます。
電子レンジ(600w)で2分半加熱し、ひっくり返してさらに2分半加熱します。

2本の場合も1本ずつ加熱

2本のとうもろこしを調理する場合も、1本ずつレンチンしてください。
2本一度にレンジに入れると、加熱ムラができやすいためです。

なお、先に加熱したとうもろこしは、冷めてしまわないように、2本めが加熱し終えるまでラップを取らずにそのまま置いておきます。


魚焼きグリルでとうもろこしを焼く
次に、あらかじめ温めておいたグリルに、とうもろこし(1〜2本)を並べ、軽く焦げ目が付くまで中火で2〜3分焼きます。

グリルを温めておく

魚焼きグリルは、あらかじめガンガンに温めておきます。
そうすると、短時間で焼けるので、こんがりとしたきれいな焼き目を付けつつ、ジューシーさもキープできます。


焼いたとうもろこしにたれを塗る
続いて、とうもろこしをいったん取り出します。
大きめの皿に醤油(大さじ1/2程度)を入れ、とうもろこしを回しながら表面全体に醤油を付けます。


とうもろこしをアルミホイルにのせてグリルで焼く
そして、今度はグリルにアルミホイルを敷いて、焼き目が浅い方を上にしてとうもろこしを並べます。


焼き上がったとうもろこし
中火で1〜2分焼いて全体をこんがりとさせたら焼き上がりです。


焼きとうもろこしをバターで味付けする
お好みでバター(5〜10g)を塗っていただきます。


焼きとうもろこし
とうもろこしは、やはり、こうしたシンプルな食べ方が一番。
焦げた醤油の風味が加わって、とうもろこしの甘みがグッと引き立ちます。

また、レンジとグリルを併用しているため、ジューシーさと香ばしさがいい感じに同居しています。
とても簡単に作れますが、かなり満足度が高いですよ。

新鮮なとうもろこしがおすすめ

ちなみに、とうもろこしの味にこだわるのなら、できるだけ新鮮なものを選ぶのも大切です。

とうもろこしは、時間の経過とともに甘みと栄養がどんどん失われていきます。
ですから、ムリに保存しようとせず、買ってきたその日に調理して、ぜひ夏の味を堪能してください。

関連レシピ