とうもろこしの粒の取り方。道具は包丁だけ!実の外し方を動画で解説。

投稿日:2020年6月11日 更新日:

とうもろこしの粒の取り方

レシピ動画

生とうもろこしの粒の外し方(ばらし方)をご紹介します。

とうもろこしの実を、包丁を使って取る方法です。

特別な道具などは一切不要。
慣れてしまえば、包丁を使うのが一番簡単です。

2パターンの実の取り方

やり方は大きく分けて2つあります。

1つは、包丁でざっくりと切り落とす方法。
もう1つは、少しずつ丁寧に包丁を入れていく方法です。

とうもろこしの粒の外し方
簡単
ざっくり
とうもろこしの身の取り方
綺麗
少しずつ

ざっくりと切り落とすと、実の根元部分までは切り離せませんが、短時間で処理できます。

反対に、少しずつ包丁を入れると、実の根元部分を綺麗に切り離すことが可能です。
実の根元部分も一緒に切り離すので、その分、栄養をムダなく摂れますが、一方で、食感が少し固くなりがちです。

どちらを選ぶかはお好みで。
ちなみに、私はざっくり切り落とす派です。

とうもろこしの実の簡単な取り方

とうもろこしを手で半分に折る
こちらは、包丁でざっくりと切り落とす方法です。

まず最初に、とうもろこしを手で半分に折ります。

とうもろこしを包丁で半分に切る 包丁の方が使いやすければ、包丁で切ってもかまいません。

包丁でとうもろこしの実をそいで取る
そして、とうもろこしの断面を下にして置き、とうもろこしを回しながら、上から包丁を入れてそいでいきます。

作業としてはこれだけでOK。
このそぎ方はとても簡単です。

とうもろこしの実の綺麗な取り方

とうもろこしを手で半分に折る
こちらは、とうもろこしの粒を根元まで綺麗に取る方法です。

まず、先の方法と同じように、とうもろこしを半分に切ります。


とうもろこしに包丁で切れ込みを入れる
次に、とうもろこしの粒に沿ってV字の切り込みを入れ、実を2列くらい取り除きます。


とうもろこしの実の取り方
続いて、実が取れたところから、実の根元の部分に包丁の刃を入れます。


とうもろこしの粒を取り外す
あとは、そのまま包丁をグッと引き上げるようにして、芯から実を外すだけです。

これをぐるっと1周繰り返せば、とうもろこしの実がきれいに取れます。


綺麗な取り方をしたとうもろこし
この方法だとある程度手間がかかりますが、実の根元部分までムダなく使えますよ。

外した実を使ったレシピ

なお、取り外した生のコーンは、サラダや和え物はもちろんのこと、他にも色々なお料理に使えます。

とうもろこしご飯のレシピ たとえば、ご飯と一緒に炊けば、「とうもろこしごはん」のできあがり。
とうもろこしのおやき ベーコンと一緒に衣を付けて、スプーンですくってフライパンで焼けば、「とうもろこしのおやき」が作れます。

とうもろこしの甘みのおかげで、お料理に特別感が生まれます。
詳しい作り方については、リンク先を参考にしてください。

関連レシピ