とうもろこしごはんのレシピ。人気のバター風味!炊飯器で炊き込みご飯

投稿日:2015年6月22日 更新日:

とうもろこしご飯

レシピ動画

とうもろこしご飯(とうきびごはん)のおすすめレシピをご紹介します。

とうもろこしの甘みとバターのコクを活かした、人気の炊き込みごはんのレシピです。

コーンご飯の簡単レシピ

作り方は簡単で、とうもろこしの実を包丁で削いで、米・バター・酒を加え、炊飯器で炊き上げれば完成です。

とうもろこしごはん
残った芯も一緒に炊くことで、とうもろこしのエキスがじんわりと溶け出して、味わい深いとうもろこしご飯に仕上がります。

コーンの存在感というのは、やはり、なかなかのもの。
ふっくらとしたご飯の中に、甘みのある粒々が点在しているだけで、お料理に特別感が生まれます。

白米の軽快な食感も手伝って、ペロッと美味しくいただけますよ。

とうもろこしの炊き込みご飯

「とうもろこしごはん」のレシピです。

レシピの分量は2合分になっていますが、1合でも3合でも5合でも、同じ手順で作れます。
その場合は、米の量に応じて水の量を変え、とうもろこしは、米2合に対して1本を目安に、量を調整してみてください。

材料

調理時間7分/炊飯時間除く
とうもろこし 1本
2合
バター 10g
小さじ1
大さじ1

作り方

丸ごとのとうもろこしを半分に切る

【工程1】
最初に、とうもろこし(1本)を半分に切ります。

あらかじめ半分に切ると、あとで実を削ぎ落としやすくなります。

手で折っても良い

なお、この工程は、写真のように包丁を使ってもいいですし、手で折ってもいいです。
とうもろこしは、手でも簡単に2つに折れます。

とうもろこしの切り方


とうもろこしの実を削ぐ

次に、包丁を使って、とうもろこしの実を削ぎ落とします。


米をとぐ

続いて、米(2合)を洗います。

米の研ぎ方(洗い方)


炊飯器に米を入れる

【工程2】
米を洗ったら、炊飯器に入れ、2合の目盛りまで水を注ぎます。

水の量は通常通り

水加減は、普通の白ごはんを炊く場合と同じでOKです。


米にバターを加える

次に、バター(10g)・塩(小さじ1)・酒(大さじ1)を加えます。


とうもろこしご飯を炊飯器で炊く

続いて、とうもろこしの芯と実をのせます。

【調理のコツ】
とうもろこしの残った芯は旨味が豊富なので、一緒に炊きます。

とうもろこしの芯を一緒に加えて炊くと、とうもろこしの旨味を余すことなく堪能できます。

また、芯に残った実の胚芽の部分には、ビタミンB1・B2・Eや脂肪酸などが多く含まれているので、栄養面のからもおすすめです。

炊飯器
そして、この状態でフタをして、普通に炊きます。

炊飯器で炊いたとうもろこしの混ぜご飯

炊き上がったら、芯を取り出します。


コーンご飯をしゃもじで混ぜる

最後に、しゃもじで軽く混ぜたら完成です。


とうもろこしご飯

炊飯器で炊くことで、お米だけでなく、とうもろこしもちょうど良い柔らかさに仕上がります。

バター風味の白米と、コーンの相性も良好。
しっかりとしたコクと自然な甘みが口の中に広がって、とても美味しくいただけます。

とうもろこしの炊き込みご飯のおすすめレシピです。
旬のとうもろこしが店頭に並んでいるうちに、ぜひお試しください。

関連レシピ