バターがよく合う!ラタトゥイユオムレツ。ふわとろ味変レシピ。

投稿日:2021年9月7日 更新日:

ラタトゥイユオムレツ

ラタトゥイユを具材にした、豪華なオムレツのレシピをご紹介します。

ラタトゥイユは、野菜をふんだんに使った煮込み料理で、濃厚な旨みが特徴的。
このオムレツは、そうしたラタトゥイユの味を活かしつつ、バターの風味と半熟卵のふわトロ感をプラスすることで、マイルドでコクのある味に仕上げます。

ラタトゥイユは作り置きに向いたお料理なので、大量に作ることが多いと思います。
もし、せっかく作ったラタトゥイユが食べきれないという場合には、今回のようにほんの少し手を加えて、味の変化を楽しむといいですよ。

レシピ動画

「ふわトロ!ラタトゥイユオムレツ」のレシピです。

材料

1人分:調理時間4分
ラタトゥイユ※ 120g
2個
バター 10g
塩こしょう 適量

※どのような味付けのラタトゥイユでもOK。手作りする場合は「本格ラタトゥイユ」のレシピを参考にしてください。

作り方

ラタトゥイユを電子レンジで温める
【工程1】
まず、ラタトゥイユ(120g)をレンジで温めます。

ちなみに、ラタトゥイユは、市販のお惣菜でも手作りしたものでもOK。
どんなラタトゥイユでも使えます。

これから手作りするという場合は、当サイトいちおしの「本格ラタトゥイユ」のレシピを参考にしてください。

ラタトゥイユの具材
使う具材その1
ラタトゥイユの具材
使う具材その2

ラタトゥイユの具材を炒める
なすなどを炒める
ラタトゥイユを加える
トマトなどを加える

ラタトゥイユの材料を煮込む
煮込む
ラタトゥイユ
できあがり


卵に塩コショウを混ぜる
【工程2】
次に、卵(2個)をボールに割り入れ、塩こしょう(適量)を加えて、よく混ぜて卵液を作ります。


フライパンにバターを溶かす
【工程3】
続いて、小さめのフライパンを熱して、バター(10g)を溶かします。

小さいフライパンを使う

フライパンの大きさは、20センチくらいの小さめが使いやすいです。
あまり大きいと、卵の焼き上がりが薄くなって全体に火が通りやすくなるので、半熟状に仕上げにくいです。


バターを溶かしたフライパンに卵液を流し入れる
バターが溶けたら、卵液を一気に流し入れます。


卵液をヘラで混ぜて半熟に固める
そして、ヘラで軽く混ぜながら半熟状に固めます。


卵を半分に折ってラタトゥイユにかぶせる
卵が半熟に固まってきたら、ラタトゥイユを卵の半面にのせ、残りの半面をフライ返しでラタトゥイユにかぶせます。


出来上がったラタトゥイユオムレツ
そうすると、オムレツの形になります。

フライ返しで卵をかぶせる時は、フライパンを少し振って、その反動を利用すると、失敗しません。


ラタトゥイユオムレツをフライパンごとひっくり返す
ラタトゥイユオムレツを皿に取り出す

オムレツができたら、フライパンごとひっくり返して皿に取り出します。


ラタトゥイユオムレツ
ラタトゥイユ自体がとても美味しいので、それを具材にしたオムレツも、美味しくないわけがありません。

ラタトゥイユは、野菜の旨みがギュッと詰まっていて、濃厚な味わい。
卵とバターで包み込むことで、それぞれの野菜の味がさらに馴染み、丸みを帯びた、とても食べやすい味に仕上がります。

ラタトゥイユさえあれば、あとは卵で包むだけなので、忙しい日でも簡単に作れますよ。

関連レシピ