たけのこの皮の剥き方。どこまでむくかも解説!茹で筍&生筍の皮むき。

投稿日:2022年4月22日 更新日:

たけのこの剥き方

たけのこ(筍・竹の子)の皮の剥き方を解説します。

たけのこの皮は幾重にも重なっているので、どの部分が皮で、どこまで食べられるのか、少し分かりにくいですよね。

そこでこの記事では、たけのこの皮は一体どこまでむくべきか、「茹でたたけのこ」と「生のたけのこ」のそれぞれについて、分かりやすくお伝えします。

たけのこは、クリーム色の柔らかい部分であれば、基本的には美味しく食べられます。

レシピ動画

茹でたたけのこの皮の剥き方

生たけのこに縦に切れ目を入れる
たけのこを茹でる

それでは、まず最初に、茹でたたけのこの皮の剥き方を解説します。

たけのこを茹でる際には、皮付きの状態のまま浅く切れ目を入れて、さらに先端部分を斜めに少し切り落としてから鍋に入れるのが一般的です。
そのため、ここでは、そのように茹でた場合の剥き方をお伝えします。


筍の皮の切れ目に指を入れる

まず、たけのこの切れ目に指を入れ、皮を少しずつ両サイドに開いて、その都度、皮を取り除きます。

たけのこの表皮は焦げ茶色をしていますが、何枚かむいていくうちに、だんだんと薄茶色になっていきます。
そしてさらに剥くと、根元に近い部分から、実の部分と同じようなクリーム色(白っぽい色)に変化していきます。


たけのこの実が先端までクリーム色になったところ

皮を剥きすすめて、写真のように、たけのこの実の先端部分までクリーム色になったら、そこでむくのを止めます。

全体がクリーム色になるまで剥く

茹でたたけのこは、どこまで皮をむくのか?
おすすめは、先端部分がクリーム色になるまでです。
つまり、たけのこ全体がクリーム色になるまでむくということです。

ここまでむけば、たけのこ全体が柔らかくて食べやすくなっています。


皮を剥いたたけのこと姫皮

ちなみに、たけのこの先端部分をさらにむいていくと、たけのこの尖った部分である「穂先」が出てきて、たけのこらしい円錐形になります。

先端の薄皮「姫皮」は食べられる

穂先を覆っている皮は、「姫皮」と呼ばれていて、柔らかくてとても食べやすい部分です。

この姫皮は、先ほど剥いた皮の一部にも含まれています。
皮の下の方にある「クリーム色の柔らかい部分」も姫皮なので、茶色い皮を切り離せば、料理に使えます。

姫皮の利用法としては、和え物などが人気があります。

たけのこの皮レシピ(梅おかか和え)
たとえば、包丁で叩いた梅干しと鰹節を混ぜて、「姫皮の梅おかか和え」にすると、とても美味しいです。


たけのこの根元のブツブツを切り落とす

皮をむき終えたたけのこは、基本的には柔らかくて食べやすいのですが、根元に残ったぶつぶつとした部分だけは、取り除くのがおすすめです。

この部分は食感がかたく、エグミもやや残りやすいので、包丁で削ぎ落としてから使ってください。

生たけのこの皮の剥き方

皮付きの生たけのこ

続いて、生たけのこの皮の剥き方を解説します。

たけのこは、掘りたての新鮮なものであれば、皮をむいてそのまま料理に使えます。
たけのこのアクは時間の経過とともに増えていきますが、掘ってすぐのものであれば、あく抜きしなくても美味しくいただけます。

生たけのこの食べ方として人気があるのは、「お刺身」・「焼きたけのこ」・「炊き込みご飯」などです。

時間が経過した筍は皮をむかずに茹でる

なお、スーパーなどに並んでいる、掘ってからある程度時間が経過したたけのこは、生のままだとかなり食べづらいです。

こうしたたけのこを食べる場合は、皮をむかないで、まずは皮付きのまま茹でて、あく抜きしてから使います。

たけのこのあく抜きの方法」については、リンク先を参考にしてください。

生筍の根元を切り落とす

それでは、生たけのこの皮をむく手順をお伝えします。

まず、たけのこの根元にかたい部分や汚れた部分があれば、少し切り落とします。


生筍を縦半分に切る

次に、たけのこを縦半分に切ります。

縦半分に切ると皮が剥きやすい

たけのこを縦方向に半分に切ると、皮がとてもむきやすくなります。
幾重にも重なった皮を、瞬時にするっと剥くことができます。

丸ごと剥かずに切ってから剥く

とは言え、料理によっては、縦半分に切るのが不都合な場合もあるかと思います。
そんな時は、好みの形に切ればOKです。

たけのこは、丸ごとそのまま皮をむくよりも、切ってから、その切り口をきっかけにむく方が断然ラクチンです。


筍の皮の剥き方

縦半分に切ったたけのこは、皮むきがとても簡単です。

皮をつかんで引くだけで、ほんの一瞬で皮と実を切り離すことができます。

生筍の皮はどこまで食べられるか

ちなみに、残ったたけのこの皮は、クリーム色の柔らかい部分(姫皮)だったら食べられます。
茶色い皮の部分を切り離して、和え物や味噌汁の具材にするなどして、ムダなく使うのがおすすめです。


皮を剥いたたけのこの根元のブツブツを切り落とす

皮をむいた生たけのこは、茹でたたけのこと同様に、根元にあるぶつぶつを包丁で削ぎ落とします。
そして、お好みの形に切るなどしてから使います。


以上、たけのこの皮の剥き方についてお伝えしました。

冒頭でもお伝えしたとおり、たけのこは、基本的には、クリーム色の柔らかい部分は美味しく食べられます。
こうした点を基準に判断すれば、たけのこの可食部を簡単に見分けられますよ。

関連レシピ