肉じゃがのリメイクコロッケのレシピ。肉じゃがの残りを美味しくアレンジ

投稿日:2022年10月4日 更新日:

肉じゃがリメイクコロッケ

肉じゃがコロッケのおすすめレシピをご紹介します。
肉じゃがの残りをアレンジした、人気のリメイクレシピです。

使用する肉じゃがは、基本的にはどんなものでもOK。
味付けや具材、汁気の量を問わず、美味しく作れます。

水っぽい肉じゃがでも作れる

ポイントは、パン粉をつなぎにすることです。
適度に水分を吸ってくれるので、タネがゆるくならず、とても簡単に揚げられます。

パン粉の量は、わりと自由に調整可能です。
水っぽい肉じゃがを使う場合は、パン粉を多めに混ぜるといいですよ。

レシピ動画

「簡単で美味しい!肉じゃがコロッケ」のレシピです。

材料

4個分:調理時間15分
肉じゃが 250g
パン粉 大さじ1〜3
こしょう 少々
揚げ油 1センチ
小麦粉 大さじ2〜3
溶き卵 1個分
パン粉 適量
  • パン粉の量は、肉じゃがの水分に応じて調整する。詳しくは下の文中参照。

作り方

肉じゃがの水気を切る

まず、肉じゃがをザルに上げ、水気をしっかり切って、250gほど用意します。

水気をきっちり取り除く

使用する肉じゃがは、どのような具材を使ったものでもいいです。
また、煮汁が残っているものでも構いません。
ただし、水分はしっかり取り除いてから使います。

参考:肉じゃがの作り方


肉じゃがを潰す

肉じゃがをボールに入れ、お肉やしらたきや玉ねぎをキッチンバサミで細かく切り、じゃがいもや人参をフォークで潰します。


肉じゃがにパン粉を加える

そして、肉じゃがにパン粉(大さじ1〜3)とこしょう(少々)を加え、よく混ぜてたねを作ります。

ゆるい場合はパン粉を増やす

肉じゃがが元々水っぽい場合や、しらたきを具材に使っている場合は、パン粉を大さじ1加えたとしても、まだゆるいことがあります。

あまりにタネがゆるすぎると扱いにくいので、そういう場合は、パン粉を大さじ3まで増やしてください。
パン粉を増やしても、美味しく仕上がります。


肉じゃがコロッケのタネの形を整える

次に、肉じゃがのたねを4等分して、それぞれを平たい楕円形に整えます。


肉じゃがコロッケのタネに小麦粉をまぶす

そして、小麦粉(大さじ2〜3)を万遍なくまぶします。

小麦粉なしで作る場合は、同量の片栗粉で代用してもいいです。


肉じゃがコロッケのタネを溶き卵にくぐらせる

小麦粉をまぶしたら、溶き卵(1個分)にくぐらせ、パン粉の上にのせます。

卵は、コロッケに付けやすいように少し多めの分量になっています。
残ったら、味噌汁などに使ってください。


肉じゃがコロッケのタネにパン粉をまぶす

そして、パン粉(適量)を万遍なくまぶします。


揚げ油を温める

続いて、揚げ油をフライパンに1センチほど注ぎ、170〜180度に温めます。

油の温度の見方

170〜180度になっているか見極めるには、菜箸の先を水で濡らして、布巾で水気をしっかり拭き取ったあとに、油の中に入れてみるといいです。


右の動画のように、少し大きめの泡がさかんに出始めたら、170〜180度くらいに温まっています。


肉じゃがコロッケを揚げる

油が温まったら、コロッケを入れ、両面がこんがりとするまで2〜3分揚げます。

肉じゃがコロッケには、揚げないでオーブントースターなどで焼くレシピもありますが、個人的には、やはり揚げるのが美味しいと思います。


肉じゃがコロッケの両面をこんがりと揚げる

片面がこんがりとしたら、途中でひっくり返して、トータルで2〜3分揚げてください。

油から取り出し、油を切り、お皿に盛り付けたら完成です。


肉じゃがコロッケ

衣はサクサクで、中はしっとりと仕上がります。
油で揚げることでコクがぐっとアップするので、元の肉じゃがとはまた違った美味しさを楽しめます。

余った肉じゃがのアレンジレシピ。
お弁当のおかずとしてもおすすめですよ。

関連レシピ