肉じゃがの献立36選。主菜も副菜も!付け合わせに最適なおかずを紹介

投稿日:2022年10月11日 更新日:

肉じゃがの献立

肉じゃがに合う献立をご紹介します。

肉じゃがは、和風の味付けのものが定番です。
そのため、肉じゃがに付け合わせるお料理も、やはり和食が合います。

主食だったらご飯が一番合いますし、汁物であれば、味噌汁が合わせやすいです。

定番の献立

なお、肉じゃがは、具材の種類や量によって、主菜にも副菜にもなるお料理です。

たとえば、お肉をたっぷりと使った肉じゃがなら、立派なメイン料理になります。
そうした豪華なものには、野菜のおひたしや焼き物などのおかずがよく合います。

一方で、お肉が少なめの肉じゃがは、サイドメニューとして便利です。
そうした肉じゃがの場合は、魚料理をメインにすると、満足度がアップします。

この記事では、肉じゃがにおすすめの献立の組み合わせを、主菜・副菜・主食・汁物・デザートの順にご紹介します。
肉じゃが定食の献立選びに迷った時や、もう一品おかずが欲しい時などに、ぜひ役立ててください。

肉じゃが
ちなみに、これから肉じゃがを作るのなら、「肉じゃが」のレシピがおすすめです。
牛肉でも豚肉でも作れる王道レシピを紹介しています。

主菜

まずは、主菜からお伝えします。
肉じゃがは肉を使ったお料理なので、魚料理を選ぶと、合わせやすいです。

刺身


たとえば、お刺身にすると豪華ですし、子供からお年寄りまで幅広い年齢層にウケると思います。
数種の魚を盛り合わせてドンと出してもいいですし、なめろうにして軽く付け合わせるのもアリです。

魚の塩焼き


シンプルな魚の塩焼きも、肉じゃがとよく合います。

さんまやぶりの他には、「塩サバ」や「焼きししゃも」や「鮭の塩焼き」などもおすすめです。
魚を焼くだけなので、調理もとても簡単です。

鮭の料理


こちらは、鮭を使ったお料理。
鮭のちゃんちゃん焼き」と「鮭のホイル焼き」です。

肉じゃがは甘辛い醤油味に仕上げるのが定番ですけど、この2品だったら、味噌バター味とか塩バター味なのでかぶりませんし、野菜もたっぷり食べられます。
作り方は、リンク先を参考にしてください。

ガッツリ肉料理


肉じゃがに肉料理を合わせてガッツリ食べたい日もあると思います。

そういう場合は、鶏肉を使った揚げ物や炒め物を合わせるのはいかがでしょうか。
肉じゃがには牛肉や豚肉が使われることが多いので、鶏であれば食材がかぶりにくいです。
しかも、油で揚げるなどすれば、十分な満足感を得られます。

副菜

副菜に関しても、和風のものと相性がいいです。
肉じゃがに使われる野菜は根菜中心なので、たとえば、葉物野菜を使ったおひたしや和え物などはよく合います。

一方で、肉じゃが自体が煮物なので、味付けや具材を変えたとしても、煮物はあまり合わないと思います。

おひたし


おひたしだったら、どんな野菜を使っても、肉じゃがと合わせやすいです。

定番のほうれん草や小松菜だけでなく、なすピーマンゴーヤチンゲン菜春菊アスパラなどでもOK。
冷蔵庫の中身と相談してみるのも良いと思います。

卵料理

肉じゃがの副菜(卵焼き)
卵焼き
肉じゃがの副菜(味付け卵)
味付け卵

和風の卵料理も、肉じゃがとの相性がぴったりです。

王道の厚焼き卵や味付け卵などは、肉じゃがをお弁当のおかずにする時にも重宝します。

和え物


肉じゃがに合う副菜を作りたいのなら、「キャベツ塩昆布サラダ」はとても簡単です。
キャベツを手でちぎって、塩昆布・ごま油・いりごまで和えたら完成。
ご飯との相性もいいです。

また、少し手をかけたいという場合は、豆腐を使って白和えを作るのもいいですよ。
たとえば「ほうれん草の白和え」です。

他にも、和え物だったら、胡麻和えもいいですし、みょうがやきゅうりをおろし生姜や醤油で和えてさっぱりとしたお料理にするのもおすすめです。

焼き物


シンプルな焼き物も、肉じゃがの副菜にしやすいです。

しいたけなどのきのこ類をさっと焼いて、醤油やポン酢を垂らして食べるのもいいですし、厚揚げにねぎ味噌をのせてグリルで焼くのも美味しいものです。

また、肉を使ったおかずであれば、手羽先に塩を振ってグリルでさっと焼いたものも、わりと味があっさりとしているので、肉じゃがと合わせやすいです。
夏の時期なら、おつまみにもぴったりな「焼きそら豆」もいいですよ。

炒め物


肉じゃがに炒め物を添えるのなら、醤油ベースの甘辛い味付けを避けると良いと思います。

塩こしょうだけのシンプルな炒め物や、味噌炒めなどがおすすめです。

漬物


箸休めとして、漬け物も良く合います。

白菜漬け」や「しば漬け」のほかにも、「ぬか漬け」や「浅漬け」、「高菜漬け」や「らっきょう漬け」なども相性がいいです。

ご飯もの

肉じゃがにご飯ものを合わせるのなら白ごはんが定番ですが、あっさりとした味の炊き込みご飯も、意外とよく合います。

あっさりご飯


たとえば、「梅ご飯」や「さつまいもご飯」。
これらは、具材も味付けもシンプルなので、肉じゃがと一緒に食べてもしつこくなりません。
どんぶりであれば、「しらす丼」もいいと思います。

また、肉じゃがをお弁当のおかずにするのなら、白ご飯ベースのおにぎりを添えるのもおすすめです。

汁物

汁物だったら、やはり味噌汁が一番です。
肉じゃがに具沢山なみそ汁を合わせ、あとは、漬物とご飯だけで定食を作るのもアリだと思います。

具だくさん味噌汁


鶏肉と数種の野菜をたっぷり使った「さつま汁」や、小麦粉の団子を加えた「だんご汁」を合わせると、肉じゃがと汁物だけでもかなり満足度の高い献立ができます。

シンプルな味噌汁


定番の味噌汁なら、小松菜やほうれん草といった葉物野菜を加えると、栄養のバランスがいいです。
シンプルな長ねぎだけの味噌汁もおすすめです。

デザート


肉じゃがを食べた後に締めのデザートを用意するのなら、こちらも、和風が合わせやすいと思います。

たとえば、白玉団子だったら作るのも簡単ですし、あんこやきなこをかけるだけで、美味しいスイーツに仕上がります。
また、和風ではありませんが、牛乳プリンもさっぱりとした味なので、食後のデザートにぴったりです。


以上、肉じゃがに合う献立についてお伝えしました。

肉じゃがは、主菜としても副菜としても活躍する、とても使い勝手の良いお料理です。
特に和食との相性が抜群なので、今回ご紹介したメニューを参考に、ぜひ色々と試してみてください。

関連レシピ