この焼き方が一番旨い!さんまの塩焼きレシピ。丸ごと焼いてジューシーに

投稿日:2020年11月13日 更新日:

さんまの焼き方(さんま塩焼き)

さんま(秋刀魚)の塩焼きの美味しい焼き方をご紹介します。

グリルを使った基本レシピになっていて、焼き方はシンプル。
鮮度の良い生さんまを、内臓を取らないで丸ごと使います。

内臓の下処理はしない

新鮮なさんまの内臓は、少しほろ苦く、脂ののった身と一緒に食べると美味しいものです。

とはいえ、内臓を好まないという人もいらっしゃると思います。
そうした場合でも、わたぬきをせずに、やはり、丸ごと焼くのがおすすめです。

焼き上がってから内臓を取る方がラクですし、内臓や頭を取らずに焼く方が、身がしっとりジューシーに焼き上がります。


さんまの塩焼き

レシピ動画

「シンプルが旨い!さんまの塩焼き」のレシピです。

材料

2人分:調理時間20分
さんま 2尾(300g程度)
小さじ1/2(3g)
カロリー
1尾305kcal

さんま塩焼きの焼き方

下処理

さんまの塩焼きの下処理(きれいに洗ってウロコを落とす)
まず、さんま(2尾:300g程度)をきれいに洗います。

さんまのウロコは、流通過程でほとんど取れてしまいますが、少し残っている場合もあります。
そんな場合は、軽く指でこすり洗いするだけで、きれいに取れます。

詳しく:さんまのウロコについて


さんまの塩焼きの下処理(キッチンペーパーで水気を取る)
さんまを洗ったら、キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取ります。


サンマに塩を振る
次に、さんまの両面に塩(小さじ1/2:3g)を万遍なく振り、10分置きます。

塩を振ってしばらく置くことで、さんまの余分な水分を抜き、旨味成分を引き出します。

塩の量について

塩の量は、ごく一般的な大きさのさんま(2尾で300g程度)を使った場合に、ちょうど良い量になっています。

さんまが大きかったり小さかったりする場合は、微調整してください。

さらさらした塩が振りやすい

また、使用する塩は、サラサラしたタイプのものの方が、全体に行き渡りやすいです。
しっとりしたタイプの塩しかない場合は、軽く炒って焼き塩にすると、使いやすくなります。
焼き塩の作り方は、リンク先を参考にしてください。


グリルで焼く

魚焼きグリルにサンマを入れる
さんまを10分置いている間に、魚焼きグリルをガンガンに熱くしておきます。
そして、塩をしてから10分経ったら、さんまを並べて入れます。

熱々にしたグリルでさんまを焼くと、皮がパリッと焼き上がります。
また、皮目がしっかりするので破れにくくなります。

サラダ油を塗るとくっつかない

グリルの網にサラダ油を塗る なお、グリルの網にあらかじめサラダ油を塗ってから焼くと、さんまの皮が網にくっつきにくくなります。


焼きあがったサンマの塩焼き
そして、両面を7〜10分かけて焼いたら完成です。

片面焼きグリルを使う場合は、途中でひっくり返してください。


さんまの塩焼きの食べ方

さんまの塩焼きの食べ方
さんまを丸ごと塩焼きにすることで、しっとりとした食感に仕上がります。

塩を振っているので、そのまま食べても十分美味しいですけど、せっかくですからもうひと手間かけるのがおすすめです。

イチオシは、すだちやかぼすやレモンなどの柑橘系の果汁を絞り、たっぷりの大根おろしを添えて、お醤油を少し付けていただく食べ方です。
さんまの味が引き立って、とても美味しくいただけます。

フライパンを使ったさんまの焼き方

なお、今回はグリルを使ってさんまを塩焼きにする方法をご紹介しましたが、さんまはフライパンで簡単に焼くこともできます。
詳しくは、「フライパンを使ったさんまの焼き方」をご覧ください。

ただし、グリルの方が、皮目がパリッと焼き上がるのでおすすめですよ。

関連レシピ