さんま(秋刀魚)のうろこの取り方と洗い方。こすり洗いですっきり!

投稿日:2020年11月11日 更新日:

さんまのうろこの取り方と洗い方

レシピ動画

さんま(秋刀魚)のウロコの取り方と洗い方を解説します。

さんまにも勿論ウロコはありますが、スーパーで売られているさんまには、ほとんどウロコが残っていません。
ですから、さんまのウロコなんてどこにあるの?と感じる方も多いと思います。

さんまのうろこは青い
さんまのうろこ 右の写真をご覧ください。
表面にいくつか点在している鮮やかな青い色の部分が、さんまのウロコです。

さんまのウロコは剥がれやすいので、水揚げされてから店頭に並ぶまでの間に大部分が取れてしまいます。

多少残っていることもありますが、たいていの場合は、その量はわずか。
残ったウロコを意識して取り除かなくても、塩焼きなど、加熱調理してしまえばほとんど気になりません。

生で皮ごと食べる場合は取り除く

ただ、お刺身やなめろうなど、さんまを生で食べる場合は、きれいに取り除くのがおすすめです。
皮を剥いたとしても、身の部分にウロコが紛れ込んでしまうことがあるためです。

さんまのうろこの取り方

さんまの洗い方とうろこの取り方
さんまのウロコの取り方は、とても簡単です。

さんまを洗うついでに、ウロコが残っている部分に流水を当て、軽くこすり洗いするだけでOKです。

洗ったさんまの水気を拭き取る さんまをきれいに洗ったら、調理する前に、キッチンペーパーなどで水気をしっかり拭き取ります。
内臓を取った場合の洗い方

なお、内臓を取り除いたさんまを洗う場合は、血合いもしっかりと洗い流してください。
血合いが残っていると、臭みの原因になります。

さんまの洗い方 背骨沿いに付いた血合いを指でこするようにして、きれいに洗い流せば作業完了。

洗ったら、こちらの場合も、キッチンペーパーで水気を拭き取ってから調理に使います。

関連レシピ