やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

生クリームの作り方。ノンホモ牛乳で作る!

投稿日:2011年4月13日 更新日:

生クリームの作り方

ノンホモ牛乳を使った生クリームの作り方をご紹介します。

東日本大震災の直後、食料品売り場では、納豆やヨーグルト・牛乳などが品薄になりました。

あれから1ヶ月が経った今、家の近所のスーパーは、これまで見たことがない他メーカーの商品が補われ、もとの賑わいを見せるようになりました。

今日はその売り場で、今まで自然食品店でしか見たことがなかった、木次の牛乳を見つけました。

sa-kisukigyuunyuu

私は、木次のパスチャライズ牛乳をたまに購入することがありますが、今日見つけたのは、木次の「ノンホモ・パスチャライズ牛乳」です。

「パスチャライズ牛乳」とは

ちなみに、私がたまに買う「パスチャライズ牛乳」は、低温殺菌牛乳のことです。

最近は知名度が高くなってきたからか、ごく普通のスーパーでも1種類くらいは見かけます。
日本でつくられている牛乳の多くは、生産コストを考えて短時間で高温殺菌しています。だいたい100度で3分程度の時間で、効率よく処理されているようです。
けれどもこの殺菌方法では、タンパク質が熱変性してしまうため、牛乳本来の風味が失われてしまいます。

そこで、牛乳の美味しさを損なわないよう低温で時間をかけて殺菌したのが、低温殺菌牛乳。およそ65度で30分の加熱を行います。
この加熱方法は、ヨーロッパでは主流となっています。
ちなみに「パスチュアライズ」という名前は、1800年代に微生物学者パスツールが考案した「パスチャライゼーション」が語源。「パスチャライゼーション」は、実はもともとワインの殺菌方法でした。

「ノンホモ・パスチャライズ牛乳」について

sa-kisukigyuunyuu

ところで、今日店で見つけたノンホモ・パスチャライズ牛乳の「ノンホモ」とは、「ノンホモジナイズド」の略です。
牛乳には本来、大きさの不均一な脂肪球が浮遊しています。
「ノンホモ牛乳」とは、牛乳本来の不均一な脂肪球をそのまま残した牛乳のことを言います。

ちなみに、この不均一な脂肪球は、時間が経つと牛乳の表面に脂肪の層をつくります。
このような牛乳の変質は、品質管理上、日本ではあまり好まれていません。
そのため殆どの牛乳は、圧力をかけてこの脂肪球を均一な状態にしています。そうすると脂肪が表面に固まることがないのです。
しかし、そうすることでもタンパク質が変性してしまいます。牛乳の風味が失われてしまうのです。

店で見つけた「ノンホモ・パスチャライズ牛乳」は、効率や品質管理のために切り捨ててきた、生乳本来の風味を味わえる美味しい牛乳なのです。

さっそくこの牛乳を買ってみました。
そして、その牛乳の特徴を調べるべく、生クリームと牛乳寒天を作りました。

今日は、それらのレシピと出来栄えをお伝えします。

生クリームの作り方

生クリームの作り方

「ノンホモ・パスチャライズ牛乳」は、飲んでみると意外なことに、さっぱりとしていてクセがないため、水のようにゴクゴク飲めます。
それとくらべると、品質管理を徹底するために効率良く作られたごく一般的な牛乳には、クセがあることが分かります。

さてまずは、「ノンホモ・パスチャライズ牛乳」にはどれくらいの脂肪がたまるのか観察しながら、生クリームを作ってみました。

牛乳の脂肪は、ただ牛乳を置いておくだけでも表面にたまってきます。
それをすくい取れば生クリームというわけですが、せっかちな私は、牛乳1/4本分(250ml)をペットボトル(500ml)に入れ、15分ほど勢い良く振ってみました。
ちなみにこの方法は、生クリームからバターを作る効率の良い方法としてよく知られています。

ところが、実際に15分間すごい勢いで振っても、すり胡麻の粒ほどの白い塊が浮遊しただけでした。
仕方なくその後、冷蔵庫に放置してみました。すると1日後には、下の写真のようになっていました。

生クリームの作り方
脂肪の層が、かなり厚く溜まっています。
これをすべて取ってみたところ、大さじ3~4くらいになりました。

この日再び、ペットボトルに残った牛乳を振って放置しました。でもこれ以上の生クリームは出来ませんでした。

この結果をまとめると、ペットボトルを使った方法で生クリームを作る場合、木次の「ノンホモ・パスチャライズ牛乳」1リットルからは、およそ1カップ(大さじ12~16程度)の生クリームが取れる計算になります。

ケーキの上に飾りとして絞るには、少々ゆるすぎますが、クセのないさっぱりとした味わいの生クリームが出来上がりました。

牛乳で作った生クリーム
今朝はこの生クリームを、お気に入りのブルーベリージャムと一緒に、トーストにのせてみました。

関連記事

プロのお弁当 おかず簡単レシピ。112日分メニューまとめ。

お弁当の簡単おかずレシピを112パターンご紹介します。112品すべてが、テレビで話題の人気料理をベースにしたお弁当。名店のシェフやレシピ本の…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹介します。レシピのポイントは、水なしで、牛乳だけで寒天を溶かすことです…

さつまいもを圧力鍋で蒸す方法と加圧時間!ふかし芋の作り方。

さつまいもを圧力鍋で蒸す方法をご紹介します。圧力鍋を使ったふかし芋の作り方。さつまいもの加圧時間の目安は、12〜15分です。さつまいもを圧力…

めんつゆの2倍・3倍・4倍濃縮を、他の濃度で代用する方法。

市販の濃縮タイプのめんつゆを、濃度の異なる他のめんつゆで代用する方法をご紹介します。2倍濃縮のめんつゆを3倍濃縮で代用したり、あるいは4倍濃…

ライタのレシピを本場インドから紹介!きゅうりとヨーグルトの人気サラダ

ライタのレシピを本場インドからご紹介します。ライタ(Raita)とは、ヨーグルトを使ったサラダのこと。ヨーグルトの中に刻んだ生野菜を入れ、サ…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

鶏もも肉の茹で方と茹で時間。余熱でじっくり!柔らか茹で鶏の作り方。

鶏もも肉の上手な茹で方と、茹で鶏にぴったりなネギソースのレシピをご紹介…

菜の花の胡麻和え。すりごまの香ばしい風味が好相性!簡単5分レシピ。

菜の花の胡麻和えのレシピをご紹介します。王道のごま和えレシピになってい…

ほうれん草と豚こまのマヨ醤油炒め。マヨネーズで簡単!コク旨レシピ。

ほうれん草と豚こまを使った簡単おかずレシピをご紹介します。ほうれん草と…

キャベツとじゃこの和風サラダレシピ。ごま油とおろし生姜で風味良く!

キャベツとちりめんじゃこを使った、簡単おかずレシピをご紹介します。ごま…

鯖の味噌煮の作り方。ふっくら柔らか!10分で作れる簡単基本レシピ。

鯖(サバ)の味噌煮のレシピをご紹介します。鯖を醤油や砂糖などと一緒に甘…