やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

手作り味噌歴10年の私が思うこと。上質な大豆&玄米麹のレシピがおすすめ。

投稿日:2010年1月26日 更新日:

s-LLLP1230042

私が自宅で味噌を仕込むようになってから、今年でちょうど10年になります。

この10年を振り返ると、わが家は自家製味噌にどっぷり浸った生活を送っていました。
なにしろ、手作りが難しい西京味噌と八丁味噌をごくたまに買う以外は、うちでは手作り味噌しか食べていなかったんです。

10年間で作った味噌の量

先日私は、これまでの味噌作りの記録をあらためて確認してみました。

10年間の大豆の使用量を計算したところ、毎年平均で3~4キロを味噌のために消費していたことが分かりました。
ちなみにこの量の大豆を使うと、12~16キロの味噌ができます。

また常時どれくらいの手作り味噌を自宅にストックしていたのかも、確かめてみました。
私はいつも2~3年くらいの仕込み期間を設けて味噌を作っています。ですから仕込んで間もない味噌から、かなり熟成された味噌まで、わが家にはいろいろな味噌があるのですが、常時24~48キロもの味噌を家に置いていたことが分かりました。

どうりで家が狭いと思いました。味噌に占領されていたんですね。
わが家は2人暮らしなのに、これまでよく作ったものです。呆れずに付き合ってくれた夫に感謝です。

でも、味噌を買うのも悪くない

さてそんな味噌好きの私ですが、実はここ数年で、味噌に対する考えがちょっと変わってきました。味噌を買うのも悪くないと思うようになったんです。

最近はネット通販などで、日本全国のこだわりの味噌が簡単に手に入ります。
それらを味合わずしてこのまま死んでしまったら、それこそモッタイナイ。

味噌の自作は、生活者としての自信にも繋がるし、家族に自らの手で何かしてあげられているという充実感もあり、大変大切なことだと思っています。

でも日本全国にはスゴ腕の味噌職人さんがたくさんいらっしゃるんだから、私のような素人が、片手間の味噌づくりに執着するのは、ナンセンスです。

s-LLLP1230008

そんなわけで、すでに昨年から味噌の仕込み量を減らしています。
昨年仕込んだ味噌は、上の写真の容器2つ分だけ。

今日は、ついでに昨年仕込んだ2種類の味噌のレシピと味もお伝えします。

2種類の味噌のレシピを比較

s-LLLP1230008

ここからは、私が昨年作った味噌のレシピと味見した感想をお伝えします。
昨年仕込んだ味噌は、上の写真の容器2つ分だけです。

ちなみに下の写真は、それぞれの味噌を出して撮った写真。
右の容器の味噌は右に、左の容器の味噌は左に、分かりやすく置いて撮影しました。

s-LLLP1230042
(左:慣行栽培大豆&米麹を使用 右:有機栽培大豆&玄米麹を使用)

今回あえて2種類の味噌を仕込んだ理由は、使用する材料の違いで、味噌にどの程度の味の差が出るのか試してみたかったからです。

慣行栽培(ごく普通の栽培法)の大豆と、有機栽培の大豆。そして米麹と玄米麹。これらの違いがどれくらい味噌の出来に影響するものなのか、確認してみました。

ちなみに塩はどちらも同じものを使用しました。
またちゃんとした比較ができるように、2種類の大豆は同じ条件で茹でて潰しました。

材料をまとめると次のようになります。
なお配合比は、最もスタンダードなものを使用しました。

左の味噌の材料
北海道産慣行栽培大豆 1kg
米麹(生) 1kg
500g
右の味噌の材料
北海道産有機栽培大豆 1kg
玄米麹(乾燥) 1kg
500g

味見をした結果は、有機栽培大豆&玄米麹を使った「右の味噌」の方が、ダンゼン美味しかったです。

右の味噌は少々固めでしっかりとした歯ごたえがあり、コクが感じられました。
一方の左の味噌は、少々水っぽく、旨みにも乏しいと思いました。

味噌の固さの違いは単に、使用した麹の差が出たものと思われます。
乾燥した玄米麹を使った味噌は、生の白米麹とくらべて、玄米らしい歯ごたえがある上に、麹が水分を吸ったため、ちょっと固めに仕上がったのでしょう。

また味噌の味については、玄米麹が良い影響を及ぼしていると感じました。出来上がった味噌にも、玄米と白米の風味の違いが見事にあらわれていました。

そしてここからはあくまでも推測ですが、栽培の仕方による大豆の味の差も、出ているのかもしれません。
慣行栽培よりも有機栽培の大豆の方が絶対に美味しいとは言えませんが、今回私が使った2種類の大豆は、味噌にする前にすでに美味しさに違いがあり、それがそのまま味噌の味に反映しました。
せっかく時間をかけて仕込む味噌ですから、やはり丁寧に作られた美味しい大豆を使った方が良さそうですね。

というわけで次回味噌をつくる時には、思い切り上質な大豆と玄米麹を使って味噌を作ろうと思います。

関連記事

まったりコク旨!豆腐の味噌漬けの作り方。簡単おつまみレシピ。

豆腐を使った人気のおつまみ、豆腐の味噌漬けの簡単レシピをご紹介します。豆腐を電子レンジで水切りして、味噌だれにつけ込んだお料理。味…

上品な風味!梅味噌の作り方と使い方。梅の味噌漬けの簡単レシピ。

梅味噌とは、梅の爽やかな風味が楽しめる調味料のこと。梅を味噌に漬け込んで作ります。梅味噌の使い方はいろいろありますが、なんと言って…

味噌汁の作り方。だしの素で簡単!どんな具材にも使える基本レシピ。

味噌汁の簡単な作り方を動画でご紹介します。ほんだし(だしの素)を使った、味噌汁の基本レシピ。どんな具材にも使える、定番の作り方です…

田楽味噌の簡単レシピ。甘辛で濃厚!人気の味噌だれの基本の作り方。

田楽味噌の作り方をご紹介します。濃厚な味がクセになる、人気の甘辛い味噌だれのレシピです。田楽味噌は、しっかりとしたコクがあり、存在…

余った刺身のアレンジレシピ。和食のプロが薦める味噌漬け。

和食のプロがすすめる、残った刺身の美味しい食べ方をご紹介します。日本料理の名店「割烹智映」の店主、北山智映さんが考案した、余った刺…

酢味噌の作り方。混ぜるだけで簡単、長ネギの酢味噌和えのレシピも紹介。

酢味噌の作り方2パターンと、ネギの酢味噌和えのレシピをご紹介します。酢味噌は、時間のある時に作り置きしておくととても便利です。甘み…

ピーナッツ味噌の作り方。落花生で手作り!味噌ピーのレシピと食べ方。

ピーナッツ味噌のレシピをご紹介します。甘さ控えめのシンプルなピーナッツ味噌。ご飯のお供にぴったりなのはもちろんのこと、お弁当のおか…

そのまま保存はNG!味噌汁の冷凍と冷蔵。保存するなら味噌を溶かす前。

味噌汁は、できるだけ保存しない方がいいです。というのは、時間の経過とともに、味噌の風味がどんどん失われてしまうからです。作ってから…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動画で解説。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室内乾燥でも旨味と栄養がアップ。

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お洒落に可愛く見栄えをUP

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常温。戻した後は冷凍もあり。

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動画で解説。

生しいたけの下ごしらえのやり方を解説します。しいたけを料理に使う際に必要な、下処理の手順についてです。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

数の子の塩抜きの仕方など、下処理の方法を解説します。数の子を上手に戻すには、水ではなく塩水を使ったうえで、急がずに時間をある程度か…

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

しいたけを安心して長期で保存したいのなら、冷凍保存するのがおすすめです。冷凍すると食感が劣化する野菜が多いなか、しいたけをはじめと…

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

切り干し大根(千切り大根)の戻し方を解説します。乾燥した状態の切り干し大根を柔らかくするには、水を使うのが基本です。ごく一般的な千…

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

ドライトマトの上手な戻し方を解説します。ドライトマトには、大きく2種類があります。1つは、カラカラに乾燥させたもの。もう1つは、半…

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

しいたけでよく使われる切り方と、その名前と使い方を解説します。「花切り」や「四つ割り」、「そぎ切り」や「薄切り」など、合計6パター…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけは、基本的には、調理の前に洗う必要はありません。むしろ、できるかぎり洗わないのがおすすめです。というのは、しいたけを洗って…

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

しいたけの石づきの取り方と使い道を解説します。石づきとは、しいたけに限らずキノコ全般にあり、原木や地面に接していた生え際の根元部分…

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

焼き芋のトースター(オーブントースター)を使った簡単レシピをご紹介します。さつまいもは、中心部が70度くらいになるようにじっくりと…

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室内乾燥でも旨味と栄養がアップ。

生の椎茸を乾燥させて、干し椎茸を作る方法を解説します。椎茸の干し方には電子レンジやオーブンなどを使う方法もありますが、せっかく手作…

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お洒落に可愛く見栄えをUP

しいたけの飾り切りの切り方を詳しく解説します。お伝えするのは2種類の飾り切り。「花切り」と「亀」です。花切り亀「花切り」は、しいた…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸(乾しいたけ)の「戻し方」と「戻す時間」について解説します。干し椎茸を美味しく食べたいのなら、冷水を使って戻すのがダンゼン…

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常温。戻した後は冷凍もあり。

干し椎茸(乾しいたけ)は、常温保存に向いた食品です。開封前はもちろんのこと、開封後であっても、乾燥した状態の干し椎茸は、常温で保存…

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

干し椎茸の戻し汁を有効活用する方法をご紹介します。干し椎茸を戻したあとに残った戻し汁は、そのまま飲むとあまり美味しくありません。そ…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

最新記事

この焼き方が一番旨い!グリルで焼きしいたけ。イチオシ丸焼きレシピ。

味良し、見た目良し!白菜と豚肉のミルフィーユ鍋レシピ。鰹だしが好相性

クセがなくてメチャ旨!甘酒プリンのレシピ。蜂蜜とレモンが味の決め手。

人気の韓国風おかず!小松菜ナムルのレシピ。ごま油&鶏ガラで旨い。

旨味溢れる!刻み昆布の炊き込みご飯レシピ。乾燥切り昆布で滋味深く。

この焼き方が一番旨い!グリルで焼きしいたけ。イチオシ丸焼きレシピ。

焼きしいたけのおすすめレシピをご紹介します。生しいたけの焼き方についてです。しいたけの丸焼きを作るのなら、魚焼きグリルを使うのが一…

味良し、見た目良し!白菜と豚肉のミルフィーユ鍋レシピ。鰹だしが好相性

白菜と豚肉を具材にした、ミルフィーユ鍋のレシピをご紹介します。白菜と豚バラ肉を交互に鍋に詰めて、何層にも折り重なるパイ生地のような…

クセがなくてメチャ旨!甘酒プリンのレシピ。蜂蜜とレモンが味の決め手。

フルフルの食感と深い甘みがクセになる、甘酒プリンのおすすめレシピをご紹介します。米麹を使った甘酒で作る、極上スイーツのレシピです。…

人気の韓国風おかず!小松菜ナムルのレシピ。ごま油&鶏ガラで旨い。

小松菜を使った、韓国風ナムルのレシピをご紹介します。鶏ガラスープの素とごま油で味付けをして、コクと旨みをアップさせた一品。にんにく…

旨味溢れる!刻み昆布の炊き込みご飯レシピ。乾燥切り昆布で滋味深く。

刻み昆布をたっぷりと使った、旨味豊かな炊き込みご飯のレシピをご紹介します。乾燥タイプの刻み昆布(切り昆布)を使うレシピになっていて…