クリームチーズ味噌漬けのレシピ・作り方。まったり濃厚!

クリームチーズ味噌漬け

レシピ動画

クリームチーズの味噌漬け

クリームチーズの味噌漬けレシピをご紹介します。

使用するクリームチーズは、切れてるものでもブロック状のものでもOK。
塊のまま一晩漬けるだけなので、とても簡単に作れます。
また、味噌の量は必要最小限になっているので、食材をムダなく活用できます。

甘めの味噌を使えばスイーツとして楽しめますし、辛めの味噌を使えば、お酒のおつまみにぴったりですよ。

クリームチーズの量を選択

このレシピは、使用するクリームチーズの量を選べるようになっています。
分量が変わっても、作り方はまったく同じです。

材料

調理時間5分
クリームチーズ 70g(4ピース)
味噌 大さじ1(18g)
砂糖 小さじ1
オリーブオイル 好みで適量
粗挽き黒こしょう 好みで適量
  • スイーツとして食べる場合は塩分9%以下の味噌を、おつまみにする場合は10%以上の味噌を使ってください。

レシピ・作り方

味噌と砂糖を袋に入れる
味噌などを入れる
袋の上から手で揉んで混ぜる
揉んで混ぜる
  1. ① 味噌と砂糖をビニール袋に入れ、袋の上から手で揉んでよく混ぜます。

補足:保存袋よりビニール袋が良い


袋にクリームチーズを入れる
チーズを入れる
クリームチーズに味噌を馴染ませる
味噌を馴染ませる
  1. ② クリームチーズを切らずにかたまりのまま袋に入れ、表面全体に味噌を馴染ませます。

補足:味噌漬けはクリームチーズが合う


クリームチーズ味噌漬けを冷蔵庫に入れる
冷蔵庫に置く
クリームチーズ味噌漬けを切り分ける
切り分ける
  1. ③ 袋の口を縛り、冷蔵庫に一晩入れたら完成です。
  2. ④ 食べる際には、味噌が付いたままの状態で取り出します。
    大きな塊のまま漬けた場合は、袋の口を広げて、袋に入れたままバターナイフで切り分けます。
  3. ⑤ そのまま食べても良いですし、オリーブオイル(適量)をかけて粗挽き黒こしょう(適量)を振って食べても美味しいです。
    日持ちは、冷蔵保存で1ヶ月です。
味噌に砂糖を加えているので、ほのかな甘味があり、味噌をぬぐわずにそのまま美味しくいただけます。
ただ、味噌の存在感が気になる場合は、少しぬぐってから、お皿に盛り付けても良いです。

補足:漬けてから切る方が簡単美味しい食べ方


クリームチーズ味噌漬け

味噌のコクと塩気が加わることで、クリームチーズのまろやかな味が引き立ちます。
クリームチーズはそのまま食べても美味しいですけど、味噌漬けにすることで、風味が格段にアップします。

使う味噌の種類によって色々な表情を楽しめるので、ぜひ試してみてください。

レシピの補足説明

味噌漬けはクリームチーズが合う

チーズには、クリームチーズの他にもカマンベールや6Pチーズなど色々な種類がありますが、チーズの味噌漬けを作るのなら、クリームチーズを使うのがおすすめです。
チーズの中でも塩気が控えめで味があっさりとしているので、味噌の味ととても良く合います。

保存袋よりビニール袋が良い

クリームチーズはそっと扱わないと崩れやすいので、形がしっかりとした保存袋で漬けるよりも、柔らかくてチーズにぴったりと密着しやすい普通のビニール袋で漬けるのがおすすめです。

漬けてから切る方が簡単

クリームチーズの味噌漬けは、かたまりの状態で漬けて後で切る方が、崩れにくいです。
切る際には、袋の口を開けて、袋に入れたままバターナイフで切り分けると、きれいに切れます。

美味しい食べ方

クリームチーズの味噌漬けには、オリーブオイルと粗挽き黒こしょうがよく合います。
お皿に盛り付けたあとに、これらをかけると、美味しいうえに見た目もおしゃれになります。

なお、オリーブオイルをあらかじめ味噌に混ぜてから漬けるのは、おすすめしません。
味噌とオリーブオイルが分離しやすく、また、冷蔵することでオリーブオイルが固まるためです。

YouTubeのレシピ動画を、最新から順番に時系列でご覧いただけます。

コメント

このお料理についてのご感想などをお寄せください。
サイト運営の参考にさせていただきます。
頂いたコメントには、2〜3日以内にメールアドレス宛に回答いたします。(詳細
メールアドレスの入力ミスにご注意ください。
なお、頂いたコメント及びその後のメール等でのやり取りは、この欄でご紹介させていただく場合がございます。

関連レシピ