美味しさ凝縮!白菜コールスローサラダのレシピ。ハム&マヨが好相性。

投稿日:2016年11月29日 更新日:

白菜コールスロー

白菜をたっぷりと使った、コールスローサラダのレシピをご紹介します。

白菜とハムを具材にしたシンプルなサラダ。
マヨネーズをベースにした味付けになっていて、少量の砂糖をプラスしてコクを出し、からしを控えめに加えて味のアクセントにします。

水気をしっかり取ると美味しい

コールスローサラダは、本来であればキャベツを具材にしたサラダのことを指しますが、今回のように白菜を使っても、とても美味しく作れます。

調理のコツは、白菜の水気をしっかり取り除くこと。
白菜は、キャベツよりも水分が出やすく水っぽくなりやすいので、調味料を混ぜる前に水気を十分に絞ります。

白菜の繊維を断ち切るように横方向に千切りにしたうえで、さらに塩を揉み込むと、効率良く水分を取り除くことができますよ。

「白菜とハムのコールスローサラダ」のレシピです。

材料【2人分:調理時間15分】
白菜 200g(2枚)
ハム 2枚
小さじ1/6
A
マヨネーズ 大さじ2(24g)
オリーブオイル 小さじ1
レモン汁 小さじ1
からし 小さじ1/4
砂糖 小さじ1/4
こしょう 少々

白菜を千切りにしてハムを細切りにする

【工程1】
まず、白菜(200g:2枚程度)を横方向に千切りにして、ハム(2枚)を5ミリ幅の細切りにします。

白菜は、根元から葉先に向かって縦方向に繊維が通っていますが、その繊維を断ち切るように横に細かく切ります。

そうすると、縦に切るよりも水分が出やすくなるので、短時間でしっかり水気を取ることができます。


白菜に塩をもみこんで置く

【工程2】
次に、白菜をボールに入れ、塩(小さじ1/6)を揉み込み、10分ほど置きます。



そして、白菜から出た水気を手でしっかり絞ります。


白菜とハムにマヨネーズなどの調味料を加える

【工程3】
続いて、水気を絞った白菜とハム、調味料Aをボールに入れます。

調味料Aは、マヨネーズ(大さじ2:24g)・オリーブオイル(小さじ1)・レモン汁(小さじ1)・からし(小さじ1/4)・砂糖(小さじ1/4)・こしょう(少々)です。


白菜とハムとマヨネーズなどの調味料を混ぜる

そして、軽く和えたら完成です。


白菜とハムとマヨネーズのコールスロー

マヨネーズのコクと、レモンとからしの風味が好相性。
あらかじめ水気を絞ってから白菜を加えているので、水っぽくならず、引き締まった味に仕上がります。

ハムのしっかりとした旨みも加わって、たっぷりの白菜をとても美味しくいただけます。

なお、このサラダを作り置きする場合の日持ちは、冷蔵保存で3日程度と考えてください。

関連レシピ