油で揚げると激ウマ!手羽先の素揚げレシピ。パリッとジューシーな食感。

投稿日:2013年7月9日 更新日:

手羽先素揚げ

手羽先の素揚げのレシピをご紹介します。

表面はパリッとしていて、中はジューシーな一品。
油で揚げることで、鶏肉の旨みをギュッと閉じ込めて、コクのある味に仕上げます。

手羽先の揚げ時間は、だいたい5〜6分ほど。
とても簡単に作れますよ。


レシピ動画

「油で揚げると激ウマ!手羽先素揚げ」のレシピです。

材料

2〜3人分:調理時間17分
手羽先 6本
小さじ1/2
こしょう 少々
揚げ油 1センチ

作り方

手羽先の水気を拭き取る
【工程1】
まず、手羽先(6本)の水気をキッチンペーパーで拭き取ります。

手羽先から出た水分は臭みがあるので、あらかじめきれいに取っておきます。


手羽先を塩で揉む
そして、塩(小さじ1/2)を指で万遍なく揉み込み、10分ほど置きます。

塩の量は、手羽先をグリルなどで焼く場合よりも、若干多めです。
油で揚げる時は、これくらい(6本につき小さじ1/2)がおすすめです。

塩は、手羽先の両面全体に均一に揉み込んでください。
10分置くと、塩気が内部まで染みやすくなります。


塩揉みした手羽先の水分を拭き取る
10分経ったら、手羽先の表面から水分が少し出るので、キッチンペーパーでこすらない程度に軽く吸い取ります。

ここでもう一度水分を取っておくと、揚げる時に、油がはねにくくなります。


サラダ油を180°に温める
【工程2】
次に、フライパンに揚げ油を1センチほど注ぎ、180度くらいに温めます。

180度を見極めるには、菜箸を油にひたしてみるといいです。
写真のように、油に浸かった部分全体から細かい泡が出てきたら、180度くらいに温まっています。


手羽先を油の中に入れる
180度くらいに油が温まったら、手羽先を並べます。

皮目を下にして揚げはじめると、皮目の部分が特にこんがりときれいに揚がります。


手羽先をパリパリになるように揚げる
そして、両面がこんがりとするまで、中火で5〜6分揚げます。

揚がる直前に火力を少し強めると、皮がパリパリになるうえに、フライパンから上げたあとに油が切れやすくなります。


揚がった手羽先にこしょうを振る
仕上げにこしょう(少々)を振ったらできあがり。
こしょうは、揚げたあとに振る方が、風味が良くなります。

このお料理は、表面はパリッとしていて、中は柔らかな食感。
噛むと、鶏肉のしっかりとした旨みが広がります。

手羽先と言えばグリルで焼くことが多いかもしれませんが、素揚げにすると、油のコクがほどよく加わるので、また違った美味しさを楽しめます。

夕食のメイン料理やお酒のおつまみとして、超おすすめですよ。

関連レシピ