とろっとクリーミー!チンゲン菜のクリーム煮。具沢山なおかずレシピ。

投稿日:2017年6月5日 更新日:

チンゲンサイのクリーム煮

チンゲン菜をたっぷりと使った、クリーム煮のレシピをご紹介します。

コンソメをベースにした味付けで、濃厚なコクを楽しめる一品。

作り方はとても簡単で、ベーコンと玉ねぎをこんがりと炒めてから、チンゲン菜を加え、小麦粉を絡めます。
牛乳と顆粒コンソメをプラスして、たまに混ぜながら、さっと煮たら完成です。

このクリーム煮は、洋食のサイドメニューにぴったりですし、パン食との相性も抜群。
幅広いお料理と合わせやすいので、夕食の献立の一つとして、ぜひお試しください。

チンゲン菜のクリーム煮

「チンゲン菜とベーコンのクリーム煮」のレシピです。

材料【2人分:調理時間10分】
チンゲン菜 1袋(200g)
玉ねぎ 1/2個(100g)
ベーコンハーフ 6枚
オリーブオイル 大さじ2
小麦粉 大さじ1と1/2
牛乳 300ml
顆粒コンソメ 小さじ1
塩こしょう 少々

チンゲンサイを食べやすい大きさに切る
【工程1】
まず、チンゲン菜(1袋:200g程度)を食べやすい長さに切り、根元を2センチ幅のくし切りにします。

くし切りのやり方は、上の動画を参考にしてください。


玉ねぎを薄切りにしてベーコンを短冊切りにする
玉ねぎ(1/2個:100g)は薄切りにし、ベーコンハーフ(6枚)は短冊切りにします。


玉ねぎとベーコンをオリーブオイルで炒める
【工程2】
次に、フライパンにオリーブオイル(大さじ2)を入れ、玉ねぎとベーコンを加え、中火で3分ほど炒めます。


青梗菜を加えて油を絡める
玉ねぎとベーコンに少し焦げ目がついたら、チンゲン菜を加え、軽く混ぜて油を全体にまわします。


小麦粉を加える
続いて、火を少し弱め、小麦粉(大さじ1と1/2)を加えます。


青梗菜と小麦粉を混ぜる
そして、粉っぽさがなくなるまで混ぜます。

粉っぽさが残っているとダマになりやすいので、小麦粉が見えなくなるまでよく混ぜてください。


牛乳を少しずつ加えて混ぜる
【工程3】
小麦粉がきれいに混ざったら、牛乳(合計300ml)の1/4くらいを加え、よく混ぜます。
そして、もう1度1/4くらい加え、よく混ぜます。

牛乳は少しずつ加えて、あらかじめ混ぜておいた小麦粉とよく馴染ませて、とろみを付けます。


牛乳とコンソメを加えて煮る
そして、牛乳すべてと顆粒コンソメ(小さじ1)を加え、たまに混ぜながら1分半ほど煮ます。


青梗菜とベーコンに塩コショウをふる
塩こしょう(少々)で味を整えたら完成です。


青梗菜とベーコンのクリーム煮
ホワイトソースの食感は、とろっとしていてクリーミー。
コク旨なソースがチンゲン菜によく絡み、満足度の高い味に仕上がります。

2人分でチンゲン菜を丸々1束使いますが、ペロッと食べられてしまう美味しさです。
具だくさんなので、食べ応えも十分ですよ。

関連レシピ