やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

きりたんぽ鍋のレシピ。秋田県のご当地鍋の美味しい作り方。

投稿日:2017年10月24日 更新日:

ご当地鍋のおすすめレシピをご紹介します。

料理研究家の栗原心平さんが考案した、秋田県の郷土料理「きりたんぽ鍋」です。

鶏とかつおのWだしを使った上品な味わいの一品で、きりたんぽは簡単に手作りします。

香ばしくてモチモチのきりたんぽがとても美味しいですよ。

調理時間は18分です。

(一部情報元:テレビ東京「男子ごはん」秋田県のご当地ごはん 2017年10月22日放映)

きりたんぽ鍋の作り方

「きりたんぽ鍋」のレシピです。

材料【2〜3人分:調理時間18分】
ご飯(※) 1.5合分
鶏もも肉 300g
手羽中 10本
厚揚げ 1枚
舞茸 1パック
ごぼう 1本(120g)
せり 1束
長ねぎ 2本
かつおだし 1リットル
A
薄口醤油 大さじ5
みりん 大さじ4
大さじ3
小さじ1/2

※少し柔らかめに炊くのがおすすめ。

作り方
  1. 【きりたんぽを作る】ご飯をボールに入れ、すりこぎで潰す。
    手で棒状にまとめ、グリルで9〜10分かけてこんがりと焼く。(もしくはフライパンで焼く。)
  2. 鶏もも肉は一口大に切り、厚揚げは1センチ幅に切り、舞茸はほぐす。ごぼうは少し厚めのささがきにし、せりは5センチの長さに切り、長ねぎは4センチ幅の斜め切りにする。
  3. 土鍋にかつおだしと手羽中を入れて強火にかけ、沸騰したら少し火を弱めて5分煮る。
    Aを加え、再び煮立ったら鶏もも肉・厚揚げ・長ねぎ・ごぼうの順に加え、フタをしてひと煮立ちさせる。
  4. 鶏肉に火が通ったら、1・舞茸・せりを加え、ひと煮立させたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

きりたんぽの作り方

ごく一般的なきりたんぽは、ご飯を潰して木製の棒に巻きつけて焼きますが、栗原流のきりたんぽは、棒を使わず、ご飯を細長いかたちにして焼き上げます。

ちなみにきりたんぽには「切ったたんぽ」という意味があり、ここで作るものは焼いた後に切らないので、厳密には「たんぽ」ということになります。


【工程1】
最初にきりたんぽ(たんぽ)を作ります。

まず柔らかめに炊いたご飯(1.5合分)をボールに入れ、すりこぎで潰します。
すりこぎは水で濡らし、横にひねるようにすると潰しやすいです。

ここできれいに潰せば潰すほど仕上がりのモチモチ感が増しますが、米粒の食感が少し残っているのも悪くないです。潰し加減はお好みです。

【調理のポイント】
少し柔らかめのご飯を使うと、潰しやすく粘りが出やすいので、きりたんぽが作りやすくなります。

ちなみに普通に炊いたご飯しかなくても、水をかけてラップをし、レンジでチンすると柔らかいご飯がすぐに用意できます。



次に手を濡らしてご飯を棒状にまとめます。



続いて棒状にしたご飯をグリルに入れ、たまに返しながら9〜10分かけてこんがりと焼きます。

ちなみにグリルの網にあらかじめ油を塗り、十分に予熱してから入れると、ご飯がくっつきにくくなります。
これできりたんぽ(たんぽ)の完成です。

グリルがない場合は、フライパンでも焼けます。


きりたんぽ鍋の作り方


【工程2】
次にきりたんぽ鍋を作ります。

鶏もも肉(300g)は一口大に切り、厚揚げ(1枚)は1センチ幅に切り、舞茸(1パック)はほぐします。
そしてごぼう(1本)は少し厚めのささがきにし、せり(1束)は5センチの長さに切り、長ねぎ(2本)は4センチ幅の斜め切りにします。
ごぼうと長ねぎは、少し大きめに切って食感を出します。

ちなみに上の写真は、鍋の具材すべてを並べたところです。



【工程3】
続いて土鍋にかつおだし(1リットル)と手羽中(10本)を入れ、強火にかけます。
そして沸騰したら少し火を弱め、そのまま5分煮ます。(上の写真)

【調理のポイント】
ごく一般的なきりたんぽ鍋は、比内地鶏でだしを取りますが、このきりたんぽ鍋は、普通の鶏肉を使います。

普通の鶏肉だけでは足りない鶏の旨味は、手羽中も使って補います。



5分経ったらA(薄口醤油大さじ5・みりん大さじ4・酒大さじ3・塩小さじ1/2)を加えます。

そして再び沸騰したら、鶏もも肉・厚揚げ・長ねぎ・ごぼうの順に加えます。(上の写真)



そしてフタをしてひと煮立ちさせます。



【工程4】
鶏肉に火が通ったら、きりたんぽ・舞茸・せりを加え、最後にもうひと煮立ちさせたら完成です。



このきりたんぽ鍋は、主役のきりたんぽの味と食感がとてもいいです。
香ばしくてだしがよく染みてモチモチなので、食卓に出すとあっと言う間に無くなります。ひと手間かける甲斐がありますよ。

スープは飽きの来ない上品な味付けで、鶏と鰹の深い旨味に加え、ごぼうなどの野菜の滋味もじんわりと溶け込んでいて、文句なしで美味しいです。

関連記事

きりたんぽの簡単な作り方。冷やご飯でも作れる!手作りレシピ。

きりたんぽ(切蒲英)の作り方をご紹介します。自宅で簡単に手作りできる、きりたんぽのレシピです。材料は、炊いた米だけ。冷ご飯でも作れ…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

芯まで美味しい!レタスしゃぶしゃぶ鍋のレシピ。鶏ガラ&豚肉でコク旨。

レタス1玉をペロッと美味しく食べられる、レタス鍋の作り方をご紹介します。レタスを芯まで残さず使い、豚肉とねぎとえのきを合わせた、し…

なすのレンジ蒸し。料理の下ごしらえに最適!簡単レシピも紹介。

電子レンジを使った、なすの簡単な蒸し方をご紹介します。なすはレンジで加熱するだけで、とても美味しくいただけます。レンチンしたなすに…

海苔の佃煮のレシピ。たったの3分でできます。

海苔の佃煮の簡単レシピをご紹介します。たったの3分で完成します。湿気った海苔の使い道としてもおすすめです。

かぼちゃの煮物レシピはこれでOK!基本の作り方から簡単レンジまで。

かぼちゃの煮物のレシピをたっぷりとご紹介します。かぼちゃの煮物の基本レシピはもちろん、電子レンジを使った簡単レシピや、残り物をつか…

鶏肉と塩麹のお弁当おかず2品!「朝に簡単」と「夜に仕込み」をお好みで

鶏肉と塩麹を使ったお弁当おかずのレシピを2つご紹介します。1つは、当日の朝にすぐに完成する「鶏肉の塩麹焼き」。もう1つは、前日の夜…

ブロッコリーの葉は食べられる!葉っぱの栄養と簡単レシピを紹介。

ブロッコリーの葉は普段捨ててしまいがちですが、つぼみや茎と同様にちゃんと食べられます。調理次第で美味しく仕上がりますし、そのうえ栄…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動画で解説。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室内乾燥でも旨味と栄養がアップ。

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お洒落に可愛く見栄えをUP

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常温。戻した後は冷凍もあり。

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動画で解説。

生しいたけの下ごしらえのやり方を解説します。しいたけを料理に使う際に必要な、下処理の手順についてです。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

数の子の塩抜きの仕方など、下処理の方法を解説します。数の子を上手に戻すには、水ではなく塩水を使ったうえで、急がずに時間をある程度か…

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

しいたけを安心して長期で保存したいのなら、冷凍保存するのがおすすめです。冷凍すると食感が劣化する野菜が多いなか、しいたけをはじめと…

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

切り干し大根(千切り大根)の戻し方を解説します。乾燥した状態の切り干し大根を柔らかくするには、水を使うのが基本です。ごく一般的な千…

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

ドライトマトの上手な戻し方を解説します。ドライトマトには、大きく2種類があります。1つは、カラカラに乾燥させたもの。もう1つは、半…

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

しいたけでよく使われる切り方と、その名前と使い方を解説します。「花切り」や「四つ割り」、「そぎ切り」や「薄切り」など、合計6パター…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけは、基本的には、調理の前に洗う必要はありません。むしろ、できるかぎり洗わないのがおすすめです。というのは、しいたけを洗って…

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

しいたけの石づきの取り方と使い道を解説します。石づきとは、しいたけに限らずキノコ全般にあり、原木や地面に接していた生え際の根元部分…

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

焼き芋のトースター(オーブントースター)を使った簡単レシピをご紹介します。さつまいもは、中心部が70度くらいになるようにじっくりと…

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室内乾燥でも旨味と栄養がアップ。

生の椎茸を乾燥させて、干し椎茸を作る方法を解説します。椎茸の干し方には電子レンジやオーブンなどを使う方法もありますが、せっかく手作…

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お洒落に可愛く見栄えをUP

しいたけの飾り切りの切り方を詳しく解説します。お伝えするのは2種類の飾り切り。「花切り」と「亀」です。花切り亀「花切り」は、しいた…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸(乾しいたけ)の「戻し方」と「戻す時間」について解説します。干し椎茸を美味しく食べたいのなら、冷水を使って戻すのがダンゼン…

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常温。戻した後は冷凍もあり。

干し椎茸(乾しいたけ)は、常温保存に向いた食品です。開封前はもちろんのこと、開封後であっても、乾燥した状態の干し椎茸は、常温で保存…

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

干し椎茸の戻し汁を有効活用する方法をご紹介します。干し椎茸を戻したあとに残った戻し汁は、そのまま飲むとあまり美味しくありません。そ…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

最新記事

旨味溢れる!刻み昆布の炊き込みご飯レシピ。乾燥切り昆布で滋味深く。

マヨネーズと味噌で味変!ほうれん草おひたしのアレンジレシピ。

芯まで美味しい!レタスしゃぶしゃぶ鍋のレシピ。鶏ガラ&豚肉でコク旨。

甘辛味噌でコク旨!かぼちゃと豚肉炒めのレシピ。ご飯との相性も抜群。

定番の美味しさ!ほうれん草の胡麻和えレシピ。ごまの風味でコク旨。

旨味溢れる!刻み昆布の炊き込みご飯レシピ。乾燥切り昆布で滋味深く。

刻み昆布をたっぷりと使った、旨味豊かな炊き込みご飯のレシピをご紹介します。乾燥タイプの刻み昆布(切り昆布)を使うレシピになっていて…

マヨネーズと味噌で味変!ほうれん草おひたしのアレンジレシピ。

マヨネーズの風味をいかした、ほうれん草の味噌和えのレシピをご紹介します。茹でたほうれん草を食べやすく切って、マヨネーズと味噌とかつ…

芯まで美味しい!レタスしゃぶしゃぶ鍋のレシピ。鶏ガラ&豚肉でコク旨。

レタス1玉をペロッと美味しく食べられる、レタス鍋の作り方をご紹介します。レタスを芯まで残さず使い、豚肉とねぎとえのきを合わせた、し…

甘辛味噌でコク旨!かぼちゃと豚肉炒めのレシピ。ご飯との相性も抜群。

豚肉とかぼちゃを使った、手軽でおいしい炒め物のレシピをご紹介します。甘辛い味付けが食欲をそそる、ご飯によく合うおかずのレシピです。…

定番の美味しさ!ほうれん草の胡麻和えレシピ。ごまの風味でコク旨。

ほうれん草の胡麻和えのおすすめレシピをご紹介します。だしを使った人気の基本レシピになっていて、作り方はとても簡単です。だしに醤油を…