セリが主役!セリパスタのレシピ。鰹節と合わせてペペロンチーノ風。

投稿日:2011年4月24日 更新日:

セリ パスタ

セリをたっぷりと使った、セリが主役のパスタレシピをご紹介します。

セリにかつお節を合わせた、ペペロンチーノ風のパスタ。
セリといえば爽やかな風味が特徴的ですが、そこにかつお節のしっかりとした旨味が加わって、味わい深く仕上がります。

シャキシャキとしたセリの食感とともに、とても美味しくいただけますよ。

レシピ動画

「セリが主役!セリと鰹節のペペロンチーノ」のレシピです。

材料

2人分:調理時間10分
セリ 1束(100g程度)
にんにく 15g(2かけ程度)
赤唐辛子 1本
かつお節 2パック(5g)
オリーブオイル 大さじ4
小さじ1/5
醤油 小さじ1
パスタ 180g
パスタを茹でる時の塩 15g(大さじ1弱)

作り方

生セリを食べやすい長さに切る

【工程1】
まず、根元を切り落としたセリを100g程度用意して、食べやすい長さに切ります。

スーパーで売られているセリ1束は、根元を切り落とすと、100gくらいになるものが多いです。
セリを水洗いしたら、パスタの仕上がりが水っぽくならないように、キッチンペーパーなどで水気を拭き取ってから使ってください。

セリは市販品を使う

なお、セリは、お店で売られているものを使ってください。
市場に出回っている栽培されたセリは、生のままでも食べやすいです。

野生のセリ(天然せり)
一方で、田んぼなどで採取した野生のセリ(写真)はアクが少し強いので、今回のようなさっと火を通すだけのレシピにはやや不向きです。


にんにくと赤唐辛子を切る

【工程2】
にんにく(15g:2かけ程度)は、芯を取って薄切りにし、赤唐辛子(1本)は、半分に切って種を取り除きます。

にんにくの芯(芽)の取り方
にんにくの芯の部分は、焦げやすいうえに、臭みやエグミの原因になるので、あらかじめ取り除きます。

にんにくの芯は、楊枝などを使うと簡単にスッと取れます。

にんにくの芯の取り方


乾燥パスタ(スパゲティ)を茹でる

【工程3】
そして、鍋に湯(1.5リットル)を沸かし、塩(15g:大さじ1弱)を加え、パスタを指定時間よりも1分短めに茹ではじめます。

たとえば、パスタの袋に記載された茹で時間が7分の場合は、6分茹でます。

塩の量が大事

なお、パスタを茹でる際の湯に対する塩の量はとても重要で、パスタにしっかり塩気が付くように、塩はわりと多めに使います。
少なくすると、仕上がりの味がぼやけてしまうので、レシピの分量どおり使ってください。


にんにくと唐辛子をオリーブ油で炒める

【工程4】
次に、フライパンにオリーブオイル(大さじ4)・にんにく・赤唐辛子を入れ、弱火にかけて、香りが立ってにんにくが少し色づくまで炒めます。


ニンニクと唐辛子にパスタ(スパゲティ)の茹で汁を加えて乳化させる

【工程5】
パスタが茹で上がる直前に、フライパンに塩(小さじ1/5)とパスタの茹で汁(大さじ4)を加え、ヘラでよく混ぜて、ペペロンチーノソースを作ります。


乳化したペペロンチーノソースにパスタ(スパゲティ)を加えて混ぜる

そして、茹で上がったパスタをトングなどでつかみ、鍋の上で湯を切って、フライパンに入れて混ぜます。


パスタ(スパゲティ)にセリと鰹節と醤油を加える

続いて、セリとかつお節(2パック:5g)と醤油(小さじ1)を加えます。


パスタ(スパゲティ)とセリを混ぜる

軽く混ぜたら完成です。


セリパスタ(セリスパゲティ)

セリは一番最後に加えるので、必要以上に加熱されることがなく、爽やかな風味とシャキシャキとした食感がしっかりと残ります。

また、セリは、かつお節やにんにくとの相性も抜群です。
かつお節の旨味とにんにくのコクが加わって、セリのキレのある風味がいい感じに引き立ちます。

シンプルだからこそ、めちゃ旨。
旬のセリを味わうのにぴったりのレシピです。

関連レシピ