冷凍よりも冷蔵!人参の保存方法や日持ちを解説。湿気対策が重要。

投稿日:2017年11月20日 更新日:

人参の冷凍と保存方法

人参の保存方法について解説します。

人参は、涼しい季節なら、1週間ほど常温保存できます。

でも、一年を通して安心できるのは、やはり冷蔵保存
人参を冷蔵した場合の保存期間はわりと長く、2〜3週間は日持ちします。

また、人参は冷凍保存することもできますが、あまりおすすめはできません。
冷凍することで食感が大きく損なわれて、まずくなってしまうためです。

冷凍は食感が劣化

人参は、冷凍することで、1ヶ月ほど長持ちさせることが可能です。
また、人参を冷蔵で長期保存した場合とくらべると、栄養が失われにくいというメリットもあります。

その反面、大きなデメリットもあって、冷凍した人参は、水分が抜けてふにゃふにゃになり、筋っぽく感じられるようになります。
このことは、生のまま冷凍した場合も、加熱調理してから冷凍した場合も、基本的には同じです。

千切りならマシ
人参の千切りとみじん切りの冷凍保存
【△】小さく切る
人参の乱切りの冷凍保存
【×】大きめに切る

ただ、対処法がないわけではありません。
人参をあまり大きく切らずに、千切りやみじん切りなど小さめに切って冷凍すると、食感の変化に少し気づきにくくなります。

幾分マシになる程度ですが、人参をどうしても冷凍したいのなら、丸ごとのままではなく、千切りやみじん切りにしてからの方が無難です。

人参の冷凍方法

人参を冷凍するにあたっては、生のままでも加熱調理してからでも、どちらでもOKです。

人参を保存袋に入れて、中の空気をしっかりと抜き、そのまま冷凍庫へ。
冷凍人参の賞味期限は、1ヶ月程度と考えてください。

冷凍人参の解凍

凍った人参を温かい料理に使う際には、わざわざ解凍する必要はありません。
凍ったまま、煮物や炒め物などに使えます。

生で食べる場合は、冷蔵庫に移すなどして自然解凍してください。

冷蔵は1年中安心

人参の冷蔵保存

次に、人参を冷蔵で長持ちさせる方法をご紹介します。

人参を冷蔵保存した場合の日持ちは、2〜3週間ほど。
保存期間では冷凍に及びませんが、食感に関しては冷蔵の方が断然上です。

そのため、人参は、冷凍せずに、冷蔵までで食べ切るのがおすすめです。

湿気対策が重要

人参を冷蔵保存する際のポイントは、湿気がこもらないようにすることです。

人参は湿気に弱い食材なので、まるごとの人参を新聞紙やキッチンペーパーで包んだうえで、ビニール袋に入れて、口を閉じて冷蔵庫の野菜室に入れます。

また、人参の根元の方を下にして、立てて保存すると、より日持ちしやすくなります。

長期保存について

加えて、長期で保存したい場合は、たまに取り出して包んだ紙を取り替えるなどして、湿気を取り除くとより安心です。

ただ、人参に限ったことではありませんが、野菜を長期保存すると、たとえ傷まなかったとしても味や栄養は落ちてしまいます。

ですから、ムリにストックしようとはせずに、使える分だけ買ってすみやかに食べ切るのが一番美味しいですよ。

切ったらラップに包む

なお、カットした人参を保存する場合は、乾燥しないようにラップでぴったり包んで冷蔵して、5日を目安に食べ切ってください。

葉はあらかじめ切り落とす

また、人参を葉付きで購入した場合は、葉をそのままにして保存すると、身の部分の旨味や栄養を吸ってしまいます。
そのため、葉は、付け根部分からバッサリと切り落として、ビニール袋に入れてください。

葉は、炒めものや佃煮にすると美味しく食べられます。

常温は涼しい季節限定

人参の常温保存

最後に、人参の常温保存についてお伝えします。

人参の常温保存は、気温が高くない時期限定の保存方法。
夏などの暑い季節にはNGです。

新聞紙などの紙類で包んだうえで、カゴなどの通気性のよい容器に入れ、冷暗所で立てて保存します。
日持ちは、1週間程度と考えてください。


以上、人参の保存方法についてお伝えしました。

人参の保存方法は、冷凍・冷蔵・常温とありますが、おすすめなのは、やはり冷蔵です。
一年中使えるので便利ですよ。

関連レシピ