ミントの上手な保存方法。冷凍・乾燥・冷蔵の仕方。

投稿日:2017年11月29日 更新日:

ミントの葉の保存

ミントの生葉の上手な保存方法をご紹介します。

ミントの冷蔵・冷凍・乾燥の方法と合わせて、はちみつ漬けやミントティーのレシピもお伝えします。


ミントの冷蔵

ミントの冷蔵

冷蔵保存期間:1週間

ミントを冷蔵する場合は、キッチンペーパーなどで包み、ポリ袋に入れて野菜室に入れます。

ミントの冷凍

ミントの冷凍

冷凍保存期間:1ヶ月

ミントを冷凍する場合は、小分けにしてラップでぴったり包み、保存袋に入れます。

冷凍したミントは、凍ったままの状態でお茶や料理の風味付けに使います。

ミントの乾燥・干し方

ミントの乾燥

乾燥保存期間:1ヶ月

ミントは乾燥して保存することも出来ます。

風通しの良い日陰にミントを重ならないように並べ、ミントがカラカラになるまで1〜2日干したら完成です。

干したミントは、お茶にしたり、クッキーやケーキの風味付けに砕いて使うのがおすすめです。

ミントのはちみつ漬けの作り方

ミントのはちみつ漬け

保存期間:3週間

ミントのはちみつ漬けもあると便利です。

ミントの水気をしっかり取り、ミントが完全に浸るくらいのはちみつを注いで保存します。

3〜4日するとミントの風味がはちみつに移り、使えるようになります。

お菓子の風味付けに使ったり、紅茶に加えても美味しいです。

ミントティーの作り方

ミントティー

最後にミントティーのレシピをご紹介します。

残ったミントがほんの少しだったら、保存せずにミントティーにして飲むのが簡単でおすすめです。(お酒が好きだったら、モヒートにするのもいいです。)

ミントの爽やかな香りでリフレッシュ出来ますよ。

材料【1杯分:調理時間5分】
ミントの生葉 軽くひとつかみ
200ml
作り方
  1. 小鍋に水を入れて沸かし、ミントの葉を手でちぎって加える。
    フタをして火を止め、3〜4分置く。
  2. 1を茶こしで濾したらできあがり。

このミントティーは、ミントの生葉を少し多めに使います。
少し濃いめに淹れるのが私の好みなのですが、適量は人それぞれです。お好みで加減してください。

ちなみにミントティーに使うミントの葉のごく一般的な量は、1杯分で10〜15枚程度です。

このミントティーの作り方は、写真を使った詳しい説明もしましたので、上のレシピが分かりにくい場合は合わせてご覧ください。

関連レシピ