納豆好きならこのレシピ!納豆トースト。マヨ&砂糖で激ウマな作り方

投稿日:2018年2月16日 更新日:

納豆トースト(納豆食パン)

美味しい納豆トーストのレシピをご紹介します。

ポイントは、味付けに砂糖とマヨネーズを使うことです。
マヨを加えることで、納豆がとろとろした食感に。
また、砂糖とマヨをダブルで加えることで、しっかりとしたコクがプラスされ、納豆の旨味がぐっと引き立ちます。

納豆好きにはチーズなしがおすすめ

この納豆トーストは、お好みでチーズを使うレシピになっていますが、納豆好きの方には、ぜひ納豆だけを試していただきたいです。
その方が、納豆の味をダイレクトに堪能できるためです。

とは言え、納豆の臭いや味が少し苦手という方もいらっしゃると思います。
そんな場合は、チーズを納豆の下に敷いて、焼いてみてください。

チーズの風味で納豆が食べやすくなるうえに、食感もよりとろっとしたものになり、食パンとの一体感が生まれます。

2度美味しい納豆トースト

チーズなしとチーズあり、たったこれだけでまったく違った味わいに仕上がりますので、一度に2種類作って食べくらべるのも楽しいです。
1つのレシピで二度美味しい、納豆トーストのおすすめの食べ方です。

レシピ動画

「激ウマ!納豆トースト」のレシピです。

材料

1人分:調理時間5分
食パン 1枚
納豆 1パック
砂糖 小さじ1/2
マヨネーズ 小さじ1(4g)
こしょう 少々
とろけるスライスチーズ 好みで1枚

※ピザ用チーズでもOK。

作り方

納豆にマヨネーズと砂糖を加える

まず、納豆(1パック)に付属のたれとからしを入れて、砂糖(小さじ1/2)とマヨネーズ(小さじ1:4g)を加え、よく混ぜます。

砂糖とマヨネーズで美味しく

納豆に砂糖を混ぜると、コクが増して、大豆の旨味がぐっと引き立ちます。

また、マヨネーズを加えると、マイルドな風味がプラスされるうえに、とろっとした食感が際立って、美味しく仕上がります。


食パンにチーズを乗せる

そして、チーズを使う場合は、食パンの上にスライスチーズ(1枚)をのせます。
スライスチーズがない場合は、ピザ用チーズ(適量)でもOKです。

なお、チーズはムリに使わなくてもOKです。
チーズなしだと納豆の旨味をダイレクトに味わえるので、納豆が好きな方には、是非そちらを試していただきたいです。

チーズは納豆の下に敷く

チーズを使う場合は、納豆の上にのせるのではなく、納豆の下に置きます。

そうすると、噛んだときに納豆がクッションのような役目を果してくれるので、チーズが上あごにくっついて食べにくいということがなくなります。
しかも、チーズとトーストが密着するので、全体の食感に一体感が出て、より美味しくいただけます。


食パンに納豆を広げる

次に、食パンの上に、混ぜておいた納豆を広げます。

納豆をのせると、チーズなしでもチーズありでも、ほとんど見分けが付かなくなります。


納豆をのせた食パンをトースターで焼く

続いて、オーブントースターをしっかりと温めます。
そして、食パンを入れ、食パンのフチに焦げ目が付くまで3〜4分ほど焼きます。

トースターを予熱しておく

納豆トーストに限った話ではありませんが、トーストは、短時間でさっと焼き上げる方が、表面はサクサク、中はしっとりふんわりと仕上がって美味しいです。

あまり長く焼いてしまうと、食パンの中の水分が蒸発しすぎてパサッとしてしまうので、あらかじめトースターをしっかり温めてから焼き始めるのがおすすめです。

なお、トースターに温度設定やワット設定がある場合は、一番高い数値にして焼くといいです。


納豆トースト

仕上げに、こしょう(少々)を振ったら完成です。

納豆といえばご飯と組み合わせるのが王道ですが、トーストとも良く合います。
特に、今回のようにマヨネーズと砂糖でコクと風味をアップさせると、食パンの味と自然に馴染み、一体感のある味を楽しめます。

朝食のメニューにぴったりなのは勿論のこと、小腹が空いたときのおやつとしてもおすすめです。
チーズを入れるかどうかはお好みですが、納豆がもともと好きな方は、とりあえずナシで作ってみるといいですよ。

関連レシピ