ごま油が決め手!高菜トーストのレシピ。とろとろチーズで風味良く。

投稿日:2021年9月2日 更新日:

高菜トースト

高菜漬けを使った、高菜トーストのレシピをご紹介します。

食パンにはバターやマーガリンを塗るのが定番ですが、高菜漬けを具材にする場合は、ごま油を代わりに使うのがおすすめです。
ごま油と高菜漬けはとても相性が良く、コクのある風味が加わることで、高菜漬けの味が引き立ちます。

高菜トーストの作り方は、とても簡単です。
ごま油をパンに塗って、刻んだ高菜漬けとチーズをトッピング。
ネギを散らして、トースターでこんがりと焼いたら完成です。

トロッと溶けたチーズとともに、たっぷりの高菜漬けをとても美味しくいただけますよ。

レシピ動画

「ごま油が決め手!高菜トースト」のレシピです。

材料

1人分:調理時間4分
食パン 1枚
高菜漬け※ 20g
溶けるチーズ 1枚
ごま油 小さじ1
小ねぎ 適量

※きざみ高菜でもきざんでいない高菜漬けでもOK。

作り方

食パンにゴマ油を塗る
まず、食パン(1枚)にごま油(小さじ1)を塗ります。


ごま油を塗った食パンに高菜漬けを広げる
次に、食パンの上に高菜漬け(20g)を広げます。

高菜漬けは、スーパーでよく見かける「きざみ高菜」を使ってもいいですし、きざんでいない高菜漬けを使ってもいいです。

きざみ高菜の水気を切る 「きざみ高菜」を使う場合は、軽く水気を切ってから、パンの上にのせてください。
高菜漬けを切る また、きざんでいない高菜漬けを使う場合は、あらかじめ包丁で細かく切ってください。

高菜漬の上にチーズと小ネギをのせてトースターで焼く
続いて、溶けるチーズ(1枚)を食パンにのせ、小口切りにした小ねぎ(適量)を散らします。
そして、あらかじめ温めておいたオーブントースターで、食パンのフチに少し焦げ目がつくまで2〜3分焼いたら完成です。

溶けるチーズの代わりに、ピザ用チーズ(シュレッドタイプのチーズ)を使ってもOKです。
また、小ねぎは、長ねぎを細かく切って使ってもいいです。


高菜トースト
チーズのまったりとしたコクと、高菜漬けの深い旨み。
ねぎのキレのある風味が加わって、飽きのこない味に仕上がります。

高菜漬けというとご飯に合わせることが多いと思いますが、パンにのせて食べるのもかなり美味しいです。

朝食としても便利なので、ぜひお試しください。

関連レシピ