食べすぎ注意!チョコ餅のレシピ。切り餅を使った固くならない作り方。

投稿日:2018年10月17日 更新日:

チョコ餅

チョコ餅を手作りするレシピをご紹介します。

食感は柔らかで、甘さはやや控えめ。
とても食べやすいチョコ餅です。

切り餅を使って手軽に作れるので、余ったお餅の使い道としてもおすすめですよ。

チョコ餅

「食べすぎ注意!柔らかチョコ餅」のレシピです。

材料

2〜4人分:調理時間5分/冷蔵60分
板チョコレート 1枚(50g)
切り餅 2個
砂糖 18g
牛乳 70ml
ココアパウダー 適量
粉砂糖 適量

作り方

チョコレートと餅を切る

まず、切り餅(2個)を4等分に切り、板チョコ(1枚:50g)を1かけずつ砕きます。


餅にチョコレートと牛乳を加える

次に、チョコと餅を耐熱ボールに入れ、砂糖(18g)・牛乳(70ml)を加えます。

冷めても固くならないチョコ餅

このレシピは、切り餅2個に対して、チョコレートを1枚、牛乳を70ml使います。
チョコと牛乳をこれくらい多く使うと、とても柔らかいチョコ餅ができます。冷めても固くなりにくいです。

とは言え、いつまでも固くならないチョコ餅を作るのは不可能なので、出来上がったら、なるべく早めに食べてください。


チョコレートと牛乳をレンジで加熱する

そして、この状態でふんわりとラップをして、電子レンジ(600w)で1分30秒加熱します。


温めたチョコレートと牛乳を混ぜる

1分30秒加熱したら、いったん取り出して、ヘラで軽く混ぜます。(上の写真)

そして、再びラップをして、電子レンジ(600w)で1分30秒加熱します。

2回に分けてレンチン

2回に分けてレンジで加熱すると、チョコレートと油が分離しにくくなります。


器で餅を溶かして混ぜる

加熱し終えたら、今度は泡立て器を使って、餅を押し潰すようにしっかり混ぜます。

餅のかたまりが無くなるまで、泡立て器で勢い良く混ぜてください。
ここでムラなくしっかり混ぜると、仕上がりが均一できれいです。


ラップの上にココアパウダーをふる

続いて、ラップを敷き、その上にココアパウダー(適量)を茶こしなどで振ります。


レンジで溶かしたチョコ餅を広げる

そして、その上に餅を広げます。


チョコ餅にココアパウダーを振る

餅を広げたら、その上に再びココアパウダー(適量)を振ります。


チョコ餅にラップをして冷蔵庫に入れる

そして、ラップでぴったり包み、冷蔵庫で1時間寝かせて少し固めます。
ここでラップを使って、形を四角く整えると、仕上がりがきれいです。


チョコ餅の切り方

最後に、一口サイズに切り分けます。

チョコ餅の切り方

このチョコ餅は、食感がとても柔らかいので、切りにくい場合は、次の方法を試してみてください。

冷凍庫に30分ほど入れて固める
包丁を水で濡らす

チョコ餅を冷凍して少ししっかりめに固めたり、また、包丁をあらかじめ水で濡らしたりすると、切りやすくなります。

切るのが面倒な場合は、はじめから一口サイズにして固めるという手もあります。


チョコ餅に粉砂糖を振る

そして、粉砂糖(適量)を振ったら完成です。

チョコの表面には、ラップのあとが少し残りますが、最後に粉砂糖をかけると、ラップのあとはまったく分からなくなります。


チョコ餅

甘さ控えめの柔らかいチョコ餅ができます。

きれいに作ると、ちょっと高級なスイーツみたい。
普段のおやつとしてだけでなく、おもてなしにもおすすめです。

甘さ控えめで口当たりが良いので、正直いくらでも食べられます。
でも、カロリーも糖質も高めなので、食べ過ぎには注意ですよ。

関連レシピ