やまでら くみこ のレシピ

簡単料理の作り方や話題の人気レシピなどを紹介。

粉チーズの保存方法と賞味期限。常温・冷蔵庫・冷凍の使い分けを解説!

投稿日:

粉チーズの上手な保存方法をご紹介します。

粉チーズを冷蔵すると固まりやすい

粉チーズと言えば、きっと冷蔵庫で保存している方が多いのではないかと思います。
私も以前はそうでした。
でも、久しぶりに取り出した粉チーズが、カチカチに固まっていたなんて経験はありませんか。

そうなんです。
粉チーズを冷蔵する欠点は、固まってしまうこと。
冷蔵庫から出し入れする時の温度差や湿気がその原因です。

常温・冷蔵・冷凍の使い分け

では、粉チーズはどうやって保存するのがベストなのか。
どうせならプロに聞いてみようということで、「クラフト 100%パルメザンチーズ」の販売元 森永乳業に問い合わせてみました。

結論としては、常温(冷暗所)保存をベースにした方がいいようです。

ただし、夏場は常温ではなく冷蔵。
そして、季節に限らず、しばらく使う予定がないなら冷凍もありとのことです。

ちなみに、開封後の賞味期限の目安は、どの保存方法であっても大体1ヶ月とのことです。

以下に、詳しくお伝えします。

また、記事の後半では、粉チーズを使ったおすすめレシピもご紹介します。
余ってしまった粉チーズを美味しくいただけますよ。

粉チーズの保存方法

粉チーズは常温保存が基本

冒頭でもお伝えしたとおり、粉チーズを冷蔵庫で保存するのはあまりおすすめできません。

キンキンに冷えた状態の粉チーズを冷蔵庫から取り出すと、室温との間に大きな温度差があるので、容器内に結露が発生する可能性が高いです。
それを何度も繰り返していると、粉チーズが水分を含んで固くなってしまいます。

ですから、粉チーズの保存は、常温(冷暗所)が基本。
森永乳業の担当の方も実際にそう仰っていました。
日の当たらない涼しい場所で保存するのがいいそうです。

とは言っても、夏の盛りには、おそらくそんな場所はないでしょうから、そういう場合は、冷蔵庫で保存した方がいいとのことです。

固まった粉チーズを元に戻す方法

ところで、冷蔵して固まってしまった粉チーズを元に戻すには、常温にしばらく置いておくといいですよ。
30分くらい放置するだけで、パラっとした状態に戻ります。

すぐに元に戻したい場合は、力づくで粉状に。
容器ごと振ったり、フォークなどで砕いたりしても、意外と簡単にパラっとします。


しばらく使わないなら冷凍保存もあり

森永乳業によると、粉チーズを頻繁に使わない場合は冷凍保存するのもいいようです。

粉チーズを袋に小分けにして冷凍。
常温保存よりも少し手間がかかりますが、冷凍しておくとカビが生える可能性が低くなるので、さらに安心して保存できます。


粉チーズの賞味期限

また、粉チーズの賞味期限は、常温・冷蔵・冷凍に限らず、開封後1ヶ月くらいが目安とのことです。

冷凍しても、常温と変わらず1ヶ月。
ちょっと意外ですね。
担当の方によると、冷凍だとカビが生えにくくなるものの、冷凍庫にずっと置いておくと他の食品のニオイが移る可能性があるためなんだとか。
美味しくいただくには、1ヶ月くらいで食べきった方がいいそうです。

ちなみに、開封前の粉チーズであれば、賞味期限はもっと長いです。
製品によって違いますが、例えば「クラフト 100%パルメザンチーズ」なら製造から9ヶ月間。
開封前であれば、常温保存でOKです。

粉チーズの使い道8品

最後に、粉チーズの使い方をいくつかご紹介します。

賞味期限内に使い切れないという時に参考にしてください。

粉チーズをたっぷり使ったカルボナーラ

粉チーズの使い道

カルボナーラ

粉チーズと言えば、まず真っ先にパスタに振りかけて食べる方法を思い浮かべる方が多いと思います。

このカルボナーラは、粉チーズをたっぷり使うのが特徴です。

当サイトでは、テレビで話題になった料理をメインに紹介していますが、このカルボナーラは、とても人気があります。

イタリア料理の名店「フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ」のオーナーシェフ、小林幸司さんのレシピ
17分
ベーコン粉チーズにんにくオリーブオイル黒こしょうパスタ

作り方を見る

粉チーズをたっぷり使ったカルボナーラ

粉チーズの使い道

ヘルシーカルボナーラ

このカルボナーラも、粉チーズをたっぷり使います。

先に紹介したカルボナーラと同じく、生クリームを使わない節約レシピになっています。

生クリームの代わりに加えるのは、牛乳とバターと粉チーズ。
この3つの食材を加えると、生クリームのような味が出せます。

白菜とほうれん草をふんだんに使ったヘルシーなレシピですが、お味の方は、カルボナーラらしい濃厚な味に仕上がります。

おうち料理研究家のみきママのレシピ
15分
ベーコン白菜ほうれん草バター粉チーズブラックペッパーパスタ牛乳顆粒コンソメおろしニンニク

作り方を見る

粉チーズのふりかけ

粉チーズの使い道

チーズカレーふりかけ

粉チーズを手軽に使い切りたいのであれば、このレシピもおすすめです。

わずか30秒でできるふりかけ。
材料を混ぜるだけで完成します。

粉チーズとカレー粉を使ったほんのりスパイシーなふりかけです。

料理研究家の小田真規子さんのレシピ
30秒
粉チーズ刻みゴマカレー粉白コショウ青のり

作り方を見る

粉チーズドレッシング

粉チーズの使い道

白菜シーザー

混ぜるだけだったら、粉チーズでドレッシングを作るのもいいですよ。

リンク先で紹介しているのは、白菜サラダのおすすめレシピ。

このサラダは、手作りのシーザーサラダドレッシングをかけていただきます。
シーザーサラダドレッシングの材料は、粉チーズ・マヨネーズ・牛乳・おろしにんにく・塩こしょうだけ。

あっさりとして物足りなくなりがちな白菜サラダが、とても美味しくいただけます。

食育インストラクターの和田明日香さんのレシピ
4分
白菜油揚げマヨネーズ牛乳粉チーズおろしにんにくこしょう

作り方を見る

粉チーズトースト

粉チーズの使い方

トマトガーリックトースト

毎朝食べるトーストに粉チーズをひと振りするのも新鮮です。

写真のトーストは、にんにくバターを塗り、ベーコンとトマトをのせ、粉チーズを振って焼いています。

他にも目玉焼きトーストにひと振りしたり、バターを塗った後に粉チーズをかけるだけでも、いつもとちょっと変わった食べ方ができます。

タレントの北斗晶さんのレシピ
6分
食パンベーコントマトバターおろしにんにく粉チーズパセリ

作り方を見る

粉チーズ卵焼き

粉チーズの使い方

カルピス卵焼き

粉チーズを卵に混ぜて、卵焼きやオムレツを作るのも美味しいものです。

リンク先では、粉チーズとカルピス(原液)を混ぜたちょっと変わった卵焼きを紹介していますが、単に、いつもの卵焼きに粉チーズを混ぜるだけでも、コクが出てちょっぴり洋風な感じになります。

お弁当にもおすすめです。

料理愛好家の平野レミさんのレシピ
5分
カルピス粉チーズパセリバター

作り方を見る

粉チーズマフィン

粉チーズの使い方

オニオンベーコンマフィン

粉チーズをホットケーキミックスや小麦粉の生地に練り込むと、食事にもぴったりなマフィンができます。

リンク先で紹介しているのは、ホットケーキミックスをベースにして、玉ネギとベーコンと粉チーズを具材にしたマフィンです。

スコーンやパンの生地に練り込むのもいいですね。

タレントの北斗晶さんのレシピ
ホットケーキミックスベーコン玉ネギEXバージンオリーブオイル粉チーズ塩・コショウ

作り方を見る

粉チーズフレンチトースト

粉チーズの使い方

ふわとろ!フレンチトースト

フレンチトーストの本場フランスでは、甘くない食事にもぴったりのフレンチトーストもよく食べられているようです。

リンク先では、人気フレンチシェフが考案した、本場風の甘くないフレンチトーストを紹介しています。
このフレンチトーストは、卵液に、粉チーズ・ベーコン・塩こしょう・乾燥パセリを混ぜるのが特徴で、オーブンで15分ほどかけて焼き上げます。

ふわふわとろっとした食感と、そのまま手でつまめる手軽さが魅力的ですよ。

東京青山にあるフランス料理店「abysse(アビス)」のオーナーシェフ、目黒浩太郎さんのレシピ
20分
食パン牛乳生クリーム砂糖ミックスドライフルーツ粉糖粉チーズ塩・コショウベーコン乾燥パセリ

作り方を見る

以上、粉チーズの使い方でした。

他にも、ご飯に混ぜておにぎりにしたり、味噌汁に振りかけて洋風にするのもおすすめですよ。

関連記事

焼き海苔の保存方法!冷蔵・冷凍・常温を用途に応じて使い分け。

海苔の保存に湿気は大敵。海苔を美味しく保存するには、空気に触れさせないことがとても大切です。そこで今回は、海苔の上手な保存方法をご紹介します…

じゃがいもの保存方法と保存期間!冷凍・冷蔵・常温の使い分け。

じゃがいものおすすめの保存方法と保存期間をご紹介します。じゃがいもは、野菜の中では、比較的「常温」での保存に向いた食材です。涼しい季節であれ…

チーズは真空パックから出して保存。チーズづくりのプロがすすめる、理想的な保存法。

チーズ職人の宮嶋望さんは、北海道十勝にある「共同学舎新得農場」で、ヨーロッパの本格的な技術を取り入れつつ、日本の風土をいかしたチーズづくりを…

落花生の保存。おすすめは炒らずに冷凍!採れたては塩茹でして冷凍。

落花生(ピーナッツ)の保存法をご紹介します。店頭で目にする落花生の多くは「乾燥させた生落花生」か「炒った落花生」のどちらかですが、この記事で…

栗ご飯は冷凍保存OK!栗の食感は柔らかく変化。短期なら冷蔵も可。

栗ご飯の上手な保存方法をご紹介します。栗ご飯は、冷凍と冷蔵のどちらでも保存できますが、それぞれに違った特徴があるので、状況に応じて使い分ける…

おすすめ記事

とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。

とうもろこしの茹で方は、レンジでチンが一番美味しいです。皮ごとならその…

なすの人気レシピ16選。簡単メニューからメイン料理まで一挙紹介。

なすの人気レシピ16品をご紹介します。レンジを使った簡単レシピや、メイ…

人参の人気レシピ22選。作り置きやお弁当おかずに便利な簡単人参料理。

人参の人気レシピを22品ご紹介します。当サイトの数多くの人参レシピの中…

とうもろこしごはんのレシピ。人気のバター風味!炊飯器で炊き込みご飯

とうもろこしごはん(とうきびごはん)のおすすめレシピをご紹介します。と…

とうもろこしスープの手作りレシピ。甘みを堪能!コーンスープの作り方

とうもろこしスープの手作りレシピをご紹介します。生のとうもろこしを使っ…

なすとひき肉の甘辛あんかけレシピ。丼にしても美味しい!和風簡単料理。

なすとひき肉を使った、醤油風味の甘辛おかずのレシピをご紹介します。なす…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

豚肉と厚揚げの簡単レシピ。濃厚でコク旨!豚こまの柔らか炒めの作り方。

豚肉と厚揚げを使った炒め物の簡単レシピをご紹介します。豚こま切れ肉・厚…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

くるみのスコーン。カリッと焼いたクルミが旨い!くるみたっぷりレシピ。

くるみスコーンのおすすめレシピをご紹介します。くるみをふんだんに使った…

ピーマンのおひたしのレシピ。めんつゆで旨い!レンジで簡単お浸し。

ピーマンのおひたしのレシピをご紹介します。手軽さが人気のめんつゆレシピ…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮る…

桃スムージーのレシピ。おうちで作ると超美味しい!冷凍桃の活用法。

桃を使った美味しいスムージーのレシピをご紹介します。作り方はとても簡単…

枝豆を蒸し焼きにする方法。フライパンで簡単!栄養もムダなく取れる。

枝豆をフライパンで蒸し焼きにして火を通す方法をご紹介します。管理栄養士…

枝豆の美味しい茹で方!茹で時間は鍋で4〜5分。味と栄養面を解説。

枝豆の上手な茹で方をご紹介します。お伝えする茹で方は3パターン。それぞ…

味噌汁の具材の組み合わせ人気100選。具だくさん味噌汁のアイデア集。

味噌汁の具の組み合わせを、一挙にご紹介します。人気の定番レシピから、変…

ゆで卵の作り方。茹で時間は何分?半熟や固ゆでの簡単基本レシピ。

ゆで卵の作り方を動画でご紹介します。鍋を使って作る、ゆで卵の簡単レシピ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

鮭の炊き込みご飯。塩鮭で鮭ご飯!きのこと人参たっぷりの具沢山レシピ。

鮭ご飯のレシピをご紹介します。塩鮭を使った、具だくさんの炊き込みご飯。…

パプリカマリネのレシピ。作り置きやお弁当にもおすすめの簡単おかず。

パプリカマリネのレシピをご紹介します。パプリカだけを使ったマリネで、作…

ナス味噌炒めのレシピ。なすと味噌は好相性!簡単コク旨おかずの作り方。

ナス味噌炒めのレシピをご紹介します。ナス味噌といえば、なすを使った人気…

波照間島観光の見どころ!日本最南端の島の魅力を豊富な写真で紹介。

波照間島は、日本にある有人島(人が住んでいる島)の中で、最南端に位置す…

納豆ツナのレシピ。シーチキンを混ぜるだけ!簡単ダイエットおかず。

納豆とツナ缶(シーチキン)を使った超簡単おかずレシピをご紹介します。付…