切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

投稿日:2022年1月5日 更新日:

レシピ動画

白菜の千切りの切り方を解説します。

千切りとは、食材を「線」のように細く、1〜2ミリくらいの幅に切り分ける方法です。
千切りにした白菜は、主にサラダや和え物などの生食用によく使われますが、工夫次第では、汁物や煮物や鍋料理などにも応用できます。

白菜を千切りにする際には、スライサーではなく、包丁を使う方が断然おすすめ。
白菜は、キャベツのように葉先までぎゅっと詰まっているわけではなく、わりと隙間が空いているので、スライサーだとかなり切りにくいです。

千切りには2種類ある

白菜の千切りの仕方には2パターンあります。

「繊維に沿うように縦に千切りにする」方法と、「繊維を断ち切るように横に千切りにする」方法です。

白菜の繊維は、白菜の根元から葉先に向かって縦にのびていますが、その繊維に沿うように切るか、断ち切るように切るかによって、食感や火の通り具合が変わってきます。

白菜千切り
縦に千切り
白菜千切り
横に千切り

「縦に千切り」にすると、水分が出にくく、シャキシャキした食感が出やすいです。
逆に「横に千切り」にすると、水分が出やすくて、食感が柔らかくなります。
また、火の通りがやや良くなります。

それぞれの切り方をいかしたサラダ2品のレシピも、調理例としてご紹介します。

白菜を縦に千切りにする

最初は、白菜を縦に千切りにする方法についてです。

白菜千切り(縦切り)
白菜をシャキシャキ食感に仕上げたい場合は、繊維に沿うように縦に千切りにするのがおすすめです。

白菜を4〜5センチ幅に切る

まず、白菜1枚のオモテ面を下にして、まな板にのせます。
そして、根元の方から、4〜5センチ幅に切り分けます。

芯と葉を分けて切ってもOK
白菜の芯を切り取る
なお、芯と葉を分けて調理する場合は、あらかじめ芯の部分を切り取ったうえで、それぞれを上と同じように4〜5センチ幅に切ります。

白菜の葉を軽く巻いて切る

白菜の先端に近づくにつれて、芯が細くなって葉の面積が広くなっていきますが、そうした部分は、フニャッとしていてそのままだと少し切りにくいです。

そういう場合は、軽く巻いてから包丁を入れると、切り分けやすくなります。


切った白菜を重ねる

次に、切った白菜を2〜3枚重ねて、90度回転させます。
そして、葉の部分を芯の下に折り曲げます。

葉を芯の下に折り曲げる

白菜の芯の両サイドに付いた葉の部分は、そのままだと薄すぎて切りにくいので、芯の下に入れて芯と一緒に切ると、効率良く切れます。


白菜の芯を1〜2mm幅に切る

端から1〜2ミリ幅に切っていきます。


白菜の切れ端を重ねる

他の白菜も同じように、2〜3枚重ねてから、葉を芯の下に入れます。


白菜をの芯を1〜2mm幅に切る

そして、端から1〜2ミリ幅に切ります。


白菜の葉を軽く巻く

葉の部分は、軽く巻いてから数枚重ねてコンパクトにすると、切りやすいです。


白菜の葉を1〜2mm幅に切る

葉の部分も、端から1〜2ミリ幅に切ったら完成です。


白菜千切り

白菜を繊維に沿って千切りにすると、サラダにしても水分が出にくいうえに、白菜の心地よい食感が際立ちます。


白菜を縦に千切りにした料理

縦に千切りにした白菜のサラダ(白菜シーザーサラダ)
こちらは、縦に千切りにした白菜を使ったサラダ。
白菜シーザーサラダ」です。

シャキシャキ食感の千切り白菜に、和風にアレンジしたシーザードレッシングをかけていただきます。

シーザードレッシングは、粉チーズやマヨネーズで作ります。
粉チーズのしっかりとしたコクと、マヨネーズ&酢の柔らかな酸味。
そこに顆粒だしの素の旨味をプラスすると、白菜にとても良く合いますよ。

白菜を横に千切りにする

続いては、白菜を横に千切りにする方法についてです。

白菜千切り(横切り)
白菜の千切りを柔らかい食感に仕上げたいのなら、繊維を断ち切るように横に千切りにするのがおすすめです。

白菜を1〜2ミリ幅に切る

まず、白菜1枚のオモテ面を下にしてまな板に置き、芯の端から1〜2ミリ幅に切り分けます。


白菜の芯の両端の葉を芯の下に折り曲げる

葉の部分が多くなってきたら、両サイドの葉を芯の下に折り曲げて切るといいです。


白菜の芯を1〜2mm幅に切る

葉を芯の下に入れると、スムーズに切れます。


白菜の葉を1〜2mm幅に切る

葉だけになったら、軽く巻くなどしてさらに細くすると、包丁で切りやすいです。


白菜の千切り

こちらが、白菜を横に千切りにしたもの。

この千切りは、先に紹介した縦の千切りとくらべると食感が柔らかく、加熱した場合に火が通りやすいです。

また、水分が出やすいのも、特徴の1つ。
芯の部分などは包丁を入れるそばから水分が出てくるので、この特徴は、料理初心者の方でも分かりやすいと思います。


白菜を横に千切りにした料理

横に千切りにした白菜のサラダ(白菜コールスロー)
こちらは、横に千切りにした白菜の特徴をいかした、白菜サラダ。
白菜コールスロー」です。

コールスローと言えば、キャベツを使うのが一般的ですが、このレシピでは、キャベツの代わりに白菜を使います。

白菜は、キャベツよりも水分が出やすく水っぽいので、その水分をしっかり取り除くことが美味しさの秘訣。
そこで、白菜を横に千切りにして塩を揉み込むことで、水分を短時間で効率良く取り除けるようにしています。


以上、白菜の千切りについてお伝えしました。

白菜を縦に千切りにすると、水分が出にくくて、食感はシャキシャキ。
一方で、横に千切りにすると、水分が出やすくて、食感は柔らかく、加熱したときに火が通りやすい。

それぞれに長所があるので、作る料理に応じて使い分けるといいですよ。

関連レシピ