やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

豆腐の水切り方法の決定版!簡単時短からしっかりまで全て解説。

投稿日:2019年3月16日 更新日:

豆腐の水切りのおすすめの方法をご紹介します。

豆腐の水切りには複数のやり方があるので、どの方法がベストなのか分かりづらいですよね。
そこで今回は、5種類の異なる方法を比較検証した結果を踏まえて、おすすめの水切り方法をお伝えします。

比較したのは次の5パターンです。

  • 冷蔵庫に一晩置く
  • ペーパーで水分を拭き取る
  • 電子レンジで加熱する
  • 重しをする
  • 鍋で茹でる
イチオシは「電子レンジ」

結論から先にお伝えすると、時間と水切り量を比較して、一番効率的なのは、電子レンジを使ったやり方です。

普通に水切りするのであれば、たったの3分レンチンするだけでOK。

もし、よりしっかりと水切りしたいという場合には、レンチンした後に重しをします。
5分ほど重しをしておくと、かなりの量の水分を取り除くことができます。

冷たいまま食べたければ「重し」

ただ、レンチンにも弱点はあります。
それは豆腐が熱々になるということ。

温かい料理に使うなら問題はありませんが、サラダや和え物などに使いたいという場合には、レンチンせずに最初から重しをするのがおすすめです。

30分ほど重しをするとしっかりと水分が抜けます。


さて、以上の2つを含めた計5パターンの検証結果については後ほど詳しくご説明しますが、その前に、下のフローチャートをご覧ください。
質問に答えていけば、あなたがお探しの水切りの仕方がきっと見つかります。
リンクをクリックすると、この記事内の該当箇所にジャンプするので、目次としても使えます。

ちなみに、水切りする際に使用するお豆腐は、木綿豆腐でも絹ごし豆腐でもOKです。

START
食べるのは明日以降?
はい
いいえ
水切りは軽くでいい?
はい
いいえ
短時間でしっかり水切りしたい?
はい
いいえ
冷たいまますぐに食べたい?
はい
いいえ


また、この記事の最後には、水切りした豆腐を使った料理のレシピも紹介しています。
そちらもぜひご覧ください。


豆腐の水切り方法の比較

まずは、豆腐の水切り方法を比較した表をご覧ください。
水切りにかかった時間と、水切りできた量をまとめています。

並び順は、時間が短い順。
使用した豆腐は、固めの木綿豆腐です。
「水切り量」の欄は、豆腐の重さが何パーセント減ったのかを表しています。

水切り方法 時間 水切り量
拭き取る 豆腐をぎゅっと絞りつつ、ペーパーで水分を拭き取る 1分 5%
レンチン ペーパーに包んでレンジで3分加熱 3分 8%
茹でる 沸騰した湯から3分茹でて、10分ほどざるに置く 15分 10%
重し ペーパーに包んで、30分ほど重しをする 30分 13%
一晩 ざるにペーパーを敷いて一晩置く 一晩 13%
「レンチン」がいちばん効率的

注目していただきたいのは、濃いピンク色で塗りつぶした部分です。

たったの3分レンチンするだけで、8%分の水切りができていることが分かります。

普通に料理に使う上ではこれくらいの水切り量で十分なことも多いため、効率性を考えるとかなり優秀です。

もし水切り量が足りなければ、レンチン後に重しをすればOK。

5分間重しをすると、合計でなんと15%もの水分を取り除けます。
その量は、上の表の数字と比べても単独トップです。

こうした点から、当サイトでは、電子レンジを使った水切り法をおすすめしています。


冷たいまま食べたければ「重し」

次に注目したいのが、薄いピンク色で塗りつぶした「重しをする方法」です。

この場合の水切り量は13%。
30分重しをするだけで、一晩置く方法と同じだけの量を水切りできています。

しかも、レンチンと違って豆腐が熱々になりません。
冷たいまますぐに料理に使いたい場合は、この方法がおすすめです。


拭き取るだけも侮れない

もし、ごく軽めに水切りするだけであれば、「拭き取る方法」も意外と侮れません。

5パターンの中で一番早い方法で、たったの1分しかかかりませんが、5%の量の水分を水切りできます。


使うのが明日なら、一晩かけて水切り

また、水切りした豆腐を使うのが明日の朝であれば、一晩冷蔵庫に置く方法も便利です。

寝て起きたら水切り完了。
13%の量の水切りができます。


しっかりめの食感にしたい場合は「鍋」

鍋で茹でる方法は、15分で10%の量の水切りができるので時間対効果は悪くありませんが、豆腐の食感がやや固くなるため使いどころが限定されます。

また、湯に通すことで豆腐独特の匂いも薄まるので、その点も好みが分かれるかも知れません。

例えば、チャンプルーや麻婆豆腐を作る時に、この方法で下処理することがあります。

豆腐の水切りの手順

続いて、上でご紹介した5パターンの水切り方法を写真入りで詳しくご紹介します。

レンジでチンイチオシ!

最初にご紹介するのは、電子レンジを使う方法です。
この方法のメリットは、とにかく時短で、なおかつそれなりに効果があること。
早く水切りしたい方には電子レンジが一番おすすめです。

ただし、豆腐が加熱されるので、冷たい状態で食べたい場合には、冷蔵庫で冷やす時間が必要です。

材料
豆腐 1丁
手順
  1. キッチンペーパーを2枚重ねにして豆腐(一丁)を包む。
  2. キッチンペーパーの端が重なっている方(折りたたんである方)を下にし、耐熱皿に乗せ、ラップをせずに電子レンジ(500w)で3分加熱する。


加熱する際に、ラップをしないのがポイントです。
ラップをすると水気がこもってしまうので、キッチンペーパーに包んだまま、レンジに入れます。

ちなみに、キッチンペーパーがない場合は、ふきんで包んでもいいです。
ふきんもない場合は、豆腐をそのままレンジに入れるだけでもOK。
ただ、キッチンペーパーやふきんで包んだ方が、よりしっかり水切りできます。


チンして重し


さらにしっかりと水切りしたい場合には、チンした後にキッチンペーパーを替え、5分くらい重しをするのがおすすめです。
そうすると、重しを30分した場合よりも多く水切りすることができます。


重しをする幅広く使える

続いては、キッチンペーパーで包んで重しをする方法です。

レンチンよりも時間がかかりますが、しっかり水切りできますし、重しをする時間を変えれば、水切りする量を簡単に調整することもできます。

また、豆腐を加熱することもないので、冷たい料理を含めて色々なメニューに対応可能です。

手順
  1. キッチンペーパーを2枚重ねにして豆腐を包み、バットにのせる。
    重しをして、30分ほど置く。


まず、キッチンペーパーを2枚重ねにして豆腐を包みます。

しっかり水切りしたい場合は、ここで、キッチンペーパーの枚数を増やすといいです。



そして、豆腐の上に重しをします。

重しは何でもOKですが、豆腐が潰れない程度の重しをします。
重量は、豆腐の2倍くらいがおすすめ。

豆腐1丁の水切りをする時は、350mlのペットボトル2本分くらいの重さがあるといいですよ。

豆腐を冷たい状態ですぐに食べたい場合は、このまま冷蔵庫に入れてください。


ちなみに、このまま重しをする時間を1時間に延ばしても、効果はあまり変わりません。
よりしっかり水切りしたい場合は、次の方法がおすすめです。

  • キッチンペーパーを替えて重しをする。
  • 豆腐を砕いて重しをする。

水分を拭き取る

次にご紹介するのは、ペーパーで軽く水切りする方法。
1番簡単で早く水切りできるやり方です。
水切りできる量は少なめですが、冷奴にする場合や、鍋や煮物に具材にする場合は、この方法で十分なことも多いです。

手順
  1. キッチンペーパーを2枚重ねにして豆腐を包み、手で1分ほどぎゅっと絞る。

豆腐は水分がとても多い食品なので、ぎゅっと手でおさえるだけでも、けっこう水気が取れます。

絞るのが面倒な場合は、キッチンペーパーで包んで1分ほど置くだけでも、意外と効果がありますよ。


一晩置く

こちらは、一晩置く方法です。

食べるのが明日以降という場合には、豆腐をザルに上げて冷蔵庫に入れておくだけでも水気が切れます。
時間はかかりますが、実は、これが一番手間がかからない方法です。

手順
  1. キッチンペーパーをざるの上に敷き、豆腐を乗せ、ラップをして冷蔵庫に一晩置く。

ザルの代わりに、ダイソーなどの100均やネットなどで販売されているグッズを使うのもいいです。
容器の中にザルが入っていて、水切りしたい時にも使えますし、豆腐の保存容器としても使えます。



また、豆腐をパックのまま水切りすることもできます。
この方法だったら特別な道具もいりません。
パックの一辺に包丁を入れ、その部分を下にしてタッパーや皿などに乗せて、冷蔵庫に一晩置くだけ。
水切りできる量はやや少なめですが、手頃なザルがない場合に便利です。



キッチンペーパーなしの場合は、豆腐をちぎってザルの上にのせるだけでも効果があります。

豆腐は細かくちぎればちぎるほど、水気が抜けやすいですよ。


3分茹でる

最後にご紹介するのは、豆腐を茹でて水切りする方法です。
豆腐のなめらかな食感がやや失われますが、しっかり水分が抜けます。

この方法は、チャンプルなど炒めものにするときに向いています。
また、麻婆豆腐を作る際に豆腐を下茹でして使う方も結構いらっしゃいます。

手順
  1. 鍋に湯を沸かし、豆腐を加え、3分ほど茹でる。
  2. ざるに上げ、10分ほど置く。


茹で上がったら、アツアツのうちにザルに上げてしばらく置くと、水気がよく切れます。



徹底的に水分を抜きたい場合は、豆腐をちぎって茹でるのがおすすめ。
水分がさらに抜けて、食感も固めになります。


続いて、水切りした豆腐を使ったレシピをご紹介します。

豆腐の水切りを使ったレシピ

ここからは、水切りした豆腐を使った料理のレシピをお伝えします。

豆腐の水切りレシピ

水菜とさば水煮缶の白和え

水切りした豆腐を手軽に美味しく食べられるお料理と言えば、サラダや和え物は外せません。

リンク先では、いま人気のサバ缶と水菜を組み合わせた、サラダ感覚で食べられる白和えのレシピを紹介しています。

このサラダに使うお豆腐は、軽く水切りしたものでOK。
水切りの仕方は、レンジで1分チンするだけです。

栄養士で料理研究家の今泉久美さんのレシピ
3分
サバの水煮缶水菜木綿豆腐白練りごま 砂糖薄口醤油

作り方を見る

豆腐の水切りレシピ

豆腐マヨ

水切りした豆腐がたくさんあるのなら、豆腐マヨネーズを作るのもおすすめです。
リンク先では、卵を一切使わない豆腐マヨネーズを2品紹介しています。

1品めは、料理愛好家の平野レミさんが考案した「豆腐マヨ」。
ほど良い酸味と優しいコクがあり、いろいろな野菜と合わせやすいです。
お豆腐は、1時間くらいかけておもしをし、しっかりめに水切りしたものを使います。

2品めは、管理栄養士の木下あおいさんが考案した「豆腐マヨ」。
味噌と酢を使ったさっぱりとした和風の味付けが特徴。
こちらは豆腐を水切りせずにそのまま使います。

5分
木綿豆腐オリーブオイルレモン汁マスタード砂糖黒コショウ

作り方を見る

豆腐の水切りレシピ

豆腐クリームチーズ

豆腐を買いすぎてしまったときには、水切り不要の「豆腐チーズクリーム」がおすすめです。

作り方はとても簡単。
木綿豆腐・クリームチーズ・砂糖をフードプロセッサーに入れ、ペースト状にするだけです。

クセがないので、普通の生クリームと同じように、いろいろなスイーツに使えます。
このクリームをもとに、レアチーズケーキ風スイーツを作ることもできます。

料理研究家の須永久美さんのレシピ
3分
木綿豆腐クリームチーズ砂糖

作り方を見る

豆腐の水切りレシピ

豆腐クリーム

こちらは、豆腐を使ったホワイトソース。

お豆腐は、キッチンペーパーで軽く水気を拭くくらいの水切り加減で使えます。

材料すべてをフードプロセッサーにかけたら完成。
あっさりとした優しい味わいが魅力で、いくらでも食べられそうです。

2分
木綿豆腐牛乳コンソメ

作り方を見る

豆腐の水切りレシピ

チキンナゲット

水切りした豆腐をハンバーグやチキンナゲットのたねに練り込むと、ふんわりとした食感に仕上がります。
冷めても柔らかいので、お弁当にもぴったりです。

リンク先で紹介しているチキンナゲットは、水切りした絹ごし豆腐を使います。

作り置き
ゆうこりんこと、タレントの小倉優子さんのレシピ
13分
鶏ムネひき肉絹ごし豆腐塩・コショウ醤油コンソメマヨネーズ小麦粉

作り方を見る

豆腐の水切りレシピ

冷凍豆腐の作り方と簡単レシピ

こちらは、冷凍豆腐のレシピ。

お豆腐は冷凍保存することができます。
豆腐の使い道に困ったら、軽く水気を切って、保存袋に入れて冷凍庫にストックしておくといいですよ。
ツルンとした豆腐が、高野豆腐のような食感に変わります。

リンク先では、唐揚げ・とんかつ・あんかけそぼろ丼・ドーナツ・チキン南蛮のレシピを紹介しています。

作り方を見る

豆腐の水切りレシピ

豆腐を使った生チョコ

最後にご紹介するのは、生チョコのレシピ。

溶かした板チョコに、水切りした絹ごし豆腐を混ぜて固めると、生チョコのような食感になります。

ドライフルーツの風味をプラスした生チョコで、豆腐が入っていることはたぶん分からないと思います。

絹ごし豆腐板チョコココアパウダードライフルーツ

作り方を見る

以上、水切りした豆腐のおすすめレシピでした。
どれもとても美味しいですよ。

関連記事

豆腐の水切りはレンジがおすすめ。簡単&時短!加熱時間はわずか3分。

豆腐の水切りは、レンジを使うとかなりの時短になります。電子レンジを使う方法なら、たった3分の加熱でOK。やり方も簡単で、豆腐をキッチンペーパ…

豆腐の味噌漬けのレシピ!人気のおつまみはチーズのような食感。

豆腐を使った人気のおつまみ、豆腐の味噌漬けのレシピをご紹介します。水切りした豆腐を、味噌だれにつけ込んだお料理。味噌の風味が中まで染み込んで…

水切りヨーグルトの作り方!水切りする方法2パターンとおすすめレシピ。

水切りヨーグルトの作り方を2パターンご紹介します。1つめは、ザルとキッチンペーパーを使ってヨーグルトを水切りする「基本の水切りヨーグルト」。…

もやしをレンジでチンする方法!電子レンジでの加熱時間とレンチンレシピ

もやしを電子レンジでチンする方法をご紹介します。もやしを加熱するにあたっては、鍋でゆでるよりも、レンジで蒸す方がおすすめです。レンチンの場合…

豆腐の保存!水は必要?容器はどうする?保存方法と保存期間を解説。

豆腐のおすすめの保存方法と保存期間をご紹介します。料理に使い切れなかった豆腐の美味しさをキープする方法です。豆腐の保存は、水に浸して冷蔵する…

おすすめ記事

さつまいものレンジでの蒸し方。短時間で柔らかく!ふかし芋の簡単レシピ。

さつまいもを電子レンジで蒸して、ふかし芋を作る簡単な方法をご紹介します…

さつまいもの上手な保存方法。常温、冷蔵、冷凍の3つに分けて紹介。

さつまいもの保存方法をご紹介します。紹介するのは、「常温」・「冷蔵」・…

栗ご飯のレシピ。シンプルな味付けが旨い!炊飯器を使った簡単な作り方。

栗ご飯のおすすめレシピをご紹介します。栗ごはんの炊き方にはいくつかの方…

栗の簡単な茹で方。茹で時間は50分!茹で栗の剥き方や保存も解説。

栗の茹で方をご紹介します。普通の鍋で茹でる方法と、圧力鍋で加圧する方法…

生落花生の茹で方と食べ方。旬の時期限定!水から塩茹でが一番。

生落花生の上手な茹で方と美味しい食べ方をご紹介します。生落花生の収穫時…

ゆで卵の作り方。茹で時間は何分?半熟や固ゆでの簡単基本レシピ。

ゆで卵の作り方を動画でご紹介します。鍋を使って作る、ゆで卵の簡単レシピ…

味噌汁の具材の組み合わせ人気100選。具だくさん味噌汁のアイデア集。

お味噌汁の具の組み合わせを、一挙にご紹介します。人気の定番レシピから、…

生落花生(ピーナッツ)の炒り方!レンジ・フライパン・オーブンを比較。

生落花生の炒り方(煎り方)をご紹介します。乾燥生落花生を、フライパン・…

なすの人気レシピ17選。簡単メニューからメイン料理まで一挙紹介。

なすの人気レシピ17品をご紹介します。レンジを使った簡単レシピや、メイ…

人参の人気レシピ22選。作り置きやお弁当おかずに便利な簡単人参料理。

人参の人気レシピを22品ご紹介します。当サイトの数多くの人参レシピの中…

さつまいもの蒸し方。簡単で美味しいふかし芋!鍋やフライパンでもOK。

さつまいもの美味しい蒸し方(ふかし方)をご紹介します。特別な道具がなく…

糖質制限ダイエットの人気レシピ88選。低糖質で簡単!食事メニューまとめ。

糖質制限におすすめの人気レシピ88品をご紹介します。使っている食材は、…

なすとひき肉の甘辛あんかけレシピ。丼にしても美味しい!和風簡単料理。

なすとひき肉を使った、醤油風味の甘辛おかずのレシピをご紹介します。なす…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

豚肉と厚揚げの簡単レシピ。濃厚でコク旨!豚こまの柔らか炒めの作り方。

豚肉と厚揚げを使った炒め物の簡単レシピをご紹介します。豚こま切れ肉・厚…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

くるみのスコーン。カリッと焼いたクルミが旨い!くるみたっぷりレシピ。

くるみスコーンのおすすめレシピをご紹介します。くるみをふんだんに使った…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮る…

梨の切り方と剥き方!基本からおしゃれ&かわいい飾り切りまで6選。

梨の切り方と皮の剥き方をご紹介します。基本からおしゃれなやり方まで全6…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

里芋コロッケのレシピ。少ない油で簡単!人気の和風おかずの作り方。

里芋コロッケのレシピをご紹介します。味付けに醤油をつかい、具材に長ねぎ…

ロシア語のアルファベット入力キーボード。変換不要!一覧から文字を選択

ロシア語のアルファベットを入力するためのオンラインアプリです。一覧から…

牛肉のしぐれ煮。柔らかくて旨い!シンプルな甘辛煮の簡単な作り方。

牛肉のしぐれ煮(時雨煮)のレシピをご紹介します。しぐれ煮とは、しょうが…

里芋の味噌汁レシピ。具沢山で大満足!油揚げとねぎの組み合わせ。

里芋の味噌汁の作り方をご紹介します。里芋と組み合わせるのは、油揚げとネ…

いかくんとセロリのマリネレシピ。いかの燻製とセロリがかなりの好相性!

セロリといかくん(いかの燻製)を使った、簡単で美味しいマリネのレシピを…