にんにくの保存方法。チルド室で冷蔵が長持ち!保存期間も解説。

投稿日:2019年12月12日 更新日:

にんにくの保存

にんにくの保存方法をご紹介します。

にんにくは、常温でも保存ができます。
常温での保存期間は、1ヶ月くらいが目安です。

チルド室に入れると長持ち

ただし、より長持ちさせたい場合や、あるいは夏季には、冷蔵保存の方がおすすめです。

冷蔵での保存期間は1〜2ヶ月くらい。
温度の低いチルド室で保存しておけば、発芽しにくくなります。

にんにくの芽が出てくると風味がガクッと落ちてしまうので、それを防ぐためにも、冷蔵庫のスペースが確保できるのなら、通年を通して冷蔵保存しておくと安心です。

刻みにんにくは冷凍がおすすめ

一方で、皮をむいたり切ってしまったにんにくは、冷蔵保存では1週間ほどしか日持ちしません。

にんにくの冷凍保存 切ったにんにくを長持ちさせるには、冷凍保存がおすすめ。

丸ごと冷凍するのもアリですが、みじん切りや輪切りにしてから冷凍しておけば、解凍せずにそのまま料理に使えます。
大量に切ってストックしておくと便利です。

この記事では、にんにくの保存の仕方と合わせて、にんにくの醤油漬けなどの保存食レシピもお伝えします。

にんにくの常温保存

にんにくの吊るし方・保存方法

にんにくの常温保存期間:1ヶ月

にんにくは、比較的、常温保存に向いた食材です。

涼しい季節だったら、ネットなどに入れて、風通しの良い冷暗所で吊るして保存すると日持ちします。
適当なネットが無い場合は、ザルに入れてもいいです。

ポイントは、外皮を剥かないこと。
常温保存の際には、外皮を付けたままにした方が乾燥を防ぐことができます。

にんにくの冷蔵保存

にんにくの冷蔵保存方法

にんにく丸ごとの冷蔵保存期間:1〜2ヶ月

夏季などの蒸し暑い季節には、にんにくを冷蔵庫で保存すると安心です。

チルド室に入れると芽が出にくい

保存する場所は、冷蔵庫のチルド室が一番おすすめ。
チルド室は、冷蔵室(3〜5度)や野菜室(5〜7度)よりも温度が低めに設定されており、だいたい0度くらいです。
にんにくは、0度近くで保存すると、芽が出にくくなります。

冷蔵の際には、にんにく丸ごとをキッチンペーパーで包み、ポリ袋に入れ、口を軽く縛ります。

一片ずつ小分けにしてもOKです。
ただし、その場合は、それぞれの皮を剥かないようにしてください。


切ったにんにくの保存法

切ったにんにくの冷蔵保存期間:1週間

にんにくの皮をむいたり、あるいはにんにくを切ってしまった場合は、保存期間が短くなります。
冷蔵での賞味期限は1週間くらいです。

そうしたにんにくは、まとめてみじん切りにしてタッパーなどの保存容器に入れるか、ラップで包んでおくと、料理にすぐに使えて便利です。

長期保存するのなら、次の冷凍保存がおすすめです。

にんにくの冷凍保存

にんにくの冷凍保存

にんにくの冷凍保存期間:1ヶ月

切ったにんにくを長期保存するのなら、冷凍保存するのがいいです。

皮をむいて丸ごとでもいいですし、すぐに調理に使えるように、スライス・みじん切り・すりおろしなどでもOK。
いずれにしても、小分けにしてラップで包んだうえで、保存袋に入れます。

解凍は不要

冷凍したにんにくは、わざわざ解凍する必要はありません。
凍ったままの状態で調理に使えます。

詳しくは「にんにくの冷凍保存」をご覧ください。

にんにくの保存食

ところで、にんにくを保存食に加工したうえで保存しておくと、さらに料理に使いやすくなります。

にんにくオイル漬け

こちらは「食べるにんにくオイル」のレシピです。

みじん切りにしたにんにくをオリーブオイルで2分ほど加熱します。

火を入れることで、ほんのり香ばしい味に仕上がります。
とても食べやすいです。

5分
にんにくオリーブオイル

作り方を見る

にんにくの醤油漬け

にんにくの醤油漬け」にするのもおすすめです。

作り方はとても簡単。
にんにくの皮をむき、丸ごと保存ビンに詰め、かぶるくらいの醤油を注ぐだけ。
3日後には食べられるようになり、常温でも1年くらい日持ちします。

香りが移った醤油は調味料として、刻んだにんにくは薬味風に使えますよ。

1分
にんにく醤油

作り方を見る

にんにくのはちみつ漬け

最後にご紹介するのは、「にんにくのはちみつ漬け」です。

こちらは、醤油漬けと比べると漬ける時間が長く、食べ頃になるまでに3ヶ月ほどかかりますが、作り方は同じくらい簡単です。
皮を剥いたにんにくを保存ビンに入れて、かぶるくらいのはちみつを注ぐだけです。

にんにくを蜂蜜の甘みでコーティングすることで、食べやすさがアップ。
辛みはほとんどなくなって、また、臭いもかなり和らぎます。

5分
にんにくはちみつ

作り方を見る

関連レシピ