納豆キムチのレシピ。キムチと納豆の旨味がアップ!健康効果と作り方。

投稿日:2020年5月5日 更新日:

納豆キムチ

納豆キムチのおすすめレシピをご紹介します。

作り方は簡単で、納豆に、キムチとごま油と白ごまを混ぜたら出来上がり。
ネバネバと糸をひく納豆に、キムチの強烈な旨味がよく絡み、パンチのきいた味に仕上がります。

そのまま単品で食べてもいいですし、ご飯にかけて納豆キムチ丼にしたり、豆腐にのせて納豆キムチ冷奴にしても美味しいです。

納豆キムチの栄養とダイエット効果

ちなみに、納豆とキムチは、栄養の面からも効果的な組み合わせです。

キムチには乳酸菌が豊富に含まれていますが、乳酸菌には、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整える効果があります。

納豆キムチ そして、納豆に含まれるオリゴ糖は乳酸菌のエサになるので、2つを一緒に食べることで、相乗効果が生まれるというわけです。

腸を整えることで、免疫力がアップするだけでなく、代謝や脂肪燃焼も促進されるので、納豆とキムチの組み合わせは、ダイエットにも効果が期待できると言われています。

キムチ納豆の作り方

キムチ納豆

「納豆キムチ」のレシピです。

材料【1人分:調理時間1分】
納豆 1パック
キムチ 20g程度
白ごま 小さじ1/3
ごま油 小さじ1/2
カロリー
1人分135kcal
作り方
  1. 納豆(たれ・からしなし)にキムチ・白ごま・ごま油を加える。
  2. 軽く混ぜたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

納豆とキムチを混ぜる
作り方は、材料すべてを混ぜるだけ。
納豆(1パック)・キムチ(20g程度)・白ごま(小さじ1/3)・ごま油(小さじ1/2)を軽く混ぜたら完成です。

器を用意するのが面倒な場合は、納豆のパックに直接材料を加えればOKです。


納豆キムチ
同じ発酵食品同士、納豆とキムチはとても相性がいいです。

納豆のネバネバした部分に粘着性があるので、味が良く絡みますし、そのうえ、それぞれに旨味成分があるので、それらがいい感じに混じり合って、美味しさがアップします。

納豆とキムチを和えるだけでもいいですけど、ごま油とごまを加える方がおすすめです。
ごま油のコクとごまの風味がプラスされることで、味の幅が広がり、またキムチの角が取れて少しマイルドになるので、より味わい深く仕上がります。

納豆キムチの美味しい食べ方

なお、この納豆キムチの食べ方は、アイデア次第でバリエーションがいくらでも広がります。

納豆キムチトースト おすすめのアレンジ方法としては、例えば、次のようなものが挙げられます。

参考にしてください。

  • ご飯の上にのせる。卵を割り入れるのもあり。
  • ご飯と炒めてチャーハンにする。
  • 豆腐の上にのせる。
  • うどんやパスタの具材にする。
  • ラーメンの上にトッピングする。
  • そうめんの薬味にする。
  • オムレツの具材にする。
  • 食パンの上にスライスチーズと一緒にのせて、トーストする。

ところで、当サイトでは、「キムチの栄養と健康効果」についても、別記事で詳しく解説しています。

納豆キムチ キムチと納豆を一緒に食べることのメリットもご紹介しているので、リンク先もぜひご覧ください。

関連レシピ