ちくわきゅうりのレシピ。人気のお弁当おかず!きゅうりの切り方も解説。

投稿日:2020年5月19日 更新日:

ちくわきゅうり

きゅうりとちくわを使った、人気のおかずレシピをご紹介します。

細く切ったきゅうりをちくわの穴に差し込んで、食べやすく切り分けたら出来上がり。
きゅうりの清涼感のある味わいと、ちくわのまろやかな口当たりが、よく合います。

お弁当やおつまみに

このお料理は、きゅうりをちくわで包むことで水分が出にくくなるので、お弁当のおかずとしても便利です。

また、お酒のおつまみにもぴったり。
ちくわにしっかりとした旨みがあるので、日本酒や焼酎と一緒に美味しくいただけます。

きゅうりちくわ 食べ方は、何も付けずにそのままでもいいですけど、辛いのが大丈夫な方は、わさびの風味をプラスするのがおすすめです。

お弁当ならわさびマヨネーズ、おつまみならわさび醤油を付けると、ツーンとした刺激が加わって、あと引く旨さに仕上がります。

きゅうりちくわ

ちくわきゅうり

「ちくわきゅうり」のレシピです。

材料【2〜4人分:調理時間1分】
ちくわ 2本
きゅうり 1/4本
わさび醤油※ 好みで少々

※わさびマヨネーズでもOK。

ちくわきゅうりの切り方
【工程1】
このお料理の主な材料は、ちくわ(2本)ときゅうり(1/4本)です。
きゅうりは、1本を半分の長さに切り、それをさらに縦方向に2等分したものを使います。

まず、1/4本のきゅうりを縦に2等分します。(上の写真)


ちくわにきゅうりを差し込む
【工程2】
次に、きゅうりをちくわの穴に差し込みます。

ちくわときゅうり この時、きゅうりの尖った方ではなく、切断面を先頭にして入れるのがおすすめです。

尖った方を先頭にすると、ちくわを途中で突き破ってしまう可能性があります。

きゅうりが入らない場合

きゅうりが太すぎて入らない場合は、ちくわの穴のサイズに合わせて、きゅうりをさらに細く切るといいです。

ちくわきゅうりの切り方 もしくは、右の写真のように、きゅうりをさらに縦方向に2等分します。
ちくわの穴にきゅうりを上手に入れる方法 そして、2等分したきゅうりの厚い部分と薄い部分を重ねると、比較的ラクに入れることができます。

ちくわきゅうりを輪切りにする
【工程3】
最後に、ちくわを食べやすい長さに切ったら完成です。

ちくわきゅうりの切り方はお好みで

切り方はお好みで。

お弁当のおかずにする場合は、上の写真のようにぶつ切りした方が弁当箱に詰めやすいですけど、家で食べる場合は、斜め切りにするのもきれいですよ。


ちくわきゅうり
ちくわだけをかじっているとさすがに飽きますが、真ん中にきゅうりがあることで、食感の幅が広がって、不思議と食べ飽きません。

わさびを添えるとさらに美味しさがアップして、立派なおかずの出来上がりです。

調理時間はたったの1分。
切って捻じ込むだけで作れるので、ぜひ気軽にお試しください。

関連レシピ