ぶどうの洗い方。流水に浸してゆすり洗い!房の中まですっきり洗う方法。

投稿日:2020年8月17日 更新日:

ぶどうの洗い方(ブドウの洗い方)

ぶどうの洗い方をご紹介します。

ブドウの洗い方

ぶどうは、房ごと粒を外さずに、食卓に出すことが多いと思います。

その場合に洗いにくいのは、房の中の部分。
房の内側まですっきりと洗い上げるには、水を流しながらゆすり洗いをします。

2〜3回水を替えれば、きれいになります。

スーパーなどで普通に買ったぶどうだったら、この程度の洗い方で十分。
専用の洗剤などを使う必要はありません。

農薬について

また、ぶどうというと、農薬が気になるという方もいると思います。

でも、こちらも、あらかじめきれいに水洗いすれば、問題ありません。
私は以前、いろいろと農薬のことを調べたことがありますが、人体に悪影響のある農薬はそもそも認可されていないので、市販の野菜に付着している農薬の人体に対するリスクは、かなり低いと言えます。

表面の白い粉はブルーム

ちなみに、ぶどうの皮の表面には、白い粉のようなものがついていることが多いです。

ぶどうの白い粉ブルーム この白い粉は「ブルーム」という成分で、農薬やホコリなどではないので心配しないでください。

ブルームがついているぶどうは、新鮮な証拠。
ブルームは、ぶどう自体が、病原菌などから身を守ったり、鮮度を保ったりするために作り出している物質です。

しかもこの物質は、アンチエイジングに効果的だという研究もあります。

ですから、ブルームについては全く気にしなくてOK。
ぶどうは、流水で2〜3回ゆすり洗いをすれば、きれいになりますよ。

関連レシピ