やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

ぶどうの保存方法。冷凍してお手軽スイーツ!冷蔵庫での保存期間も解説。

投稿日:

ぶどうは常温での保存が向いていないので、買ったらすぐに冷蔵庫に入れます。
冷蔵庫での保存期間は1週間程度。

ただし、パックごと保存すると下の方から傷んでくるので、小分けにして保存するのがおすすめです。
冷凍保存もおすすめ

また、ぶどうは、冷凍保存にも大変向いています。

長期保存をしたいのなら、ぶどうを保存袋に入れて冷凍庫へ。

ぶどうの冷凍保存期間は、一か月ほどです。
しかも、冷凍ぶどうは、凍ったままデザートとして美味しく食べられます。

詳しくお伝えします。

ブドウの冷凍

ぶどうの冷凍保存期間:1ヶ月

ぶどうを長期保存するのなら、冷凍保存するといいです。
保存期間は1ヶ月ほど。

ぶどうをきれいに洗い、水気をしっかり切ってから実を一粒ずつ外し、保存袋に入れます。

凍ったままデザートに

なお、冷凍したぶどう食べる際には、解凍は不要です。

凍ったまま皿に盛るだけで、美味しいぶどうスイーツのできあがり。

生で食べるよりも甘みはやや感じにくくなりますが、冷たくて美味しいです。

アイス代わりとして、子供のおやつなどにおすすめですよ。


ぶどうの冷蔵保存

ぶどうの冷蔵保存期間:1週間

ぶどうを生のまま食べる場合は、とりあえず冷蔵庫で保存しておいてください。

ぶどうは洗わずに保存

ぶどう冷蔵保存する場合の注意点は、洗わないことです。
ぶどうは水気と乾燥に弱いので、洗わずにキッチンペーパーなどで包んで、ビニール袋に入れます。

保存する場所は、冷蔵庫の中でも比較的温度の高い、野菜室がおすすめ。
ただし、あまり長く保存すると風味が落ちるので、できるだけ早めに食べきるのがおすすめです。

丸ごと冷蔵保存は注意

ところで、ぶどうは、房ごと食卓に出すことが多いと思います。
その方が見栄えがしていいですよね。

ただ、ぶどうを房ごと冷凍すると、重みがかかる下の方から傷んでくるという欠点があります。



ぶどう全体を傷みにくくして、より日持ちさせるには、ブドウの実をある程度房から切り離して、小分けにしたうえでタッパーなどに入れる方がいいです。

房ごとのぶどうと比べると、見た目のインパクトにはやや欠けますが、この方が断然安心。
特に、ぶどうをそのまま食べるのではなく、ジュースやスムージーなど見た目が分からないものに加工する予定であれば、実を外してから冷蔵保存するのがおすすめですよ。

関連記事

ひじきは冷凍できる!煮物にして冷凍保存もOK。冷蔵保存期間も解説。

ひじきの保存について解説します。ひじきの冷凍と冷蔵についてです。

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

昆布だしの保存方法を解説します。昆布だしは、常温での保存には向きません。また、冷蔵庫で保存したとしても、賞味期限は3〜4日ほどです…

じゃがいもの保存方法と保存期間!冷凍・冷蔵・常温の使い分け。

じゃがいものおすすめの保存方法と保存期間をご紹介します。じゃがいもは、野菜の中では、比較的「常温」での保存に向いた食材です。涼しい…

油揚げの冷凍保存方法。臭いを抑えるコツと保存期間!冷蔵・常温も解説。

油揚げの冷凍保存と冷蔵保存の方法をご紹介します。油揚げは、冷凍保存すると、1ヶ月ほど日持ちします。冷凍の際には、あらかじめ軽く油抜…

パプリカの保存方法と日持ち!冷凍・冷蔵・常温の賢い使い分け。

パプリカの保存方法をご紹介します。お伝えするのは、常温・冷凍・冷蔵の3パターンの保存方法です。パプリカは、常温での保存もOK。1個…

ほうれん草の冷凍保存。美味しさと栄養をキープ!上手な保存方法を紹介。

ほうれん草の上手な保存方法をご紹介します。ほうれん草は、冷凍することで長期間保存ができます。生のまま冷凍保存してもいいですし、茹で…

ちくわは冷凍できる。冷凍保存方法と冷蔵庫での保存期間を解説。

ちくわは、常温保存には向かない食品です。ちくわを入手したらすぐに冷蔵庫へ。冷蔵保存だったら4〜5日をめどに、賞味期限内に食べ切って…

落花生の保存。おすすめは炒らずに冷凍!採れたては塩茹でして冷凍。

落花生(ピーナッツ)の保存法をご紹介します。店頭で目にする落花生の多くは「乾燥させた生落花生」か「炒った落花生」のどちらかですが、…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

柔らかさ自由自在!白菜の茹で方と茹で時間。おひたしもすぐに完成。

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

身の方から焼くのが正解!フライパンを使ったアジの開き(干物)の焼き方

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

カットも丸ごともこれで長持ち!白菜の保存方法と賞味期限を解説。

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

好みが分かれる!白菜の冷凍保存。調理後に冷凍なら食感の変化は少なめ

グリルが一番旨い!アジの開き(干物)の焼き方。焼き時間は5分でOK

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

柚子の種で自然派コスメ!柚子化粧水のレシピ。焼酎か日本酒に漬けるだけ

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

白菜の千切りの切り方を解説します。千切りとは、食材を「線」のように細く、1〜2ミリくらいの幅に切り分ける方法です。千切りにした白菜…

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

昆布の保存方法について解説します。昆布を保存する際のポイントは、次の3点です。乾燥状態の昆布は常温で保存できるが、冷蔵・冷凍ならさ…

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

白菜のそぎ切り(削ぎ切り)の切り方を解説します。そぎ切りは、その名の通り、食材を削ぐように切り分ける方法です。包丁を斜めに入れると…

柔らかさ自由自在!白菜の茹で方と茹で時間。おひたしもすぐに完成。

白菜の上手な茹で方について解説します。白菜は、芯の部分と葉の部分では、火の通り具合がかなり違います。そのため、柔らかくするのに必要…

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

白菜の葉を株から1枚ずつ剥がす方法を解説します。白菜の葉は、根元に切れ込みを入れて、そこから外すのが簡単です。この外し方は、キャベ…

身の方から焼くのが正解!フライパンを使ったアジの開き(干物)の焼き方

アジの開き(干物)をフライパンで美味しく焼く方法を解説します。アジの開きをフライパンで焼くメリットは、何と言っても手軽なこと。アジ…

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

白菜丸ごと1株の、上手な切り方を解説します。丸ごとの白菜はかなりサイズが大きいため、切ってから料理に使うのが一般的です。白菜を切る…

カットも丸ごともこれで長持ち!白菜の保存方法と賞味期限を解説。

白菜の保存について解説します。丸ごと1株の白菜はわりと長持ちしますが、切った途端に日持ちしにくくなります。丸ごとの白菜は常温で保存…

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

昆布だしの保存方法を解説します。昆布だしは、常温での保存には向きません。また、冷蔵庫で保存したとしても、賞味期限は3〜4日ほどです…

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

白菜は、まったく洗わないで使うのは不衛生ですが、一方で、部位によって汚れの付き方に差があります。中側と外側とでは泥などの付き具合が…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

白菜の切り方を解説します。白菜は、芯(軸)の部分と葉の部分とでは、火の通りやすさも食感もかなり違います。芯の部分は、火が通って柔ら…

好みが分かれる!白菜の冷凍保存。調理後に冷凍なら食感の変化は少なめ

白菜を冷凍すると日持ちが大幅にアップします。細かくカットした白菜でも、冷凍することで1ヶ月程度保存することが可能です。また、冷凍し…

グリルが一番旨い!アジの開き(干物)の焼き方。焼き時間は5分でOK

アジの開き(干物)の上手な焼き方を解説します。アジの開きを焼くのなら、グリルを使うのが一番美味しいです。グリルだったら、オーブント…

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

白菜のざく切りの切り方を解説します。ざく切りとは、食材を3〜5センチ角くらいの大きさのぶつ切りにする方法です。白菜を食べやすいサイ…

柚子の種で自然派コスメ!柚子化粧水のレシピ。焼酎か日本酒に漬けるだけ

柚子の種を有効活用する方法をご紹介します。柚子の種を利用した、手作り化粧水のレシピです。柚子の種には、水溶性食物繊維の「ペクチン」…

最新記事

王道が旨い!筑前煮の絶品レシピ。福岡のがめ煮の簡単な作り方。

セリが主役!セリパスタのレシピ。鰹節と合わせてペペロンチーノ風。

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

ピシッと旨い!白菜のおひたしレシピ。白だし&鰹節のダブル使い。

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

王道が旨い!筑前煮の絶品レシピ。福岡のがめ煮の簡単な作り方。

筑前煮の簡単で美味しい作り方をご紹介します。筑前煮とは、鶏肉やこんにゃくや里芋など、たくさんの種類の具材を甘辛く煮込んだ煮物のこと…

セリが主役!セリパスタのレシピ。鰹節と合わせてペペロンチーノ風。

セリをたっぷりと使った、セリが主役のパスタレシピをご紹介します。セリにかつお節を合わせた、ペペロンチーノ風のパスタ。セリといえば爽…

昔ながらが一番旨い!白菜漬けの漬け方・作り方。絶品漬け物レシピ。

白菜の旨味が濃く感じられる、美味しい白菜漬けのレシピをご紹介します。白菜の塩漬けを作る際には、余分な水分を取り除くことがとても大切…

ピシッと旨い!白菜のおひたしレシピ。白だし&鰹節のダブル使い。

たっぷりの白菜をモリモリ美味しく食べられる、白菜のお浸しレシピをご紹介します。白菜の味はとても優しくて淡いので、普通におひたしにす…

華やかな風味!柚子味噌の作り方と使い方。簡単で美味しい5分レシピ。

柚子の爽やかな風味をいかした、柚子味噌のレシピをご紹介します。柚子味噌を美味しく作るためのコツは2つあります。1つは、赤味噌を使う…