ぶどうの保存方法。冷凍してお手軽スイーツ!冷蔵庫での保存期間も解説。

投稿日:2020年8月20日 更新日:

ぶどうの保存と冷凍

ぶどうは常温での保存が向いていないので、買ったらすぐに冷蔵庫に入れます。
冷蔵庫での保存期間は1週間程度。

ぶどうを冷蔵庫で保存 ただし、パックごと保存すると下の方から傷んでくるので、小分けにして保存するのがおすすめです。
冷凍保存もおすすめ

また、ぶどうは、冷凍保存にも大変向いています。

ブドウの冷凍保存 長期保存をしたいのなら、ぶどうを保存袋に入れて冷凍庫へ。

ぶどうの冷凍保存期間は、一か月ほどです。
しかも、冷凍ぶどうは、凍ったままデザートとして美味しく食べられます。

詳しくお伝えします。

ブドウの冷凍

ぶどうの冷凍保存

ぶどうの冷凍保存期間:1ヶ月

ぶどうを長期保存するのなら、冷凍保存するといいです。
保存期間は1ヶ月ほど。

ぶどうをきれいに洗い、水気をしっかり切ってから実を一粒ずつ外し、保存袋に入れます。

凍ったままデザートに

なお、冷凍したぶどう食べる際には、解凍は不要です。

冷凍ぶどう 凍ったまま皿に盛るだけで、美味しいぶどうスイーツのできあがり。

生で食べるよりも甘みはやや感じにくくなりますが、冷たくて美味しいです。

アイス代わりとして、子供のおやつなどにおすすめですよ。


ぶどうの冷蔵保存

ぶどうを丸ごと冷蔵保存

ぶどうの冷蔵保存期間:1週間

ぶどうを生のまま食べる場合は、とりあえず冷蔵庫で保存しておいてください。

ぶどうは洗わずに保存

ぶどう冷蔵保存する場合の注意点は、洗わないことです。
ぶどうは水気と乾燥に弱いので、洗わずにキッチンペーパーなどで包んで、ビニール袋に入れます。

保存する場所は、冷蔵庫の中でも比較的温度の高い、野菜室がおすすめ。
ただし、あまり長く保存すると風味が落ちるので、できるだけ早めに食べきるのがおすすめです。

丸ごと冷蔵保存は注意

ところで、ぶどうは、房ごと食卓に出すことが多いと思います。
その方が見栄えがしていいですよね。

ただ、ぶどうを房ごと冷凍すると、重みがかかる下の方から傷んでくるという欠点があります。


ブドウを切ってから冷蔵庫で保存する方法
ぶどう全体を傷みにくくして、より日持ちさせるには、ブドウの実をある程度房から切り離して、小分けにしたうえでタッパーなどに入れる方がいいです。

房ごとのぶどうと比べると、見た目のインパクトにはやや欠けますが、この方が断然安心。
特に、ぶどうをそのまま食べるのではなく、ジュースやスムージーなど見た目が分からないものに加工する予定であれば、実を外してから冷蔵保存するのがおすすめですよ。

関連レシピ