かいわれ大根は使う前に洗う!洗い方と種の取り方を動画で解説。

投稿日:2021年2月4日 更新日:

かいわれを洗う方法と種の取り方

レシピ動画

かいわれ大根は、使う前に洗うのがおすすめです。
この記事では、かいわれ大根の洗い方・種の取り方をお伝えします。

かいわれ大根を洗う理由

かいわれ大根を洗う理由
かいわれ大根は、きれいにパック詰めにされて売られているため、一見すると洗う必要はなさそうにも思えます。

でも実際は、普通の野菜と同じように、時間の経過とともに雑菌が増えていきます。
特に、かいわれ大根は加熱せずに食べることが多いため、ちゃんと洗った方が安心です。

洗うと種も一緒に取れる

また、洗うことで、かいわれに付着した種の殻もきれいに落とすことができます。

種の殻は、食べても人体に害はないものの、そのまま使うと、料理の見た目や食感が損なわれます。
ひと粒残らずしっかり取り除く必要はありませんが、あらかた取ってしまうに越したことはありません。

かいわれ大根の洗い方

かいわれの種の取り方や洗い方については、冒頭の動画、もしくは、下の説明を参考にしてください。
効率よく洗うコツは、一度にすべてを洗おうとせずに、上の方と下の方を別々に洗うことです。

かいわれの芽をゆすり洗いする
まず、かいわれの芽の方を下にして、ため水にひたし、ゆすり洗いをします。

こうすることで、芽や茎に付着した茶色い種の殻を、簡単に取り除くことができます。

なお、種の殻は、流水に当てながら取ることもできますが、ボールに貯めた水にひたした方が効率良く落とせます。


かいわれの芽を流水で洗う
次に、ゆすり洗いをした芽と茎の部分を、流水に当ててきれいに洗います。


かいわれの根元を包丁で切る
そして、かいわれの芽の方を手で持ち、根元を包丁で切り落とします。

包丁を使うのが面倒な場合は、キッチンバサミで切ってもいいです。


かいわれの根元をゆすり洗いする
続いて、かいわれの芽の方を持ったまま、切った根元の方を水につけ、ゆすり洗いをします。

そうすると、根元の方に付着した種の殻がきれいに落ちます。


かいわれの根元を流水で洗う
最後に、根元部分を流水に当てて、きれいに洗ったらお終いです。

すぐにサラダに使える

こうして洗ったかいわれ大根は、食べやすい大きさに切れば、サラダや和え物などにすぐに使えます。

かいわれのサラダ たとえば、かいわれにハムを混ぜて、オリーブオイルや酢などで味付けすると、美味しいですよ。

かいわれ大根とハムのサラダ」のレシピは、リンク先を参考にしてください。

関連レシピ