やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

投稿日:2021年9月20日 更新日:

切り干し大根(千切り大根)の戻し方を解説します。

基本は水につける

乾燥した状態の切り干し大根を柔らかくするには、水を使うのが基本です。
ごく一般的な千切りタイプの切り干し大根なら、軽く洗ってひたひたくらいの水に浸し、5〜10分置くだけで戻ります。

なお、切り干し大根の戻し率は、4倍程度。
乾燥した状態の切り干し大根は、戻すと重量が4倍くらいになります。

時短ならレンジ

もし、もっと早く戻したいという場合は、電子レンジを利用するという手もあります。

水に浸した状態で電子レンジで軽くチンすれば、水が熱湯になるので、より短時間で戻すことが可能です。

ただ、この方法も万能ではありません。
仕上がりを比較すると、水で戻した方が、全体が均一に柔らかくなりやすいです。

そのため、電子レンジを使う方法は、特別に急ぐ場合に限るのがおすすめです。

戻さないのもアリ

切り干し大根を戻す前提で話しを進めてきましたが、実は、切り干し大根は戻さずに使うこともできます。
むしろ、その方が良いケースも。

というのは、切り干し大根を戻すことで、戻し汁のなかに旨味や栄養が大量に溶け出してしまうからです。
戻さずに流水でさっと洗うだけに留めれば、こうした成分を流出させずに済むので、切り干し大根の風味が濃く感じられるお料理が作れます。

たとえば、煮物などに使う場合は、戻さずに使う方が美味しいです。

一方で、干し野菜特有の風味が少し邪魔になる料理もあります。
そのため、ケースバイケースで使い分けるといいですよ。

ちなみに、切り干し大根をまったく洗わないでそのまま使うのは、あまりおすすめしません。

切り干し大根は、ものによって汚れている場合があるためです。
また、軽く洗ってから数分置くことで、水分が吸収されて、食感がある程度柔らかくなるというメリットもあります。

この記事では、切り干し大根の戻し方、そして、切り干し大根を戻さずに使う方法について詳しく解説します。

基本の戻し方

最初に、切り干し大根の基本の戻し方を解説します。


まず、切り干し大根(好みの量)をボールに入れて、流水で軽く洗います。

洗って汚れを落とす

スーパーで売られてる切り干し大根は、ほとんどが、洗う必要がないくらいきれいです。
ただ、天日干しの切り干し大根などは汚い場合もあるので、まずは水洗いすることをおすすめします。



きれいに洗ったら、ひたひたくらいの水を注ぎ、5〜10分ほど置きます。

水の量は、切り干し大根の頭が少し出るくらいが丁度良いです。
あまりに少ないと、戻り具合にムラができますし、逆に多すぎると、切り干し大根の旨味や栄養が水にたくさん溶け出してしまいます。

なお、戻し時間は、ごく一般的な細い切り干し大根で5〜10分くらい。
厚めに切られた商品を戻す場合は、手で触って充分に柔らかくなったと感じるまで、もう少し長い時間ひたしてみてください。



切り干し大根が十分に柔らかくなったら、ザルにあげて水気を切ります。


あとは、お好みで、水気を手で絞ったり食べやすい長さに切ったりすれば、すぐに料理に使えます。

戻し汁の使い方

なお、切り干し大根で煮物を作る場合は、この工程で残った戻し汁を煮汁として使うと、味が濃く感じられて美味しいです。

ただ、戻し汁を煮物に活かすのなら、最初から切り干し大根を水に浸さずにつくる方が、よりおすすめです。
詳しくは、記事後半の「戻さないで使う」をご覧ください。

また、戻し汁を味噌汁やスープに使うこともできますが、正直、好みが分かれます。
とりあえず試してみるのは、ありだと思います。

時短になる戻し方(レンジ)

切り干し大根は、10分ほどあれば水で戻せます。
でも、10分も待てないという場合は、電子レンジを使って加熱するといいです。


まず、切り干し大根を流水で軽く洗い、ひたひたくらいの水に浸します。



そして、ラップをかぶせて、切り干し大根30gにつき、電子レンジ600wで2分30秒ほど加熱します。

切り干し大根の量を変える場合は、30gにつき2分30秒を目安に、加熱時間を微調整してみてください。


レンジで加熱すると、水が湯になるので、切り干し大根を早く戻すことができます。

また、レンジを使わずに、熱湯を切り干し大根にかけることでも、同様の効果を見込めます。

ただ、いずれの場合も、水で戻した場合と比較すると、水で戻した方が十分に柔らかくきれいに戻りやすいです。

そのため、少しでも早く戻したいという場合以外は、水を使う方がおすすめです。

戻さないで使う

続いて、切り干し大根を戻さずに使う方法をご紹介します。

冒頭でもお伝えしたとおり、切り干し大根を戻さずに使うことで、旨味や栄養成分の流出を抑えられます。


とはいえ、乾燥した切り干し大根をそのまま料理に加えるのは抵抗があるという方もいらっしゃると思います。

切り干し大根は汚れていることもあるので、まずは軽く水洗いするといいです。



切り干し大根を洗ったら、ボールの中の水を流し捨てて、水気を絞らずに、5〜10分ほど放置します。

ごく一般的な細い切り干し大根だったら、このように洗って放置するだけでも柔らかくなります。

水にどっぷり浸した状態と比べれば、十分に柔らかくなったとは言えないかもしれません。
でも、この後に煮物にするのなら、ほんの少し多めの煮汁に浸して煮始めれば、まったく問題なく美味しく作れます。

もし、調理する前にもう少し柔らかくしたいのなら、切り干し大根をもう一度軽く洗って水を付けて、そのまま少し放置すれば、さらに柔らかく戻ります。

戻さない方が良いケース

今回ご紹介した切り干し大根を戻さずに使う方法は、切り干し大根の煮物を作る際には、特におすすめです。

戻し汁を捨てずに一緒に使うという手もありますが、そのやり方よりも、最初から戻し汁を出さない方が、切り干し大根の旨味や甘みは濃く感じられます。

切り干し大根の煮物」レシピは、リンク先で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。
戻した方が良いケース

一方で、切り干し大根を水に浸してしっかり戻してから使った方がいいケースもあります。

たとえば、右の写真は「切り干し大根のソムタム」ですが、こうしたサラダの具材にする場合は、切り干し大根の濃厚な味が、少し邪魔だと感じることもあります。

切り干し大根を戻すかどうかは、作る料理に応じて使い分けるといいですよ。

関連記事

大人の箸休め!切り干し大根の酢の物レシピ。きゅうりを加えて味わい深く

ほどよい甘酸っぱさが食欲をそそる、切り干し大根の酢の物のレシピをご紹介します。切り干し大根ときゅうりを、甘酢で和えた一品。きゅうり…

ひじきの戻し方。乾燥ひじきを柔らかく戻す方法。

乾燥ひじきの戻し方をご紹介します。基本の戻し方と合わせて、ひじきを早く太く柔らかく戻せるという裏ワザもお伝えします。

旨味を凝縮!切り干し大根の煮物レシピ。甘辛い味付けでご飯と好相性。

切り干し大根(千切り大根)の旨味を存分に活かした、おすすめの煮物レシピをご紹介します。調理のポイントは、切り干し大根の戻し方にあり…

きくらげの戻し方。水に浸けるのがベスト!お湯で早く戻す方法も紹介。

きくらげ(木耳)のおすすめの戻し方を2パターンご紹介します。水で戻す方法と、ぬるま湯で戻す方法です。1つめは、水で戻す方法。きくら…

大根の皮のレシピ。栄養を逃さず摂れる人気の料理を一挙紹介!

捨ててしまいがちな大根の皮を使った、栄養満点の食べ方をご紹介します。大根の皮は、実は、栄養が豊富。大根に含まれている栄養素としては…

冷凍はやめた方がいい!大根の保存。長持ちさせるのなら常温より冷蔵庫へ

大根の保存方法として、冷凍はおすすめしません。大根は、涼しい季節なら3日ほど常温保存することもできますが、基本的には、冷蔵庫で保存…

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

ドライトマトの上手な戻し方を解説します。ドライトマトには、大きく2種類があります。1つは、カラカラに乾燥させたもの。もう1つは、半…

切り干し大根のはりはり漬けの作り方。ご飯によく合う簡単レシピ!

市販の切り干し大根を使った、はりはり漬けのお手軽レシピをご紹介します。はりはり漬けとは、細切りにした干し大根を、酢としょう油などに…

おすすめ記事

いんげんとオリーブオイルのトルコ風煮物!ターゼファスリエのレシピ。

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

ひよこ豆のサラダレシピ。インドのチャナ・カチュンバルが旨い!

ライタのレシピを本場インドから紹介!きゅうりとヨーグルトの人気サラダ

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

ファラフェルの簡単レシピ!中東生まれのひよこ豆コロッケの作り方。

ナンプラーだとこんなに旨い!なすの焼き浸し。タイ料理のお手軽レシピ。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ドライトマトとセミドライトマトの作り方。乾燥で旨味UP!保存方法も解説

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

キッチンペーパーで簡単!数の子の薄皮(半透明の膜)の取り方・むき方。

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

しいたけの薄切り・千切り・みじん切り!簡単なやり方と人気の使い方。

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

いんげんとオリーブオイルのトルコ風煮物!ターゼファスリエのレシピ。

さやいんげんとオリーブオイルを使った煮物のおすすめレシピをご紹介します。トルコやギリシャなどで親しまれている「いんげんのオリーブオ…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮ることで、まるで桃のような柔らかい食感に仕上がります。ワインな…

ひよこ豆のサラダレシピ。インドのチャナ・カチュンバルが旨い!

ひよこ豆を使った、エスニックなサラダのレシピをご紹介します。インドのサラダ、チャナ・カチュンバル(英語:chana kachumb…

ライタのレシピを本場インドから紹介!きゅうりとヨーグルトの人気サラダ

ライタのレシピを本場インドからご紹介します。ライタ(Raita)とは、ヨーグルトを使ったサラダのこと。ヨーグルトの中に刻んだ生野菜…

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ギリシャサラダ(グリークサラダ)のレシピを、現地ギリシャの情報を交えて詳しくお伝えします。ギリシャサラダとは、ギリシャ産の「フェタ…

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

濃厚で風味豊かな、美味しいニラポン酢のレシピをご紹介します。ニラポン酢とは、ニラをポン酢に漬けたニラだれのこと。ポン酢と合わせるこ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

ファラフェルの簡単レシピ!中東生まれのひよこ豆コロッケの作り方。

ファラフェル(Falafel)のレシピをご紹介します。ファラフェルとは、イスラエルやアラブ諸国・トルコなど中東一帯で食べられている…

ナンプラーだとこんなに旨い!なすの焼き浸し。タイ料理のお手軽レシピ。

なすとナンプラーを使った、焼き浸しの簡単レシピをご紹介します。身近な食材だけで作る、タイ風のエスニック料理。なすをフライパンでこん…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

ドライトマトとセミドライトマトの作り方。乾燥で旨味UP!保存方法も解説

「ドライトマト」と「セミドライトマト」の簡単で効率の良い作り方をご紹介します。セミドライトマト(ソフトドライトマト)とは、半乾燥さ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

数の子の塩抜きの仕方など、下処理の方法を解説します。数の子を上手に戻すには、水ではなく塩水を使ったうえで、急がずに時間をある程度か…

キッチンペーパーで簡単!数の子の薄皮(半透明の膜)の取り方・むき方。

数の子の表面を覆っている薄皮の、簡単な取り方を解説します。数の子には大きく2種類あり、食べやすいように味が付いている「味付け数の子…

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

切り干し大根(千切り大根)の戻し方を解説します。乾燥した状態の切り干し大根を柔らかくするには、水を使うのが基本です。ごく一般的な千…

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

ドライトマトの上手な戻し方を解説します。ドライトマトには、大きく2種類があります。1つは、カラカラに乾燥させたもの。もう1つは、半…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

しいたけの薄切り・千切り・みじん切り!簡単なやり方と人気の使い方。

しいたけの「薄切り」・「千切り」・「みじん切り」の切り方と、その使い方を解説します。薄切りは、しいたけを端から1〜2ミリの厚さに切…

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけは、基本的には、調理の前に洗う必要はありません。むしろ、できるかぎり洗わないのがおすすめです。というのは、しいたけを洗って…

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

しいたけの石づきの取り方と使い道を解説します。石づきとは、しいたけに限らずキノコ全般にあり、原木や地面に接していた生え際の根元部分…

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

焼き芋のトースター(オーブントースター)を使った簡単レシピをご紹介します。さつまいもは、中心部が70度くらいになるようにじっくりと…

最新記事

レンジでとろ旨!トマトと卵の洋風おかずレシピ。マヨネーズで簡単に。

手軽にジューシー!切り干し大根の卵焼き。台湾風の平たいオムレツレシピ

おしゃれに変身!柿の飾り切り。お弁当やおもてなしに使えるフルーツカット

清涼感のある味と香り!チャービルのサラダレシピ。手軽で美味しい使い方

すべらず簡単!柿の切り方と剥き方。種を避けて切る方法も解説。

レンジでとろ旨!トマトと卵の洋風おかずレシピ。マヨネーズで簡単に。

電子レンジで簡単に作れる、トマトと卵の洋風おかずのレシピをご紹介します。トマトを角切りにして卵と混ぜて、マヨネーズやコンソメで味付…

手軽にジューシー!切り干し大根の卵焼き。台湾風の平たいオムレツレシピ

切り干し大根を使った台湾風の卵焼きレシピをご紹介します。台湾では菜脯蛋(ツァイプータン)と呼ばれていて、現地の屋台でもお馴染みのお…

おしゃれに変身!柿の飾り切り。お弁当やおもてなしに使えるフルーツカット

柿を使った、おしゃれな飾り切りのやり方をご紹介します。「うさぎ」と「とさか」と「花」の3パターンです。「うさぎ」と「とさか」は、短…

清涼感のある味と香り!チャービルのサラダレシピ。手軽で美味しい使い方

チャービル(セルフィーユ)の爽やかな風味をいかした、シンプルなサラダのレシピをご紹介します。チャービルと合わせる野菜は、きゅうりと…

すべらず簡単!柿の切り方と剥き方。種を避けて切る方法も解説。

柿の基本的な切り方と剥き方を解説します。「種なし柿」の切り方はもちろんのこと、「種あり柿」を、種を切らずに上手に切り分ける方法もご…