おしゃれに変身!柿の飾り切り。お弁当やおもてなしに使えるフルーツカット

投稿日:2021年10月21日 更新日:

レシピ動画

柿を使った、おしゃれな飾り切りのやり方をご紹介します。
「うさぎ」と「とさか」と「花」の3パターンです。

「うさぎ」と「とさか」は、短時間ですぐに切れるので、お弁当作りに重宝します。

「花」は、仕上がりまで5〜10分くらいかかりますが、初心者でも簡単に作れますし、見た目が華やかなので、パーティーなどのおもてなし料理にもおすすめです。

柿は切っても変色しない

ちなみに柿は、切ってしばらく置いたとしても、乾燥しやすいだけで、りんごのように変色することはありません。

柿と言えば果肉の鮮やかなオレンジ色が特徴的ですが、この色はわりと長時間キープできますので、変色防止のための処置は不要です。
ぜひ、飾り切りを気軽に活用してみてください。

柿の飾り切り(ウサギ)
うさぎ
柿の飾り切り(トサカ)
とさか
柿の飾り切り(花型)
柿の基本の切り方
普通に切る

「うさぎ」と「とさか」

「うさぎ」と「とさか」は、途中までは切り方が同じなので、一緒に説明します。

種なし柿がおすすめ

なお、飾り切りで使用する柿は、種なしのものがおすすめです。
もちろん、種ありの柿でも飾り切りできますが、切り終えた柿に種が付いていると、見た目がイマイチになってしまいます。

種あり柿を使う場合

とは言え、手元の柿がすべてて「種あり」ということも十分ありえます。
そういう場合は、できるだけ種の位置を避けて切ると、仕上がりがよくなります。

種がない部分は、柿の表面を見るだけである程度判別可能です。

柿の種がある場所 写真の黄線の部分には、柿の種はありません。

柿のお尻を上にして見た場合には、少しへこんだ4本線が入っている部分。
柿のヘタを上にしてみた場合には、ヘタの葉が途切れている4箇所です。

柿にはだいたい8個前後の種が入っており、それらの種をすべて避けるのはかなり難しいですけど、この見分け方を知っているだけで少しはマシになります。
参考にしてください。


柿を半分に切る
まず、柿を半分に切ります。


柿のヘタを取る
柿を半分に切ったら、ヘタのすぐ脇に切れ目を入れて、ヘタを取り除きます。


柿を皮付きのままくし切りにする
そして、半分に切った柿を、皮付きのまま、さらに5〜6等分します。

柿の大きさは品種によってまちまちなので、小さい柿を使う場合は、適当な大きさに切り分けてみてください。


柿の皮を剥く
次に、柿の皮を、ヘタがついていた方から剥いていきます。

この時、皮を一気に剥くのがコツです。
この後の工程で皮を飾り切りするので、途中でちぎれないように包丁を入れてみてください。


柿の皮むきを途中でやめる
柿の皮は、最後まで剥いてしまうのではなく、上の写真くらい少し残した状態で、包丁を止めます。

「うさぎ」や「とさか」を作る場合は、ここまでの工程はまったく同じです。


うさぎの切り方

柿の皮に切れ目を入れる
うさぎにする場合は、キッチンバサミを使って、途中まで剥いた皮に切れ目を入れます。


柿の皮にV字の切れ目を入れる
そして、もう片側にも同じようにキッチンバサミで切れ目を入れて、V字の切れ目を作ります。


柿と切り離した皮
皮を切り離すと、V字の切れ目が柿に残ります。


柿の飾り切り(うさぎ)
これで「うさぎ」ができました。

V字に切った皮がウサギの耳のように見えるのが特徴で、お弁当の飾り切りとしてもポピュラーです。


とさかの切り方

柿の皮むきを途中でやめる とさかを作る場合も、皮を剥いて少し残す工程までは同じです。

柿の皮を斜めに切る
そして、キッチンバサミを使って、皮を斜めに切り落とします。


柿の皮をギザギザに切る
続いて、残った皮を端からギザギザに切ります。


ギザギザに切り終えた柿の皮
切り終えるとこんな感じになります。


柿の飾り切り(とさか)
「とさか」というのは、鶏のトサカのこと。

ギザギザの形が似ているのでそう呼ばれていて、他の果物のフルーツカットにもわりと使われます。


「花」

「花」を作る場合は、「うさぎ」と「とさか」とは工程がまったく違います。

柿のヘタの方を切り落とす
まず、柿のヘタの方を包丁で切り落とします。

柿のヘタには少しくぼんだ部分にあるので、付け根の部分まできれいに切り取るために、やや厚めに切ります。


柿のお尻の方を切り落とす
そして、お尻の方も切り落とします。

お尻の方は、このあとで花型の飾り切りの素材にするため、ヘタの方と同様に、やや厚めに切ってください。


三つに切り分けたかき
ヘタの方とお尻の方を切り落とすと、柿が3つに分かれます。


柿のお尻の方に切り込みを入れる
次に、切り落とした柿のお尻の方を使って、花型の飾り切りを作ります。

まず、柿の表面の一部分に、木の葉型の切れ目を入れます。

写真は包丁を使っていますが、ペティナイフ(小さい包丁)を使うと、より作業がラクです。


柿のお尻の方に両サイドから切り込みを入れる
両サイドから斜めに包丁を入れます。


柿の表面にできた木の葉型
そうすると、このように木の葉型の模様ができます。


柿の表面に2個目の木の葉型を作る
続いて、模様を入れた場所のちょうど反対側に、同じように包丁を両サイドから入れて、木の葉型の模様を作ります。


柿の表面に8個の木の葉型を作る
2つの木の葉型を一直線上に作ったら、今度はそれと垂直に交わる部分に2つの木の葉型を新たに作ります。
これで合計4つの木の葉型ができました。

そして、それぞれの木の葉型の間に、できるだけ等間隔に並ぶように、木の葉型を4つ作ります。
木の葉型はトータルで8つになります。


木の葉型の外側を花びら形に切り取る
柿の表面の模様ができたら、柿をまな板の上に置いて、模様の少し外側を包丁で沿うように切り、花びらの形にしていきます。


切り終えた柿の花びら
花びらを全て切り終えると、こんな感じになります。


柿で容器を作る
最後に、頭とお尻を取り除いた「真ん中部分の柿」を写真のようにまな板の上に置き、皮の少し内側に包丁を入れてくり抜きます。


くり抜いた果肉を食べやすく切る
そして、くり抜いた柿の果肉を食べやすい大きさに切ります。


柿の飾り切り(花)
柿で作った容器に切った果肉を盛り、柿のお尻で作った花形を添えたら完成です。

「うさぎ」や「とさか」よりも手間がかかりますが、見た目のインパクトはかなり大きいです。
お客さんを招待したときなどにぴったりの切り方ですよ。

関連レシピ