クセを抑えて旨味凝縮!しいたけスープのレシピ。卵とねぎで人気の中華風

投稿日:2021年10月28日 更新日:

椎茸スープ

しいたけをたっぷりと使った、簡単で美味しいスープのレシピをご紹介します。

しいたけと合わせるのは、卵と長ネギ。
鶏ガラスープの素を味付けに使った、人気の中華風スープです。

しいたけを炒めて旨味凝縮

調理のコツは、しいたけをあらかじめ炒めることです。

しいたけ自体の水分を十分に飛ばしておくと、旨味が凝縮されて美味しくなりますし、食感が少ししっかりめになるので、しいたけの存在感がぐっとアップします。

また、しいたけを炒めてからスープにすると、特有のクセが和らぐのも嬉しいところです。
今回ご紹介するこのスープは、わが家のしいたけ嫌いな家族にも好評ですよ。

レシピ動画

「炒めて旨い!椎茸と卵のスープ」のレシピです。

材料

2人分:調理時間7分
椎茸 75g(3〜5個)
長ネギ 50g(1/2本)
1個
ごま油 小さじ1
A
鶏ガラスープの素 小さじ1
片栗粉 小さじ2
醤油 小さじ1
少々
350ml

作り方

しいたけを薄切りにして長ネギをあらみじん切りにする

【工程1】
まず、椎茸(75g:3〜5個)の石づきを取り除き、傘と軸をそれぞれ薄切りにします。

長ネギ(50g:1/2本)は、粗みじん切りにします。

長ねぎの粗みじん切りのやり方が分からないは、別記事「長ねぎのみじん切り」を参考にしてください。
みじん切りよりも、少し粗めに切ればOKです。


卵をとく

【工程2】
次に、卵(1個)をボールに割り入れて溶きます。


椎茸スープの調味料を混ぜる

そして、材料Aをあらかじめ混ぜておきます。

材料Aは、鶏ガラスープの素(小さじ1)・片栗粉(小さじ2)・醤油(小さじ1)・塩(少々)・水(350ml)です。


フライパンにごま油を引いて椎茸と長ネギを加える

【工程3】
続いて、小さめのフライパン(もしくは鍋)にごま油(小さじ1)を引き、長ネギの半量と椎茸の全量を加えます。


ごま油で椎茸と長ネギを炒める

そして、中火で3分炒めます。

椎茸を炒めて旨味を凝縮

椎茸をあらかじめじっくり炒めることで、椎茸の食感をアップさせつつ、クセを抑えて旨味を引き出します。


炒めた椎茸と長ネギにスープの材料を加える

椎茸を炒めたら、材料Aを、もう1度よく混ぜてから加えます。


スープを煮立てて椎茸と長ネギを煮る

そして、ヘラで混ぜながら煮立て、沸騰してから1分ほど煮ます。

片栗粉は沈殿して固まりやすいので、スープを温めて1分煮ている間は、ヘラでまめに混ぜてください。


しいたけのスープに長ネギを加えて溶き卵を回し入れる

スープにゆるめのとろみが付いたら、長ネギの残りの半量を加え、溶き卵を細く回し入れます。


卵をゆるく固める

卵を軽く固めたら完成です。


しいたけスープ

生の椎茸をそのままスープの具材にすると、食感はフニャッと柔らかく、椎茸自体の味も、締まりのないものになりがちです。

そのため、椎茸でスープを作るのであれば、今回のようにあらかじめ炒めてから加えるのがおすすめです。
そうすることで、メリハリのきいた、引き締まった味に仕上がります。

また、椎茸をスープの具材にするにあたっては、やはり、溶き卵との組み合わせが鉄板です。
マイルドな卵の味と合わせることで、しいたけの旨味がいい感じに引き立ち、とても美味しくいただけますよ。

関連レシピ