グリルが一番旨い!アジの開き(干物)の焼き方。焼き時間は5分でOK

投稿日:2022年1月26日 更新日:

アジの開き(干物)の焼き方

アジの開き(干物)の上手な焼き方を解説します。

アジの開きを焼くのなら、グリルを使うのが一番美味しいです。

グリルだと美味しく焼ける

グリルだったら、オーブントースターやフライパンと違って、アジの両面を高温で一気に加熱することができます。
そのため、表面は香ばしく、そして、中はふっくらジューシーに焼き上がります。

焼き時間は5分ほどです。

冷凍アジは解凍してから焼く

なお、冷凍されたアジの開きを使う場合は、解凍してから焼きます。
凍ったまま焼くと焼きムラができやすいので、面倒でも解凍してから調理してみてください。

あじの干物の焼き方

レシピ動画

冷凍されたアジの干物の解凍方法

アジの開きの焼き方をご紹介する前に、まずは、解凍方法からお伝えします。

アジの開き(干物)の冷凍を解凍する アジの開きは厚みがあまりないので、比較的ラクに解凍できます。

パックに入ったままの状態で冷蔵庫や常温に移してもいいですし、急ぐ場合は、アジをパックごとビニール袋に入れて、水が入らないようにしたうえで、流水に当てて解凍してもいいです。

レンジの解凍モードを使うのもアリですが、誤って火が入ってしまわないように注意してください。

ちなみに、スーパーなどに並んでいるアジの開きは、もともとは、ほとんどが冷凍ものです。
一度冷凍して解凍したものが、販売されています。


アジの干物の焼き方

続いて、アジの開きの焼き方について解説します。

アジの開きを焼く際には、次の4点に気を配るのがおすすめです。

  • グリルをあらかじめ温めておく。
  • 皮目を下にしてグリルに入れる。
  • アジの頭を奥に向けてグリルに入れる。
  • グリルの上火よりも下火の方を弱めにする。

アジの開き(干物)の身の方(表面)
オモテ面
アジの開き(干物)の皮の方(裏面)
ウラ面

アジをグリルで焼くにあたっては、お皿に盛り付ける時にオモテ面になる方 (上の写真の )を上にして、グリルに入れます。

グリルの場合、最初に上に向けて焼いた面の方が、きれいな焼き色が付きやすいためです。

グリルには両面焼きと片面焼きがありますが、両面焼きの場合は、ひっくり返す必要がないので、最初から を上にして焼きます。
一方で、片面焼きの場合は、最初に を上にして焼き、途中でひっくり返して を上にします。


アジの開き(干物)を温めたグリルに入れる
魚焼きグリルをあらかじめしっかりと温め、アジの開きの頭を奥に向けて、網の上に直にのせます。
そして、グリルの上火を「弱めの中火〜弱火」、グリルの下火を「弱火」にして、5分ほど焼きます。

もし片面焼きグリルを使う場合は、途中でひっくり返して焼いてください。

2枚並べて焼いてもOK
アジの開き(干物)2尾を横に並べてグリルで焼く アジが小さい場合は、横に並べて、2尾を一度に焼くこともできます。

ただし、左右横並びではなく、奥と手前に並べてしまうと、奥の方が焦げやすくなり、2尾の焼き加減に差が出てしまうので注意してください。

グリルをしっかり温めておく

アジの開きをグリルで焼くにあたって、最も大事なのは、グリルをあらかじめしっかりと温めておくことです。

そうすると、アジの開きを入れたあとに、アジ全体がすぐに温まった空気に包まれるので、短時間で焼き上がります。
また、その分、身の中の水分を逃がさないので、ふっくらジューシーに仕上がります。

頭の方を奥にする

さらに、アジの頭をグリルの奥に向けるのも大切なポイントです。
グリルは手前側よりも奥の方が火が入りやすいので、焦げやすい尻尾の部分を手前にします。

下火を弱めにする
魚焼きグリルのつまみの上火と下火 なお、魚焼きグリルには、上部から加熱する「上火」と、下部から加熱する「下火」の調整つまみが付いています。

アジの開きを焼く場合は、上火を「弱めの中火〜弱火」、下火を「弱火」にして焼くのがおすすめです。

アジは、尻尾や頭の部分など、繊細な形をしたところが焦げやすいので、上火も下火も弱めにします。
また、オモテ面よりもウラ面の皮目の方が焦げやすいので、下火はさらに低くして、弱火にして焼きます。

上火の火加減

上火については、「弱めの中火〜弱火」と少し幅をもたせてあります。

身の部分を香ばしく仕上げたい場合は、「弱めの中火」にします。
ただし、尻尾や頭が少し焦げやすくなります。

尻尾まで焦がさずに焼きたい場合は、「弱火」で焼いてみてください。


グリルで焼いたアジの開き(干物)
こちらが、焼き上がったアジの開きです。

身の部分に焼き目がほどよく付いていて、尻尾や頭の先も、焦げすぎず、きれいな見た目に仕上がります。


美味しいアジの開き(干物)焼き
アジの開きを焼くのなら、やはり、魚焼きグリルを使うのがおすすめです。
表面はパリッとしていて香ばしく、中はふっくらジューシーに仕上がります。

そのまま食べて美味しいのはもちろんのこと、お好みで、大根おろしやレモンなどを添えてもよく合いますよ。

関連レシピ