やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

パンの保存(冷凍・解凍)方法。食パン・クロワッサン・ベーグル・フランスパン。

投稿日:2015年10月1日 更新日:

パン類全般(食パン・クロワッサン・ベーグル・フランスパン・フォカッチャなど)を上手に保存する方法をご紹介します。

パンのフワモチ感が1番キープできる保存方法は「冷凍」です。
今回はプロがすすめるパンの冷凍方法を2パターンご紹介します。

1つめは、アルミホイルで包む方法。
2つめは、最もポピュラーな方法で、ラップで包んでビニール袋に入れます。

どちらも同じくらいパンのフワモチ感をキープできますが、私が試したところでは、1つめのアルミホイルで包む方がややしっとり感が高かったのでおすすめです。
お好みで試してみてください。

(一部情報元:日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」一流シェフの得ワザ 2018年1月25日、TBSテレビ「ジョブチューン」超一流職人スペシャル 2015年1月24日、TBSテレビ「教えてもらう前と後」2019年2月5日放映)

アルミホイルを使った冷凍方法

まず最初にご紹介するのは、イタリアンの人気店「セントベーネ」のオーナーシェフ、加藤政行さんがすすめるアルミホイルを使ったパンの冷凍方法です。

材料
食パン(※) 1枚

※クロワッサン・ベーグル・フランスパンなど他のパンでもOK。

手順
  1. 食パンをアルミホイルでぴったり包み、冷凍庫に入れる。
    パンのフワモチ感を1週間キープできる。

この冷凍方法のポイントは、アルミホイルをパンにしっかり密着させることです。また隙間がないようにパンの端までちゃんと包むことです。

この方法について加藤シェフは、次のようにコメントしています。

フォカッチャで(この方法を)試してみたら効果テキメン。
以前はラップに包んで(パンを)冷凍してたけど、雲泥の差。

実際に試したところ、確かにアルミホイルを使ったこの保存方法は、この後にご紹介するラップを使った方法よりも、しっとり感がキープ出来ると感じました。

この方法が効果的な理由は、アルミホイルの熱伝導の良さにあります。

パンが冷凍によってパサパサになってしまう理由は、パンが凍っていく過程でフワモチ食感のもとであるデンプンが壊れるためです。デンプンはゆっくり冷やされる過程で壊れていきます。
ということはパンを短時間で凍らせることが出来れば、デンプンの破損が抑えられるので、パンのフワモチ感をよりキープ出来るということです。

そこで便利なのがアルミホイル。
アルミホイルは、ラップや袋にくらべて熱伝導が圧倒的に速く、パンを急速に冷やすことが出来ます。デンプンをあまり壊さずに済むので、解凍後もフワモチ食感を維持できるというわけです。

ちなみにアルミホイルで包むだけでは乾燥してしまうのではと思うかもしれませんが、少し大きめにアルミホイルをカットして隙間がないようにしっかり密着させれば大丈夫。1週間は余裕で美味しく食べられます。
この方法はアルミホイルだけで包むことに意味があります。良かれと思ってアルミの上からビニール袋をかぶせると、かえってパンが冷えにくくなりますので、アルミホイルで包んだらそのまま冷凍庫に入れてください。そして1週間を目安に食べ切ってください。

ラップとビニール袋を使った冷凍方法

次にご紹介するのは、最もポピュラーなパンの冷凍方法です。

群馬県北群馬郡にある「地球屋パン工房」で無添加パンを販売している、この道34年のベテランパン職人、廣瀬満雄さんがすすめる、ラップとビニール袋を使った冷凍方法です。

材料
パン(※) 適量

※クロワッサン・ベーグル・フランスパンなど他のパンでもOK。

手順
  1. パンを1枚(1個)ずつラップでぴったり包み、フリーザーバッグに入れる。
  2. 1を冷凍庫に入れる。2週間ほど日持ちする。

食パンは1枚ずつ、ベーグルやクロワッサンは1個ずつ、フランスパンはカットしてから冷凍します。
この方法でもパンのフワモチ感をかなりキープ出来ます。

ちなみにパンを冷蔵するのはNGです。
冷蔵するとパンに含まれるデンプンが劣化しやすいため、パサパサになってしまいます。

最後に廣瀬さんがすすめる、パンの上手な解凍方法をご紹介します。

パンの解凍方法

こだわりのパン職人 廣瀬満雄さんがすすめる、パンの解凍方法をご紹介します。

廣瀬さんによると、パンは自然解凍するのが一番です。
食パンだけでなく、フランスパン・ベーグル・クロワッサンなども同じです。

冷凍した食パン1枚を例に、廣瀬さんがすすめる解凍&トーストの仕方をお伝えします。

材料【調理時間5分/解凍時間15分】
冷凍した食パン 1枚
手順
  1. 食パンを冷凍庫から出し、そのまま15分ほど置いて自然解凍する。
  2. あらかじめトースターを温めておき、3~5分の短時間で焼き上げる。

このようにすると、外はサクサク中はふんわり焼き上がりますよ。

ところで当サイトでは、テレビで話題になった食パンのレシピをたくさん紹介しています。
その中でも特に人気があるレシピを数十品まとめた「食パンの美味しい食べ方まとめ」も合わせてご覧ください。
また「トーストの上手な焼き方3パターン」も参考にしてください。

関連記事

フランスパンは8時間以内に食べるべし。一流のパン職人がすすめる、正しいパンの食べ方。

岐阜県高山市にあるパン屋さん「トラン・ブルー」は、日本全国からお客さんが訪れ、連日長蛇の列ができるほどの人気店だそうです。こちらのお店のオー…

豆腐の保存!水は必要?容器はどうする?保存方法と保存期間を解説。

豆腐のおすすめの保存方法と保存期間をご紹介します。料理に使い切れなかった豆腐の美味しさをキープする方法です。豆腐の保存は、水に浸して冷蔵する…

ご飯の保存方法。冷凍保存が一番おすすめです。

ご飯の上手な保存法をご紹介します。ご飯を美味しく保つには冷凍保存が一番おすすめです。冷蔵保存や常温保存は、食感や風味がどんどん落ちるので、な…

トーストの達人がすすめる、食パンの10倍美味しい食べ方 4つのコツ。

バタートースト評論家の梶田香織さんがすすめる、「食パンを10倍美味しくする4つの方法」をご紹介します。梶田さんはこれまで、1000種類ものト…

焼き海苔の保存方法!冷蔵・冷凍・常温を用途に応じて使い分け。

海苔の保存に湿気は大敵。海苔を美味しく保存するには、空気に触れさせないことがとても大切です。そこで今回は、海苔の上手な保存方法をご紹介します…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

鶏胸肉をレンジで!蒸し鶏をしっとり柔らかく仕上げる簡単レシピ。

鶏胸肉のレンジ蒸しのレシピをご紹介します。電子レンジを使って、胸肉をし…

トロッと柔らか!白菜の味噌汁レシピ。油揚げを具に加えて旨さUP。

白菜のトロッと柔らかな食感が旨い、味噌汁のレシピをご紹介します。白菜と…

スパムの卵とじのレシピ。にんにくと炒めて香ばしく!簡単スパム料理。

スパムと卵を使った簡単料理のレシピをご紹介します。スパムとにんにくをこ…

里芋とひき肉の煮物。ご飯によく合うおかずレシピ!甘辛煮の作り方。

里芋とひき肉の煮物のレシピをご紹介します。豚ひき肉と生姜をフライパンで…

さつまいものレモン煮レシピ。甘酸っぱさが人気の簡単おやつの作り方。

さつまいものレモン煮のレシピをご紹介します。砂糖とはちみつをダブルで使…